体たらく集団日記

from: 1996/10/20

<<前のページ | 次のページ>>
2018年9月19日(水)
76.2キロ


テメエのあまりの課金の酷さに、キツネから「デカンは母ちゃんがいた時からガチャを回してたのかい?」とツッコミが入りました。
「オカンがいなくなった月に、27万くらい課金したな」
「母ちゃん悲しんでるぞ」
「しゃーない。親孝行の資金も必要なくなったしな」

するとジュゴンより、
「今を楽しんだ方がええ」
との言葉が。
「KIDみたいになる可能性もあるしな」
「まったくだ」
頷くのみ。

まあ、このバカみたいな課金は、
「オカンが出てきて止めてくれるかも」
という可能性に期待していないと言ったらウソになりますがね(狂人)。
両親を東京オリンピックに連れていく資金もガチャに使い込みましたし。

まさに「誰か僕を止めてくれ」状態。
もはや何をかいわんや。







ふと思ったんですが、「プレデター」こそが「現代を舞台にした逆異世界転生モノ」なんじゃないですかね?
異世界の住民がやられてることも、プレデターがやってることも大差ないだろ、という意味において。
唐突に現れ、理不尽なまでの力で他を圧倒しつつも、主観視点を転生者(プレデター)に置けば、十分に主人公らしい行動原則っていう……。
女子供には手を出さないが、目的は完遂する、みたいな。

むしろそこらの異世界転生者より遥かに目的意識がありそう。
「狩猟解禁」「獲物は人間」
そして「エイリアン相手に成人の儀」!

藤子先生の「絶滅の島」みたいにならないだけ、プレデターはホントマジ菩薩ですね。
エイリアン繁殖の後始末までしてくれる宇宙人とか、他にいるんでしょうか?(役に立ちませんでしたけど)
あと、VS2のラストシーンで普通の銃火器がエイリアンに効いてそうな感じだったのは何故なんでしょ?


2018年9月18日(火)
75.6キロ


まーたガチャを回しちまいましたよ。
これで今月、24万円突破。
金曜から新ガチャが入れば、+4万は確実。
「家賃まで無課金」どころか、「給料全てがガチャ」の世界。

「何をやっているんだろうなあ」とは思いますが。
「まあどうでもいいか」とも思います。
「なるようになるやろ」状態。

「まじめにかんがえてないな!」とは、よく言ったもんです。






そして「神の子」山本KIDさんが亡くなられたそうで……。
この前も書きましたが、こんな事が許されていいのか!
あれだけのスーパースターがどうしてこんな目に遭わなければならないのか。
まったくもって酷すぎる話です。








23:01  プレデター最新作見てきましたが翻訳機で意思疎通できるようになったらコレジャナイ感が出てきて 
23:02  インフィニティウォーのアイアンマンスーツもどきが出てきた時に、あ、これアベンジャーズだと気付きました。  
23:04  あとあの程度のグロ描写でR15指定はいらないと思いました。
  

そうなんですよね、プレデターの新作も公開してるんですよね……。
「エイリアン対プレデター」も、「プレデターズ」も当然劇場に駆け付け。
「プレデターこそが映画史上の最高傑作や!」と思っているこちらですが。
例によって例のごとく、ピクリとも動けず……。

これではwowowで放映したところで、録画したまま終わらせかねません。
大半の映画がそんなんなってます。

しかし翻訳機で意思疎通……。
初代プレデターからして、既に意思疎通は出来てましたし。
プレデター2では相手から称賛される体たらくとなり。
VSでは完全にツーカー。
「翻訳機要らないやん!」

にも関わらず、まだ疎通が足りないと……。
もはやバトルものではなく、未知との遭遇か!




2018年9月14日(金)
76.4キロ



なんかTwitterだかネットだかで、
「娘が心底嫌そうな顔で「お父さん、これ気持ち悪い…」と指さした光景とは!?」
みたいなネタが流行っているそうですが。
これって元ネタは、ラノベの表紙に対してだそうで……。

「うーんんんんんん……」唸るのみ。
エロ本やエロ漫画の駆逐では飽き足らず、ついにはラノベまで手を伸ばしてきたか!
まるでシーシェパードですね。
「現下の問題を解決したら解散?アホヌカせ!どうでもいい事柄を問題に仕立て上げて、死ぬまで活動のネタにしたる!」状態。
クジラで妥協したら、次はイルカとマグロに攻めかかってくる構図。
「一歩でも妥協したらアカン!その一歩を踏み込まれるだけや!」とはよく言ったもんです。

「そもそも多様性を重んじる今の教育ならば、気持ち悪いと言った娘に説教すべきではないのか?他人の趣味や創作に文句言うな」なんつって。

まあ自分は多様性なんてクソだと思ってますから、「ホモは死ね!移民も死ね!反日主義者も死ね!皇室を批判するヤツも死ね!」くらいの勢いですが。
大人ですから、言葉にはしないだけで。

しかし、障碍のある方を見て娘が「気持ち悪い」なんぞと宣おうものなら、百裂ビンタが待っているのに。
ラノベの表紙ならオーケーとは、心底恐れ入る。
「どっちも腹の中に飲ませとくのが教育やろが!オレだってラノベの表紙はキモいと思っているが、そんな事は口にせんぞ!」

そしてこういう事言うと、「ゾーニング」だなんだと尤もらしい事を主張する人もいますが。
「だったら同性愛や障碍者もゾーニングしとけや!」という、我ながら恐ろしい言葉が出そうになります。
「エロ本だって同性愛者だって同じレベルでキモいんだよ!ゾーニング対象を勝手に決めるんじゃネエ!」みたいな。

人様の趣味や創作に「ゾーニング」なんぞとホザける精神性を疑います。
「配慮するのは、それを苦手とする連中じゃろがい!なんで売り手が配慮しなくちゃなんねーんだ!」
エロ本が置いてある所には近づかないように教育しとけやオラー!
ぶっちゃけ、障碍者施設にだって近付かないよう教育してるくせに、何を考えてやがるのか。



2018年9月13日(木)
77.0キロ


映画版「フリクリ」の評価がイマイチのようで(ヤフコメ調べ)。

いつもなら他人の感想なんぞ気にもしませんが、今回ばかりは「なら行かなくていいか…」という言い訳作りに役立ちますね。
週末の三連休で行くべきか行かざるべきか、未だに迷ってましたから……。
これで心置きなくDVDの発売を待つ事が出来そうです。

ってか、そのヤフコメで初めて知りましたけど、今回の「フリクリ」にはピロウズ好きの監督が関わってないんですって?!
「それって、完全にパチモンじゃん」
評判が悪いのもむべなるかな。
「あぶねー!詐欺に引っかかるところだったゼ」

「宮崎アニメ」を謳いながら、駿じゃなくて五郎作品くらいの詐欺ですぜー。
ゲド戦記はお腹いっぱいで御座る也。








09:34  あー、リンダ・カーターはセックスシンボルつうかほぼセックスそのものな子供時代だったなぁ。谷間、圧倒的谷間の脅威!小学生や中学生がそれに抗える事など有りようもない!@SOUさん  

然り然り。
もう完全に二次元キャラのコスチュームでしたもんね!
あれだけ胸の谷間を強調したスーパーヒロインを実写でやり遂げるとは、およそ尋常ではありません。
そしてそれを可能としたリンダ・カーターのスタイルも。

ワンダーウーマンを横から見たら、ほとんどアニメキャラみたいな胸のサイズでしたからね……。
おそらくは豊胸手術なんぞ無い時代にアレ。
外人さんの破壊力には、日本のチャンネーなどベイビー同様。

そのインパクトからすると、昨今のワンダーウーマンは、「ああ、そう……」以外に言葉もありませぬ。
無論勿論、現代であんなコスチュームを採用したら、各方面から袋叩きになるのは必定ではありますが。





2018年9月12日(水)
76.4キロ


どこぞのソシャゲが、ガチャフェスを開催した直後に、サービス終了を宣言したそうで…。
それ自体は、「まあ商売だからなあ」と思えど。
テメエに降りかかってきたらと思うと怯えるばかり。

いや、サービス終了自体は、早いか遅いかの問題ですから、覚悟は出来てますけれど。
そうなった際に、記録を残しておくためのスクショが死ぬほど面倒くさいな、と…。
所有キャラクターが500人くらいいて、進化形態が三パターンあって、ステータス画面も保存して、となると。
ざっくり2000枚のスクショを撮らねばならないという……。
「思い出保存ってレベルじゃねーぞ!」
呻くのみ。

そんな作業をしなくてすむよう、戦国アスカには細々と延命して欲しいもんです。
「今から作業を始めておけばいいだろ」と言われれば、ぐうの音も出ませんが……。









やる夫スレにしやすい中編妄想。
「女ジャイアン」モノの枝葉末節をこそぎ落として、小さく小さくまとめてみました。

舞台は荒廃した未来世界。
元は中世ファンタジー的世界観であった筈が、今では荒地と瓦礫が大地を埋め尽くす世紀末ヒャッハー。
そして巨大モンスターが荒野を闊歩。
人類の生存域は、壁に囲まれた城塞都市だけとなり、それらは各地に点在。
そしてその都市は、強大な力を持った「超人」によって治められていた。

超人はその力を振るい、住民から苛斂誅求に税金を取り立てる。
「ガマの油と平民は絞れば絞るほど出る」状態。
こりゃ溜らんと反抗すれば、一家諸共殺される。
かといって逃散しようにも外では生きていけぬ。
人々は半ば奴隷として、「超人」に飼われていた。
―――そんなアポカリプス世界。

そうしたこの世の地獄へ、ケンシロウよろしく二人の人物が訪れる。
一方は飄々とした態度の美青年。
もう一方は分厚いフードを纏い、性別も容貌も窺い知れぬ。
「いやー、凄い事になっちゃってますねえ」
青年は四方を見渡し声を上げる。
「草原が瓦礫の山ですよ、瓦礫の山。隔世の感ってのは、こういう事を言うんですかねぇ?」
しかしフードは無言。

歩を進め、視界に写るは城塞都市。
「うーん、あれは外からの旅人を迎える構造になってないですねえ。内部だけで自給自足が成立してる、小さな国家と化してるみたい」
中にどれだけの畑があるにしろ、どれだけの鉱物が採掘できるにしろ、
「あれだけしかない空間を閉じられたら、中は蟲毒みたいなシロモノになってるかもしれませんねえ。あー怖っ」
青年はわざとらしく背筋を震わせる。

「まあとりあえず……お邪魔しまーす」
言うや青年達の姿は掻き消え、一瞬にして城壁の中に入り込む。
転移ではない、そんな魔法はこの世界に存在しない。
文字通り、目にも止まらぬ速度で接近、城壁を飛び越えたのだ。
(と、ここでこの二人が常人ではないアピール)

「住民は数万人……ってところですかね?こんな閉じた世界じゃ、全員が顔見知りまである。僕たちは招かれざる異邦人ですかね」
結果、隠形を駆使し、気配を消す二人。
そして周囲の会話や雰囲気、果ては脳内から情報収集。
「さーて、どうしましょうか。この閉じた世界の暴君殿に御挨拶でもしますか?」

ぐだる間もなくバトルパート。
青年は警備の兵たちを千切っては投げ、千切っては投げ。

―――という、実にありがちな物語。
アポカリプス世界を支配する暴君達と戦う主人公。
手垢がつきまくって原型すら見えない。

ですので、読んでくださる方を引っ張るテーマとしては―――
今の世界を治める「超人」と、主人公たちの知る「超人」は、似て非なるものであり。
「なんで君たちは、こんなに下品で下劣になっちゃったんだい?」
青年は首を傾げる。
「弱いのは別に良い。修練が足りないのは仕方ない。しかし品性が下劣なのは理解し難いね」
暴君を前に、平然と言い放つ青年。
「僕が知る『超人』は、高潔かつ孤高だった。例外があったとしても、こんな薄汚い精神は持ち合わせていなかったんだが……」

何かを言いかける暴君に対し、青年はそっと片手で制止する。
「よくもそこまでの大言を―――とか。死にたいらしいな―――とか。そういったセリフは要らないよ。今の君に必要なのは、自分の最期をどう飾るかって決断だけさ」
微苦笑して、
「それくらいは分かるよね?まさかそれすら分からないとは言ってほしくないな」

そして物語全体を通しての決め台詞。
「そうだな……。君の強さは歴代で計算して……まあ100万位くらいかな。弱すぎてお話にならないレベルだね。
 ちなみに僕は歴代5位だ。この世界が誕生してより、僕に勝てる存在は4人しかいない」

各地の暴君にお説教しつつ、どうして『超人』がここまで劣化したのかを探求していくとかそんな感じで……。
オチが女ジャイアン的なノリとかそんなヤツ。








10:19  女ジャイアンを理想としながら女ジャイアンを夢想しないのは結局おんなジャイアンの理想形がワンダーウーマンな所為じゃないですかね?ワンダーウーマンも、ジャスティス・リーグもワンダーさん良かったです!@SOUさん  

いやー………。
折角のSOUさんのお言葉ですが、そればっかりはあり得ないかと……。

なんのこっちゃって、テメエにとっての「ワンダーウーマン」は、女ジャイアンどころかセックスシンボルに近いノリですからね!(最低)
それくらいリンダ・カーター版ワンダーウーマンがセクシーだったという事で……。
ホントマジなんなんですか、あの巨乳の谷間は。
およそ「ナイトライダー」とか「スパイ大作戦」とか「Aチーム」と同列に並べていい作品ではない。
ほとんどポルノの領域でございます。

ですから今のワンダーウーマンを見ても、「なんだこりゃ?」の世界。
「セクシーでもなければ、格好良くもないやんけ!」
とかく「刷り込み」とは恐ろしいもの!

逆にXメンとかは知識ゼロでしたから、映画も素直に楽しめましたが…。


2018年9月11日(火)
76.4キロ


昨日は母の命日で有休をとりました。

法事やお墓参りは前日までに済ませていたので、当日はお花を買い、仏壇にお供えしたら、後はフリー。
平日で電車もガラガラだし、「フリクリでも見に行こう」と考えていたところ。
当然のように体はピクリとも動かず。
そのままベッドに倒れ込み、気が付けば翌日。
うーむ、あまりにも酷い。

これもそれも、オカンがいないのが全て悪い。
カムバックサーモン!!






そしてそんな中。
最近のあまりの金欠ぶりに、今年のアマゾンの購入履歴を調べてみたところ。
なんとびっくり、Amazonコイン50000を43個も購入してやがりました!
Amazonコイン50000は、40500円~35000円ですけれど。
10000コインも結構買っていたので、それを含めて40000円に均します。
すなわち、43×40000円。

「ギャース!!」
172万円も課金してやがった!
しかも今年だけ、この9か月ちょいで172万!
「ヤベーなんてレベルじゃねーぞ!」
完全にガチャ依存症。
そりゃ金欠にもなりますわ。

結構課金してるなと思ってはおりましたが、よもやまさかこれほどまでとは……。
我が事ながら、びびってたじろぐのみ。
こりゃトータル300万なんぞ楽突破してますね……。
最悪500万まである。
少なくとも将来的には半ば確定。

今月にしても、すでに20万以上課金してますが、まだ止めるつもりがない辺り、もはや暴走機関車。
釜山行きと化してゾンビ状態。









「人形の国」という漫画を読みました。
前作の「シドニアの騎士」はサッパリ理解出来なかった(能力不足)のですが、こちらはメッチャ面白い。
故郷を滅ぼされた主人公、それによって得られた超常の力、しかし殺伐なる戦い、迫りくる終末、極寒の大地。
全てのキーワードがビンビン来ます。

そしてすぐに思い至りました。
「これはファイアパンチだ!」と……。

世界観がファイアパンチまんま。
雰囲気がファイアパンチまんま。
バトルの短さ、展開の速さ、全てがファイアパンチを彷彿とさせます。

「うーん、つくづくテメエはファイアパンチが好きだったんだなあ」と改めて実感。
連載している時は実感出来ませんでしたが、ヒストリエや進撃の巨人クラスだったと上方修正。
デカン史上の最高傑作。


2018年9月7日(金)
75.8キロ


「フリクリ」の新作映画が公開されるそうで。

超絶引きこもりの身ではありますが、見に行きたい事この上ナッシン。
何しろ「フリクリ」は、複数回視聴した最後のアニメですからね!(秒速5センチですら一回しか見てません。いやさ、一回しか見れなかったと言うべきか)
DVDも買いましたし。
ピロウズのCDも全部買っちゃいましたし(そしてその後、断捨離時にすべて売却…)。

しかし神奈川では上映ゼロナッシン!
一番近いところでジュクシンの模様。
さて、どうやって行ったものか……。

会社の帰りに寄る?
考えただけでゲロ吐きそうだ。
休みの日に行く?
考えただけでゲロ吐きそうだ。
まったくもって、お話にならず。

「まあフリクリなんてのは一度見てもよくわからんアニメだしぃ?DVDもすぐ出るだろうしぃ?それを買えばいいだけじゃねえのかなー、なんて」
なんという後ろ向きな思考。
本当にお話にならぬ也。



しかし改めてフリクリを振り返ってみるに。
当時は気づきませんでしたが、あの物語はテメエの理想である「女ジャイアン(女ネウロ)」ではなかったか、と……。
すなわち、「主人公は作中最強であり」「媚びぬ退かぬ省みぬであり」「行動は理不尽そのものであるが」「主人公に対してだけは、ちょっとだけ特別扱いしてくれる」という。
うーむ。



しかしこれだけ「女ジャイアン」を理想としていながら。
そうしたお話を一度も妄想していないのは何故なのか。
理想の物語とは自作するものではないからか。
うーむうーむむ。

2018年9月6日(木)
75.8キロ




「若年層向け作品(マンガ・ゲーム・アニメ・ラノベ)の主人公が、少年少女ばかり」だと言うのを嫌というほど納得しました。させられました。

なんのこっちゃって、「スーツ着た格好良いオジ様が異世界転生する」作品を読みまして。
主人公の造形に、「おーええやん」と頷き。
その直後、「……これはもしかして同世代だからこそ感情移入しているってオチかしらん?」と。
あまりの事に呻くのみ。

そりゃあ最近の創作が楽しめなくなるわけですわ。
「何が美少女や!テメエの娘みたいな年のコに萌えるなや!」状態。
って、「テメエの娘の裸は見せたくないが、他人の娘の裸が見たいのが人間の常」だと、「編集王」にて三十年前に喝破されておりますが……。




2018年9月5日(水)
76.4キロ


Twitterで見かけたのですが、世の中には凄まじい思想の持ち主もいるようで……。

なんでも、「『みんな辛いんだよ』などと言ってくる奴は、死にたくなるほどの悩みを持ったことのない、薄っぺらい輩だ。他人を慮る心があれば、そんなことは言えない」とかなんとか……。

オゥ、ゴッド!
顎が抜け、腰が砕け、魂が口から飛び出します。
どこまで我儘勝手を肥大化させれば、このような異常思想に辿り着くのか?
「あのな?他人にとってお前の悩みなんざ、心の底からどうでもいいんだぞ?それを慰めてくれる人がいるだけでも恵まれてるってのに、それに噛みつくとかお前は狂犬か?」

友達が死にたいとか言ってきたら、「まあそれもいいんじゃね?」以外に言葉もなし。
親友が相手でも、「まあ家族もいるんだし頑張れや。鬱病だってんなら、早いとこ医者に行ってクスリを貰うんだな」程度。
まったくもって、「世間はお前らの母親ではない」状態。

そして母親が相手だとしても、あまりに甘えすぎ。
小学生のガキじゃあるまいし、テメエの悩みくらいテメエで解決しろや!
メンタルやられてるなら心療内科に行け!
仕事がキツいなら役員か労組に相談しろ!
将来と賃金と体調と人生とを秤にかけて選択していくのはテメエじゃろがい!
(=体調がヤバいから仕事辞めて将来の不安を選択する、みたいな)
「悩んでます」とか言われても、「知るかボケ!勝手に考えろ!死ね!」以外にかける言葉があるでしょうか?

他人のアドバイスを聞く気がないくせして、他人に悩みを打ち明けるな!
そもそも本気でメンタルが死んでるなら、他人に悩みを打ち明ける元気もないし、他人の言葉に腹を立てる元気もないだろ!
まったくもって「死んだほうがいい人間」とはこの事也。
周りに害しかもたらさない。

そしていつぞやのお言葉通り、「Twitterは見ない方がいいです。人間を嫌いになります」に頷くのみ。
他人のリツィートを無効にする方法はないのかしらん?

テメエも現在進行形で鬱ってますからアレですけど、そもそも他人と話す気力が湧きません。
まったくもって、「フザけた事ヌカすな!」
オレだって甘えてえよ!

2018年9月4日(火)
勤務解除



「働きたいと思ったことは一度もないが、働かざる者食うべからず」

恥ずかしながら、これがテメエの座右の銘で御座います<m(__)m>
最近はマジ、起きた瞬間に「あー疲れた……」「あー働きたくねー」とかつぶやいてます。
人としてオワットル。
外でもブツブツ呟く日は近い。
ヤバセンヘビー。


2018年9月3日(月)
76.4キロ


戦国アスカの新ガチャ「真言祭」。
210連で0.25%の新キャラ二体を出しました。

シミュレーターの計算によると、「0.25%を二回引く確率」は、671回で5割、1197回で8割だそうですから、大勝利と言えましょう。
……10連で二枚抜きした豪運の持ち主もいるようですが。

しかしアマゾンコインでも210連は5万オーバー。
「使いもしないキャラクターに5万投資は、やはり金銭感覚がおかしいな。引きたいから引いているとはよく言ったもんだ」
唸るのみ。









千年の栄光と繁栄―――
常命の者ならば十分すぎるほどの成果なのだろう。
しかし神や使徒にとっては泡沫の夢にすら足りない。

「俺が力を与え―――」
「使徒たるに相応しき身が全霊を注ぎ―――」
「完成させた創造が僅か千年しか持たなかった」

己が想像に意味はないと感じていたが。
人の創造とて全くの無為であった。

「あれだけの意思と魂の持ち主が、全てを捧げて創り上げたものが砂上の楼閣にしかならない」
言ってヤラーは、傍らの小石を持ち上げる。
ほんの微かに力を込めただけで、その小石は燦然たる輝きを放ち始めた。
「これが神の創造だ。この宝玉は誰にも傷つけられぬし、この世界が消滅したところで失われぬ。これを破壊出来るのは神だけだ」
その言葉通り、指先だけで宝玉を砕くヤラー。

「神の創造は永遠であり、万能であり、完璧である。



2018年8月31日(金)
76.0キロ


キツネが一口馬の写真を送ってきました。
そんでもって、
「馬はいいぞ!デビューの時は応援に行こう。デカンも買え!」
とのこと。

更には、
「デカンはガチャを一回我慢すれば買える。ジュゴンはガールズバーを我慢すれば買える。タヌキは買える」
という、キツネには珍しい三段落ち。

まあ中山どころか、府中に行くのも荒行同然のコチラには、一口馬主などとんでもはっぷん。
むしろ明日からのガチャが楽しみでワクワクドキドキですわ。
完全にジャンキーと言えましょう。








いつ死ぬか分からないので、「ストレンジトゥエルブ」ヤラー使徒編のあらすじも書き残しておきます。


ヤラーは十一柱の第二位ではあったが。
創造行為にさしたる意味を見出せぬ神でもあった。
「完璧完全たる世界は、既に父が完成させている。ならば自身の創造に何の意味がある?」

無論その疑問は十一柱の全員が抱いてはいたが。
各々、独自の創造により疑問を払拭、あるいは克服した。

例えば十一柱の筆頭であるオプーは、その溢れる力を用い、父の世界の模倣を試みた。
規模において他の追随を許さぬ、オプーだけが可能な創造行為である。

十一柱が第三位キャロルは、生命の可能性を引き出す事に価値を見出した。
彼は三千世界において可能性を持つ存在を探し求め、その多くを祀ろう民として導いた。

十一柱が第四位ヤーンは、己が衝動のままに世界を探求し、その先々で使徒を生み出した。

十一柱が第五位デッキーは、極々小さな世界を創り上げ、そこを宝石のように磨き込んだ。

十一柱が第六位デキーナは、神の導き無く高位の存在が生まれるかどうかを試し続けた。

神々はそれぞれの創造行為に没頭し、神としての職責を全うする。
だがヤラーだけは無為徒食の身をかこつ。
「俺だけの創造とやらに興味が持てん」
結果、彼の世界は荒地がただただ広がるだけの、どんな生物も存在しない死の空間となった。

しかしそれでも、何かをしなければならないのだろうという意識だけは持っていたので。
時折、三千世界を眺める事は忘れていなかった。
そんな生活が数十億年と続き―――
彼がようやく見つけ出したのが、最初の使徒となる新城である。

神の加護は得られない、しかしそれなりに高位の生命が生まれ住む星3世界グランコード。
新城はそこの住人であった。

ヤラーが見るところ、新城にさしたる才能はない。
神の目から見れば、人の才などどれもこれも亀毛の如しである。
ゾウリムシの差異など、理解は出来ても評価は出来ぬ。
しかし新城には強烈な意思があった。
目的へと向かう強く曲がらぬ意思があった。

それだけならばヤラーが気に留めることは無かったろうが。
新城の意思とは、「最大多数の最大幸福の実現」であった。

「ほう」
これはヤラーの関心を呼んだ。
「最大多数の最大幸福―――言葉にすれば陳腐だが、それを本気で目指そうとしている者を見るのは初めてだ」
自身の利益に興味はない。
誰に反対されようが気にしない。
どれだけ死のうが関係ない。
「最大多数の最大幸福こそが生命の目指すべき究極地点なのだ」
新城にはその信念があった。

「人の身で理解することは叶わぬだろう」
新城の思いは狂気にしか見えぬはずだ。
何万人を殺そうとも、最大多数の最大幸福が得られるならば全てを是とする。
そしてその判断を下すのは新城自身なのだ。
「狂人の妄想にしか見えぬのも道理」

だがそれは、人による創造行為だと思えた。
「最大多数の最大幸福が人の手により貫徹出来れば、それはもう使徒の御業だ」
人の手による人の世界の巨大改変―――
途方もなく大きな、そして絶対に叶わぬ無謀なる理想。
その心意気を買ったヤラーは、新城を己が世界へ招く事にする。

「今のお前では、その願いを実現する事は出来ない。しかし我が元で祀ろう民として鍛錬を積めば、話は異なるだろう」
ヤラーが―――神が人の子の願望実現の為、手助けする。
それは本来、有り得ないほどの厚意であったし。
何より、新城ほどの―――神に認められるだけの魂を持った者ならば、祀ろう民になる事の意味は百も承知している。
すなわち、「生命としてのゴール」だと。
すごろくで言うところのアガリだと。

祀ろう民になる事は、三千世界の住人にとって究極の喜びである。
低位の存在ではその意味も価値も理解は出来ない。
ゾウリムシに天の国を説いても始まらぬ。

しかし新城は理解出来る。
今自分が、この世界の生命として最高のゴールを迎えた事を。
そして神が御自ら人間を誘うなどあり得ない事を。

人間としてこれほどの厚遇を受けた者は数えるほどしかいない。
新城はそれも理解出来たし、神の慈悲に首を垂れるのみではあったが―――

にも関わらず、彼はヤラーの誘いを断った。
人としての完成を捨て、この世界に留まる事を望んだ。
「何故だ?」
ヤラーの問いに、
「僕はこの世界を救済する事を望んでおります。祀ろう民となって、数億年後に別の世界を救済する事が目的ではありません」
臆せず新城はそう答えた。

無論これは、自身の消滅を覚悟しての言葉であったし。
そこに後悔も恐怖も無い。
だからこそ、
「俺はお前のそういうところが気に入ったのだろうな」
ヤラーの腑にも落ちる返事であった。
祀ろう民になる事を断った者は、世界創造以来、5人しか存在しない。
新城こそが、その一人である。

「いいだろう、お前を祀ろう民とする事は止めにする。但し、お前の願望の手助けはしてやろう」
言ってヤラーは新城に祝福を与えた。
「お前の言葉に逆らう者はなく、お前の体を傷つける者もいない」
新城はこの世界において、完全なる無敵の存在と化した。
しかし使徒ならば当然持つべき、永遠の命は与えなかった。
それは新城が求める理想の追求方法とは相いれなかったからだ。

「お前は祀ろう民として何ら修行を積んでいないが―――」
言ってヤラーは目を細める。
「それでもお前は我が使徒だ。そう名乗る事を許そう」

ヤラーの大いなる愛を受けた第一使徒新城。
彼はその後、世界を大きく改革していく事となる―――



「それで……どうなったんですか?」
恐る恐る弥子は尋ねた。
ヤラーはいつものように煙草を吹かしながら、
「無論、全ては上手くいった。新城の理想は達成され、世界は文句なく最大多数の最大幸福を達成した」
淡々と答える。
「めでたしめでたし、という事ですか……?」
びくびくと問う弥子に対し、
「新城の代は、な」
ヤラーは不機嫌そうに応じた。
「つ、つまり……?」

「……アイツも色々と手は打った。自身の死が避けられぬ以上、死後も世界を維持しようとな。後継者を育て、法制度を整え、教育を施し、どうにか自身亡き後も理想を保たんとしたが……」
ふー、紫煙を吐き出しながらヤラーは言う。
「千年持たなかったな」

「俺が力を与え、アイツが全てを賭して創り上げた世界は千年も持たずに消滅した」





2018年8月30日(木)
76.2キロ


昨日測った体重が75キロ。
1月の時点で82キロとかあったわけですから、いくら何でも減りすぎじゃないかしらん。
筋トレもテキトーにしかやってないですから、体重だけ減ってシックスパックはカケラも戻らず。
「うーん、なんとも言い難い結果や」
唸るのみです。
年齢相応と言われればそんな気もいたしますが…。
まさかガンじゃなかろうね?







21:38  http://urasunday.com/yusyatachi/index.html  
21:39  これは天才臭がプンプンする
  

た、確かにこれは天才の作品ですね。
「下々が理解できない」という一点において……。
もはや作風は、ゴーギャンとかセザンヌの世界に突入しており、「漫画教養が著しく高い」人じゃなければ、「なんだこれ?」もむべなるかな。
そしてテメエがそうなのは言わずもがな。

狙いに行ったキャラクターデザイン。
延々と繰り返される滑り芸。
ワザと理解させないストーリー。
「ド素人が奇矯なものを作ろうとしたらゴミになった(レベルの産廃)」としか思えませんが、一部の天才読者には惹かれるものがあるのでしょう。
素直に「楽しむ能力不足」を認めるところです。完敗です<m(__)m>

もっとも、この作品を楽しむ能力が無くて心の底から良かったと思うのも、また本音ではありますが……。
負け惜しみと言われることを承知で、「ゴミクズだな。時間を返してほしいぜ」と捨て台詞を吐いておきます。
言いたい放題で申し訳アリマセヌ。

2018年8月29日(水)
75.6キロ


冷静に考えてみると―――
「ソウルステーション/パンデミック」において、ゾンビに追われまくった主人公が「家に帰りたい!」と号泣した後。
相方のホームレスのおっちゃんも、「俺も家に帰りたい!」と応じ。
続けて、「だけど俺には帰る家が無いんだ!」と号泣するシーン。

「最初は衝撃的な会話だと思ったけど、冷静に考えるとこれはギャグか?」
唸るのみ。
「家に帰りたい」「俺もだ。帰る家がないけどな」
うーむ、完璧にコント。
挙句、主人公にも帰る家が無くなっていたという二段オチ。

「貧困問題や社会派ドラマと見せかけて、実は壮大なコメディだったのかもシレヌ……」
何しろ、(他キャラの動向として)借金取りが借金を取り立てるためにゾンビの群れに突っ込むとか、ギャグ以外にはありえない。
数億のカネならともかく、高が知れたハシタ金でコレ。
どう考えても労力が借金を上回る。
命知らずにも程があるというもの。

それともこれが韓国人気質なのかしらん?
「ゼニカネの問題じゃネエ。メンツの問題だ。借金を踏み倒そうとするヤツは殺してでも取り立ててやる!」みたいな。
闇金ウシジマくんもビックリです。

シリアスではなく、全編ギャグとして考えれば、「ゾンビハーレム」に匹敵する傑作かも……。
なんかそんな事を思いました。
日本もこれくらいのゾンビアニメを作ってくれよなー、頼むよ頼むよー。
(CGアニメのバイオは傑作だと思ってますが)







「幼なじみになじみたい」というマンガを読みました。
ヒロインは可愛いですし、ベタベタな展開もよろしいんじゃないかとは思いますが……。
第一話の、「名前知りたい?そうだよねー、どうしよっかなー」がピークで、あとは下がる一方なのは如何なものか。
いや、テメエの楽しむ能力の所為だと言われれば、まったくもってその通りなのですが。

何より、「これは違う!オレが書きたい話と展開は似ているが、方向性が正反対だ!」と。
なんのこっちゃって、過去二回エターしたストレンジライフス版「ときメモ2」ですけれど。

テメエの寿命的に、書き終える機会がいよいよ無くなりそうですから、ここで叫んでしまいます。
「ときメモ2」の幼児期イベントで、「カツアゲに遭ったところを赤井さんが助けてくれる」ってのがあるじゃないですか?

主人公(オプーナさん)は、その光景に心を奪われてしまい。
「あの少年に負けない男になりたい」「あの少年に誇れる自分になりたい」「あの少年と肩を並べて遊びたい」
それが己の行動原理となってしまい。
結果、勉学と鍛錬に勤しむマシーンが出来上がってしまったという…。

無論これは、「幼児期のイベントを大切にしているヒロイン」に対するアンチテーゼみたいなヤツで。
「幼児期にヒロインがしてくれた事を大切にしている主人公」の構図なわけです(今や手垢が付きまくってますけど)。

だから主人公は、赤井さんと再会した時点で、「あの時の少年だ」と気付いてるわけです。
しかしあの時の少年は、「実は女の子」だった。
それ自体は若干の失望を禁じえぬところですが、それに留まらぬのは彼女が今でも―――

そう、今でも桁外れの強さを維持していたから。
細い体で、軽い体で、信じ難いほどの突きと蹴りを放つ。
10年近く鍛えに鍛え、格闘技を習い、鋼の肉体を持つに至った自分よりも、重くて速い蹴りを見せる。
それはどれほどの奇跡であったろう。
あの時、心の底から憧れた少年は、憧れた姿のままでいてくれたのだ。
自分の憧憬は壊れなかった。
自分の憧憬は無意味じゃなかった。
だから今こそ念願を叶える。
「あの少年と肩を並べて遊びたい―――」


―――という物語なわけで。
傍から見れば、「デートしてる」以外の何物でもないのですが。
主人公にとっては、「憧れた少年と遊んでいる」でしかない、と。

それを主人公視点でやってしまうと、どんでん返しが成立しない為。
後輩視点でお話を描いていく、という……。
なんかそんな感じのお話だったのです。

オリジナルでやっても何ら問題はないのですが、身長185センチ・体重88キロ・体脂肪率8%・キックボクシング歴10年の主人公より遥かに強い美少女とか、リアリティゼロナッシン!
二次創作に頼るしか術がないとかそんなオチでした。

そして話は冒頭に戻り、「再会した幼なじみは、可愛くなっていたが弱くなっていた『幼なじみになじみたい』」にゲンナリしたわけです。

なお、「それはどれほどの奇跡であったろう」が、このお話で最も書きたいフレーズでありました(そこまで到達できませんでしたが…)。

そしてストレンジトゥエルブは、「これで一対一になったぜ?」です。
これは本当に書けて良かった。
非常に満足しております<m(__)m>

2018年8月28日(火)
76.4キロ


さくらももこさんが亡くなり、山本KIDさんもガン闘病中とのこと。
まさに人生、一寸先は闇。

いや冗談ではなく、「何故、何故オレだけがこんな目に……!」ですよ。
さくらさんはともかく、KIDさんなんて鋼鉄の肉体じゃないですか。
普通の病気と異なり、鍛錬がガンを遠ざけるわけではないのは分かっちゃいますが。
それにしたって、あまりといえばあまりの話。

「もっと先に死ぬべき輩は幾らでもいるだろ……。スーパースターがどうしてこんなヒデェ目に遭うんだ」
テメエがその筆頭なのは言わずもがな>先に死ぬべき
いやー……ため息も出ませんね。

もっとも、このお二人とも人生の密度で言ったら、自分の百倍くらいはありそうなので。
その意味で、テメエが生存しているのもむべなるかな。
方や鉄球、此方風船。
それくらいの密度の違い也!
会社行って弁当食って家帰ってガチャして寝るだけ!
アリバイが簡単なこと、この上ナッシン。




でもまあ実際、そろそろネットの知り合いが亡くなるという可能性も……。
「それをどうやって知るのか、更新が止まるだけではないのか」という問題はあれ。
そもそも「最初に死ぬのはお前」なのも言わずもがな。



2018年8月27日(月)
76.4キロ


「新感染(釜山行き)」の前日譚アニメである「ソウルステーション パンデミック」を見終わりました。

「うーむむむ……」
唸るのみ。
作品としては、「動の新感染」に対して、「静のソウルステーション」といったところでしょうか?
傑作である事は間違いないのですが、「折角アニメでゾンビ映画を作ってくれたというのに、こんな低予算ゾンビ映画のシナリオにする事もなかんべや」と……。
逆なら分かりますけどね。
新感染がアニメで、ソウルステーションが実写ってんなら。

そんなノリで、兎にも角にも「これは低予算ゾンビ映画のシナリオまんま」状態。
低予算だからと言って馬鹿にしているわけではなく、素晴らしい出来ではあるのですが(基本的にゾンビ映画は低予算ばかりですし)。
先ほども書きましたよう、「どうしてコレをアニメでやるんや!」と。
萌えでも燃えでもない、至極真っ当な、地に足の付いたゾンビモノをアニメにしてくれたと言うのに。
わざわざ低予算実写でやれるシナリオを採用するとは……。
「もったいない!もったいない!」と頭を抱えて悶えるばかり。

いや、実写でコレをやったらキツ過ぎるってオチなのかもしれませんが……。
キツい事に定評のある韓国映画にとっては、何をかいわんや。
何しろ登場人物、皆が皆揃いも揃って小市民&クズ!
ヒーローもヒロインも存在ナッシン。

唯一、ヒーローらしき勇敢さと精悍さを示した青年ウォリアーは、その勇気を見せた瞬間にナムアミダブツ!
(=電線をつたってゾンビから逃げようとする主人公に、まったく関わりのない勇敢な青年が励ましの声をかけるばかりか、遂には主人公の元へ戻って電線渡りを手伝おうとした瞬間ゾンビの餌食に…。それまでもただ一人、ゾンビの群れと交戦していたタフガイでもこの有様。この映画にインガオホーは存在しない)
「こ、これが現実だとでも言うのか……!」
唖然とするのみ。

テーマがゾンビ云々よりも、貧困問題なので、この展開も致し方ないのでしょうが……。
ここまでヒーロー不在のゾンビ映画は逆に珍しい。

ただ、「家に帰りたい!」と言って号泣する主人公とホームレスのオジさんはリアリティ満点。
自分だってこんな極限状況に追い込まれたら、「家に帰りたい!家族と一緒に死にたい!」と泣くでしょう。
その点においてのみ、凡百のゾンビ映画とは一線を画したと……。

なんにしましてもお勧めです<m(__)m>
小市民を描いたつもりのアイアムアヒーローなんてアビスに落ちろ!

2018年8月23日(木)
77.0キロ


昨日どこだかのまとめサイトで、「インペリアル・サガ」がサービス終了していた事を知りました。
4年続いたという事ですから大往生なのかもしれませんが、
「ほへー、あれだけのメジャータイトルでも永続的人気は維持できないのか」
唸るのみ。

そういえばソシャゲ版メタルマックスも、即死したそうですし。
「往年の名作ゲーをソシャゲにしたところで、ファンが食いつくかってったら微妙なわけか」
最悪、拒絶反応までありそう。

ですが逆に言えば―――
「ソシャゲは必ずサービス終了する」わけで。
現在自分が、鬼のようにガチャを回しているのもそれが理由。
「競馬やパチと違い、いつかは終わる出費。だったら今を生きよう」みたいなノリで。

ギャンブル依存症は身の破滅までありますけど、ソシャゲの一タイトルへの課金ならば、サービス終了とともに「サヨナラ!」
出費ともオサラバです。

そして「戦国アスカ」は、もうじき三周年。
倍の六周年まで続くとは夢にも思えませんので、まあどんなに頑張ってもあと一年か二年程度でしょう。
それならこの馬鹿げた投資もアリったらアリかもしれませぬ。

大体、テメエ含めた上位層はとっくにレベルがカンストしてるのに、運営が何も手を打たない時点で……。
今の経験値稼ぎは何の意味があるんだよっていう……。
更に既存の強キャラを限界まで鍛えているせいで、どんな新キャラが出てきても一軍には入れない現状。
ギガレアキャラが100体いても、使っているのは全員同じ。
もはやシステムが沸騰寸前なり。
とっととレベル上限を開放しろや、オラー!
あるいは戦闘を根本から作り直せや!

2018年8月21日(火)
76.6キロ


そういえば桶羅さんが、Twitterで「今年の収支が100%を超えた」と仰っておられました。
あれだけの大銭打ちでありながら、コンスタントに収支をキープするとは恐ろしい。
まさにこれがハイローラーコンスタントボーイというヤツか。
恐ろしや恐ろしや……。

とはいえ、枯死したサボテンであるコチラは、競馬に対する嫉妬も羨望も遠い彼方に消え去っておりますので。
例えこれが「WIN5で数千万儲けた」であろうとも、「良かったじゃないスか(棒)」以上の感情は湧きマセヌ。
相手が体たらく集団であろうとも同じこと。
「寿司奢れ、祝儀寄越せ、エーオラエーオラ!」とタカる元気もゼロナッシン。
「祝儀十万やるから飲みに行こうぜ」と言われても、「帰って寝る」くらいの惨状。
もはや、どうしようもありませヌ。

しかしそれでも、「趣味で収支がチャラか……。それ自体は凄いよなぁ」
唸るのみ。
こちらのガチャなど、今年のトータル消費が幾らなのか考える気もゼロナッシン。
なにせ7月と8月だけで1700連回してますからね……。
アマゾンコイン換算で……42万円……!!
ゲロも出ませヌ。

しかもまだまだ回す予定。
「五右衛門が欲しいんだよ、五右衛門がよー!」

なお、0.375%を引くためには400連(98000円)ほど必要な模様。
ヒ、ヒエエー!
カネだ、カネをくれー!








今日の高校野球決勝。
タヌキのヤツめは早退して家に帰り、酒を飲みながら観戦していた模様。
まったくもって、体たらく集団。
「とんでもねえヤローだ!」

―――しかし冷静に考えますと。
「高校野球決勝を見るためだけに帰る事が出来るってのは、この年齢になれば当人の才覚だよな」と……。
学生のズル休みじゃないんです。
「休める」ってのは、それだけホワイトな職種であり。
それだけの環境を作り上げているという事でもあります。

これがブラック企業なら、有休なんぞとんでもはっぷん。
高級激務でも家庭に追われまくる人でも同じこと。
余裕とゆとりがあるからこその早退&野球観戦。

この年齢になれば、「何が許されるのか」こそが男の器量。
ある意味テメエのガチャも……似たようなものかもシレマセヌ。









所謂、剣と魔法の中世ファンタジー世界において―――
まあなんていうかありがちに、凶悪な魔王がいたと。

自ら魔王と名乗る事は無かったが、やっている事はその名に勝ち得るほど。
とにかく殺す。ひたすら殺す。ただただ殺す。
従わぬ者は無論の事、従う者どもですら殺す。
虐殺王とも殺戮王とも呼ばわれる、世界最強の怪物であり殺人鬼。
その世界は、そうした存在の支配下にあった、と。

しかしそこに現れたるは異世界からの来訪者。
外見は誠実そうな青年でしかなかったが、この世界の常識からは考えられぬ力をその身に秘めていた。
彼は勇者と尊称され、魔王との戦いに身を投じる事となる。

圧倒的な勇者の力は、魔王の部下を追い散らし。
勇者に付き従う人間の軍はその数を増し。
遂に魔王城を射程に捉えたのであった。

そんな人と魔との決戦前夜―――
勇者の元に、一人の超常存在が訪れた。

―――その存在を目にした途端、勇者は即座に平伏した。




2018年8月20日(月)
76.6キロ


キツネの一口馬カウディーリョが、新馬戦をモレイラで圧勝したそうで。
父はキンカメ、母は言わずもがなのディアデラノビア。
レース前の陣営コメントは、「仕上がり途上なのでレースに慣れてもらうのが目的。1800メートルの競馬でも急がせたりしない」との事でしたが、それでも圧勝。
こいつはかなり奥が深そうです。

問題はここから順調にいくかどうか。
ディアデラ一族は、大器は多くとも、どいつもこいつも一頓挫あり。
サンマルティンが良い例です。
デビュー戦快勝も、故障でジ・エンドオブジェネシス。
二歳夏の一頓挫さえなければ、重賞はともかく、今の二倍以上は稼いでいたでしょうから……。
兎にも角にも、「故障したら馬も力士も終わりよ」ってなもんです。
どうにか無事で来年のクラシックへ!
今年ばかりは何とか頼んます<m(__)m>







相変わらずガチャばっかり回してます。
昨日、暇だからと2万円回し、今日も2万円回しました。
「万札はゴミじゃないぞ!?」
唸るのみ。

今月これでガチャ代20万超えかしらん?
口座は腹の虫を鳴らすのみ。
差し押さえの日も近い。
まあどうにでもなれ、です。
知るかボケーとはよく言ったもんです。

でもまあ「確率収束論」ってホントかもしれないですね。
この前の限定引くのに420連かかりましたけど、今回30連で出ましたから。
均せば収束するって話なんですかねえ…。
今の備忘録を一年後辺りに集約してみましょう。

いやでも計算したら、やっぱり420連は渋すぎる……。
90回で50%の人が出て、200回で80%の人が出るらしいですから、どれだけ確率をすり抜けたんだよって話で……。
うーむむむ。
消費者庁の「ガチャは5万で出るようにしろ」ってガイドラインはどうなったんや!?
天井突き抜けてるやんけ!

そしてTwitterで検索したら、昨日までの「なのはコラボ」で、ギガレアのはやてナニガシをフル覚醒させた猛者がいた模様。
はやて嬢の大ファンらしいですが、フル覚醒には10枚必要で、出る確率は200連までが0.5%で、それ以降は
0.25%とかですぜ……。
どれだけの大金をブッ込んだのか、さすがのこちらも唖然とするのみ。

そしてそれくらい惚れ込むキャラがいる事は純粋に羨ましいと思いました。


2018年8月17日(金)
76.8キロ


最近の金遣いの荒さは「マジでヤバイ」。
正確にはガチャ遣いの荒さが「マジでヤバイ」。
「遊興資金どころか、老後資金にまで食い込んでるじゃねーか!」
家賃までなら大丈夫、とはよく言ったもんです。

しかしまあぶっちゃけ、「なんかもうどうでもいい」が最近の偽らざる気持ちですので。
「もうなるようになれー」で御座います<m(__)m>
いつ死ぬかもわからんし、やりたい事も無いどころか、外へ行く気力もゼロナッシンと来ては、多少のガチャくらい許されて然るべき。
オカンがいなくなった時点で、テメエの人生は失われたも同然。
惰性で会社に行き、禄を食むのみ。

今日もアマゾンコイン買おうかな…。
特にガチャをやる予定はありませんけど(ストックが無いことに不安を感じる中毒)。





そういえばキツネから、
「デカンが12万のフィギュアを買ったらしいぞ」
とかLINEが来ましたが。
非オタにとってはガチャもフィギュアも似たようなものか。







そういえば、いつぞや起きた「医大の不正受験(女子受験者の減点)」問題。
あの一件を聞いて、テメエは感動しちまいましたよ!
「日本の医療崩壊を食い止めてくれてる人たちは現場以外にもいたんだ!しかも危ない橋を渡ってまで!」
テメエの事だけ考えたら、試験は公平に行えばいいだけの話。賄賂や裏口入学もガンガン受け付ければいい話。
しかし「女医を減らす」ってのは、医大及び日本医療への貢献ですからね……。

「現場への忖度だけで、こんなアブねー橋を渡る勇者がいるのか!」
テメエが重病人だからですけど、感銘を受けました。
ホントマジ、日本の医療は数多の滅私奉公によって支えられている!

崩壊は時間の問題なんですけど、願わくばテメエの死までは踏みとどまっていただきたいもんです。

2018年8月16日(木)
76.8キロ


昨日キツネが、
「20時に上がれるから飲もうぜ」
と連絡してきましたが。
直行直帰のこちらは兎も角、他の二人も動かざること山の如し!
「もう晩飯だ」「家から動けん」と、完全なやる気なしお。

しかし冷静に考えれば、「ああ、コイツらはお盆休みか」と。
お盆で家にいる中、突然飲みに行こうといわれても動けるはずナッシン。
家庭があるのだから尚の事。

しかしそんな中、
「ジュゴンがガールズバーで5万使ったらしいぞ」
との情報が入り。
モンナシオの筈のジュゴンにそんな無駄マグが眠っていたとは!
「ストレスが溜まっていたんだよ!」
との事ですが、その行動力が凄まじい。
こちとら休みの日なんざ、必要なこと以外で家から一歩も出ませんぜー。

そしてキツネに至っては、「金曜、五千円の資金で大井に行く」とのこと。
近所のゲーセンじゃないんだぞ!
ネットで買うのなら兎も角、現地参戦で五千円の資金なんぞ、頭がイカれてるとし思えません。
挙句、「指定席も取る」とか。
おいおい、馬券代は残り幾らだよ。

「こちらは五万やると言われても大井なんざ行きたくもネエ」
「漬物石だな」
まったくだ。








なお今日から新ガチャ開始。
「日焼け召喚」だそうですが、キャラに魅力がない事この上なしお。
挙句、能力もクソと来てやがる。
一応回しますが、深追いは厳禁……。

なお、12万使った模様。
そんでたったの一体とか……。
回収ガチャもいいところやな。



2018年8月14日(火)
76.8キロ


ジュゴン「日曜の新馬でタヌキにナナコが乗るぞ!間違いなくゴール前にイクな!」
キツネ「輪乗りでイクとみた!」
タヌキ「字面でイッた!!」
デカン「意味が分からんぞ!」
キツネ「タヌキに菜七子ちゃんが騎乗位で跨るという意味やで」

そして迎えたレース本番
ジュゴン「タヌキは後方で見せ場無し。やはりパドックで発射して終わったか」
タヌキ「むしろ相当な遅漏やったぞ」

ウシャシャゲラゲラ!










相変わらずガチャ動画を見たりしております。

大金突っ込んで、星5を5枚重ねる動画とかは見応えがありますが。
無課金勢が20連回す動画とかは、「なんでこんなゴミを上げた!」ってな気持ちになりますね(何様?)。
動画上げるくらいそのゲームが好きなら、有償石で回せや!みたいなノリで。
いやまあ、これこそ「嫌なら見るな!」の典型例なんですけど。


2018年8月13日(月)
76.6キロ


ツイッターでこんなのがありました。

うつ病の人が遊びに行くのを許せない人が意外といるっぽい。僕もよく言われる。
ただの怠けと思っているのか「仕事には行けないのに遊びには行けるのか!」と痛い所を突いたつもりで言う人がいる。
何日も休んで体調整えて気圧や気温もマシな時だけやっと数時間息抜きしてるんだよ。マジで広まれ。


言わんとする事は分かるような分からんような……。
「鬱病なら遊ぶ元気なんてなくね?」
体調のいい時に、頑張って散歩するとかそんなノリなら分かりますが。
電車乗ったり車乗ったりとか出来ますゥ?
甚だ疑問なり。

友達に会うことすら全身全霊の気力を振り絞らなければならないとかそんな感じだと思うんですけどねえ…。
まあコレはあくまでテメエの経験則ですから、「人によって症状が異なる」のは理解出来ますけれど。
それでもやっぱり、「遊ぶ気力があるなら職場復帰しろや」とも思います。

「働く事」がテメエにとっても会社にとっても社会にとっても、最も大切なことであり。
闘病ってのは、そのための手段にすぎないわけで。
(働かずに食えるだけのお金があるなら別ですが)
「遊べるくらいに回復したなら復帰しろ」もむべなるかな。
そもそも鬱病なんてのは、布団に俯せのまま、ピクリとも動けないだろっていう……。

大体テメエだって、まるっきり完治なんかしてないと思いますもんね!
月曜から金曜までの勤労をヒーヒーこなし、土日は死んだように引きこもる。
それを繰り返しているだけ。
平日なんぞ、起きる時間も寝る時間も食べるものも同じ。ルーチンをこなすだけの日々。
しかしそれもまた人生よ、と……。

「他人に甘えんな!テメエがウンウン唸っている間にも、同僚は働いてるんだぞ!病気に理解を、とかフザけてんのか!このポンコツのダメ人間が!」
病人側はそれくらいのスタンスでいた方が良いと思います。
開き直って良い事なんてありゃしませんぜ。
鬱病だろうと、ガン患者だろうとそれは同じ。
まったくもって、「世間はお前らの母親ではない」とはよく言ったもんです。









22:14  http://blog.esuteru.com/archives/9169837.html  
22:15  ウメハラいつの間にこんな市民権得てたん?  
22:16  eスポーツ(笑)じゃないの?
  

いやいやいや、やはりダイゴ・ウメハラといったらカリスマでしょう。
「格闘」という単語で括れば、桜庭や魔裟斗以上の知名度が……いや言い過ぎですか。
ともあれ、ウメちゃんは日本におけるeスポーツの象徴。
魔裟斗と同じく、ウメちゃんが衰えればeスポーツ熱も衰えるんじゃないかってな勢いで……。
それくらい、一人の人物の双肩にジャンルが乗っかってるっていう……。

しかし事故率の高いスパ2でもコレですか……。
飛びが通ったらそれだけでラウンド取られるゲームで無敗とは……。
翌日の板ザンさんも無敗だと言いますし……。




2018年8月10日(金)
76.8キロ


「進撃の巨人」の最新刊、読みました。

アマゾンのヤロー、「金曜にお届け」とか書いておきながら、木曜に届けてくださりやがりました。
あまりの発送量と流通網の乱れに、表示変更が追い付いてないとかそんなノリなのかしらん。
そもそもにして、「マンガ一冊くらい本屋で買え」ってオチなんですけど。
もっと言えば、「キンドルで買え」っていう…。

ただ、「進撃の巨人」は全巻、紙で揃えてますので…。
ここから電子に変えるのもどうなのかな、と…。
「ハンチョウ」なんかは、すぐさまキンドルですが。

んで、感想としましては―――
相変わらず面白すぎてヤバセンヘビー。

「グラゼニ」や「へうげもの」ですら、後半は飽きて(=楽しむ能力が枯渇して)しまったというのに。
「進撃の巨人」だけは、未だG1級の面白さ。
これに比較すれば「ハンチョウ」など、準オープン。
「トネガワ」に至っては未勝利クラス。
「カイジ」なんてのは荒尾の砂よ。
(久々の競馬表現)





実際、この作者さんは画力がウリというわけでもないのでしょうに。
この襲いくるド迫力ぶりは一体何なのか???
まさにマッハの衝撃波マヤノトップガン。
この戦闘シーンの臨場感は、ドラゴンボールやガンツ辺りをも上回っているのではなかろうか、と…。

それに比べて、数多の「なろう小説」漫画版の薄っぺらさよ。
画力は高いはずなのに、世界がまるで絵本めいて見えてしまうのは何故なのか?
奥行どころか箱庭に感じられる体たらく。

「これはもしかしてアレか?資金力の問題か?」
原稿料も安く単行本も大して売れないであろう、無名の「なろう」漫画では、一ページにそんな労力はかけられない。
しかし天下の「進撃の巨人」様ならば、大量のアシスタントを雇用して病的な書き込みが出来るとかそんなノリ?
CGの薄っぺらさではない、無限の広がりを感じる恐るべき背景よ。
まさに漫画界のハリウッド。

今巻で、またまた主要人物が死んでしまった事はショックでしたが。
周りから名前を呼ばれるまで、誰が死んだのか分からなかったのもショック。
書き分けを判断する能力が、た、足りない……!

まあ兎にも角にも面白いですので。
言わずもがなでお勧めです<m(__)m>
アニメは見てませんが……いつかは見た……いやムリでしょうね。







そしてアニメと言えば。
いつの間にやら「元寇合戦記」のアニメも始まっているようで。
「アニメ化」を聞いた時は正気か!?と思ったものですが。
なんか好評のようで何より(どこから目線の何様モード)。
頑張ってほしいもんです(だから何様?)。






そんで明日からトパンガリーグが始まるそうで。
スト4の頃ならオンライン予選の頃からワクワクしていたものですが、今となっては唸るのみ。

先日、ボンちゃんのサガット放送見ましたが。
なんでスト5は、あんなにも動きがもっさりなのか。
小技からのキャンセルタイガーニーとか、もっさり過ぎて「どうしてこれが繋がるんだよ!?」の世界。
ガード音もダサいし、とにかく見ていて爽快感がゼロナッシン。

それでもサガットからはスト4の香りが漂ってきて、見ていてギリギリ楽しかったですが……。
奇数のストシリーズは駄作説を提唱しますか。



2018年8月8日(水)
計量前


相変わらず書く事がゼロナッシン。
起きて会社行って帰ってきて寝るだけの日々。
何も書けないのも、むべなるかな。
何も起きないのも、むべなるかな。

しかし今更ながら、ようやく思い至ったのは。
「書く事がないんじゃなくて、書く気力が無いだけでは…?」

だって、なんか創作めいた事してた時期だって、別に今と変わらない生活なわけで。
それでも日記に書く事はわんさかあった筈。
しかし今やこの有様、惨状、体たらく。
何をかいわんや、何をも言えんや。





なお本日は台風接近に伴う交通機関の乱れを避けるため、二時間の勤務解除が発令されました。
勤めるべきは社員を大切にしてくれる会社で御座る也。








02:06  電気刺激はたいしたことないですよ。俺は痛いとは感じませんが強さにもよると思いますがさすがに10年前とは進化してますよ。ジェルは月々4000円くらいですかね。月に使ってる競馬の額に比べればたいしたことないですよ。デカンさんのガチャに比べたらゴミみたいなもんですww。気長に1年は様子を見ようと思ってますなカフェより  

確かに、電極をそのまま貼り付けるトレリートと比較して、重厚感ありますよね。
値段もお手頃ですし。
なんか効きそうな雰囲気に満ち満ちてます。
ただ、トレリートと違い、腹にしか使えないデメリットはあるのでしょうが……。

どちらにしろ、何か他の作業をしながらでも筋トレ可能なのがこれらの魅力!
気長にやるには一番と言われれば確かにその通り。
ただ、効果の乏しさに結局は筋トレを始める流れは変わらないと思われますが如何なりますか……。




2018年8月7日(火)
77.0キロ


昨日は会社休んで、EVOの決勝見てました。
「problemX強すぎィ!」
「来週の情熱大陸は見なければならんな!無論、録画で」
そんなノリで、まあまあ面白かったのですが。
会社休んでまでするコトかと言われれば……なんとも微妙。

今までは、「スト4はあんなに面白かったのに、スト5ときたら……」と思っておりましたが。
もしかしてもしかしたら、スト5がツマラナイのではなく、格ゲー観戦に飽きてきたとかそういうオチかもシレマセヌ。
野球すら飽きが来つつあり、競馬などとっくに飽きてしまった昨今(日曜のサンマルティンで-15000円でしたがね…)。
動画勢である事に飽きが来ても、何ら不思議ではない!

結果、頭を抱えて呻くのみ。
「どんどん楽しめる事が減ってるじゃねーか……」
格闘技に飽き、野球に飽き、競馬に飽き、格ゲーに飽きって、もう何が何だか。

しまいには「生きてる事に飽きた」とか言い出しかねん。
はたまた、「息をするのもメンドくせえ」か。
おお、嫌だ!







唯一の習慣であるソシャゲにしてから、「19日までコラボイベ」って事で、何もする事ナッシン!
日々のルーチンをこなすだけ。
「せめて新ガチャくらい出せや!」
唸るのみ。

実際、FGOのガチャ動画とか見てたら、羨ましい事この上なしお!
「ガチャは安いし、ピックアップは頻繁にあるし、一枚重ねるだけでも強くなるし、最高レアが凸後に重なったら引換券のカケラに変わるらしいし」
全てこちらがガチャに望む要素!
おまけに最高レア確定の福袋までありやがる。

ホントマジ、どうしてFGOに手を出さなかったのか。
「この世界観に興味がなかったからなあ……」
本末転倒也。

ですが、FGOガチャの演出や音楽はクソだと思ってます。
月商100億のマグが唸りを上げてるんですから、頻繁に変えればいいのに。
いや、それこそ外野の大きなお世話か。
今のガチャでバキュームしてる以上、変える必然がゼロナッシン。








09:28  日記のネタになるかどうかはともかくシックスパット買いました。医者から内臓脂肪が多いと言われたので機械に頼って鍛えてます。もう先が長くないんだなぁと思う今日この頃のカフェでした。  

それは素晴らしいアイディーア(トネガワ風)。
自分も十年以上前に、同種のマシンであるトレリートを買いまして。
筋肉にビリビリ刺激を与えていましたが。
「こんな痛い思いを30分もするくらいなら、筋トレした方が早くね?」と……。
なによりジェルパットが長持ちせず、ランニングコストも馬鹿にならなかったですからね!
それがテメエの筋トレのきっかけでございます。

アマゾンのレビューを見ると、そこらへんはあまり変わっていないようなので。
「筋トレへの導入品として優れているんだよなあ、コイツらは」と頷くのみ。

ですからカフェさんも、半年後にはテメエの力でフンフン腹筋を始めているはず……。


2018年8月3日(金)
77.0キロ


現在テメエがプレイしている「戦国アスカ」もそうですけれど。
織田信長卿は、女性化されられたり転生させられたり身体を乗っ取られたりと、現代創作のオモチャと化しておりますが。
同じように、豊臣秀頼公がオモチャにされないのは何故なのか?



すなわち、太閤殿下死後(生誕直後でも可)の秀頼様に現代人が転生。
「ヤベー、このままじゃオレ、16年後に切腹じゃん!」って、必死に歴史を修正しようとするとかなんとか、そんなヤーツ。

「とりあえず内府を殺そう。そうすれば安泰やろ」って、本丸に呼び出して小姓に討ち取らせる。
6歳児の命令とはいえ、神がかったようにハキハキと命令を下す姿(中身は大人なのですから当然、言葉遣いは転生スキルで会得)に、側近連は「さすがは天下人」「日輪の御子よ」と勝手に平伏。
「後はまあ、内府が謀反を企んでたとか言っときゃいいやろ。そんで徳川は大減封や。そしてその領土を朝鮮渡海組に分配する。これで内部抗争も落ち着くやろ。徳川が文句言ってきたら、渡海組に応戦させる。切り取り勝手と言えば、渡海組も佐竹も上杉も燃え上がれガンダムになるってなもんよ」
―――などと高をくくっていたら。

徳川秀忠を中心に、豊臣恩顧までも結集して大阪城に攻め寄せてくる始末。
「なんでやねん!」
後年伝わるほど、豊臣恩顧の将など存在しなかったという酷いオチ。
それ以前に、「律義者で通ってる人望溢れる大番頭を無実の罪で謀殺したら、そりゃ臣下の心は離れるでしょ。現代だってカリスマ社長が死に、幼児が後を継いだ途端に、優秀な副社長をクビにしたら、どうなるかは火を見るより明らかやで」みたいな。
「アカーン!戦国時代を舐めてた!」

とはいえ、堅牢無比な大阪城に籠っている限り、当座は安心。
「信じられる宇喜田の兄貴と石田の旦那と立花宗茂辺りに助けてもらうしかないで!」
「いやその人らも包囲軍に加わってますよ」
「なんですとー!?」
秀頼様御乱心で押し込めエンドの体たらく。


とりあえず転生再開。
「くそー、早期謀殺はアカンかったか。それなら無断婚姻だの二の丸接収だの、専横の態度を隠さなくなってきたところで殺るしかないか?最悪、関ケ原の合戦を迎えても、オレ自ら出陣すれば豊臣恩顧はこっちにつくやろ」
「いやだから、豊臣恩顧なんて存在しないんですって。戦後に蔵入り地を勝手に切り分けて喜んでる時点で、忠誠度ゼロナッシン。関が原に秀頼様が出て行ったら、これ幸いと討ち取られますぜ」
「通説と違いすぎる!現代の知識なんて役にたたねー!」
呻くのみ。

「こうなったら、経理部長の長束と膝詰め会談や!240万石と全国の金山銀山で総動員かけたる。そうすれば西軍に+8万人や。そんで最新の通説に従い、岐阜城に集結。立花宗茂も当然呼び寄せるで。東海道の秀忠軍が合流しても、こっちが上や!無論、小早川や朽木なんてのは真っ先に殺しておくで。そんで東軍に猛烈な切り崩し工作をかけたる!これでどないや!?」
「毛利が裏切って、大阪城を接収されました。東西挟撃により西軍は戦前に瓦解しました」
「なんでやねん!!」
これが歴史の収束力というヤツか。


「チキショー、残機がゼロになっちまった。今回は慎重にいくで。戦争はアカン。徳川には勝てん。となれば素直に禅譲や。豊臣は公家として生きるで。公儀は徳川に任せた!」
ところがどっこい、
「公家に60万石は多すぎませんかねえ?」「公家にお城も黄金も不要ですよねえ?」
「ヒイイ!ケツの毛まで抜かれた!家臣の一人も養えねー!これじゃ、どうぞいつでも殺してくださいやで!」
事実そうなりました。
「酷すぎる酷すぎる!!」




どうあっても天寿を全うできない死にゲー。


2018年8月2日(木)
76.4キロ


なんか宇宙人だか魔物だか死神だかが、地球に攻めてくる夢を見ました。

そのバケモンどもは、ニオイで人間を探し当ててくるので、隠れる事に意味はなく。
それどころか全人類の名簿とニオイ帳を所持していて、殺したらそれを消し込んでいく丹念さ。
「逃げ場ゼロナッシン!」
絶滅待ったなし!

閻魔帳や、嗅覚に優れたモンスターネタはありがちですけれど。
それの複合技たるや、恐ろしい事この上なしお!

テメエは耳なし芳一よろしく、日本風家屋の魔法的結界の中に入って、ニオイが漏れないように籠城しておりましたが。
籠城仲間が外の呼びかけに応じてしまい(当然それはバケモン)、アジャパー。ジ・エンドオブジェネシス。

―――文章にすると、まったくもってクソ面白くもない内容ですが。
ドリーム臨場感により、なかなかのスリルでした。





―――とまあ、何が言いたいかって要するに、夢の話を書いてしまうくらい、「日記に書くことがナイザマス!」なわけで……。
ここんとこ、仕事行ってガチャ回す以外、何もしていない気がいたします。
マンガとかやる夫スレは拝見してるんですが……日記に書くほどの事でも……。

あーでも、「やる夫の天狗党」スレさんを再読したのですが。
これがまあ、メチャクチャ面白かったですね!
通しで読むことで新たな知見が得られたと言いますか……。

物語性といい、テーマといい、やる夫スレの範疇飛び越えて、小説とかドラマにするのにピッタリだと思いました。
甘さと苛烈さが共存している様は、普通に歴史漫画としてもイケるはず……!

実際「やる夫スレ」って、「やる夫創作だから面白い」タイプと。
「やる夫じゃなくても面白い」タイプがありますよね。
「天狗党スレ」さんは典型的な後者だったな、と…。
漫画化に当たっては、やる夫とやらない夫の友情をもっと見せておく必要があるでしょうけど。



2018年7月31日(火)
76.8キロ



ランイベも終わり、次なる「戦国アスカ」イベントは、「なのはコラボ」だそうで……。

歴代コラボを記憶の限り思い返してみると、
「戦国やらいでか」
「棺のチャイカ」
「機巧少女は傷つかない」
「織田信奈の野望」
「ゼロの使い魔」
「とある科学のレールガン」
「ニューゲーム」
「ダンガンロンパ」
「閃乱カグラ」
「Reゼロから始める異世界生活」
そして今回の「なのは」……かしらん?

見事なまでに、「やる夫スレ以外の知識が無い!」状態。
原作を読んだこともなければ、アニメを見たこともない!

ソシャゲ運営はコラボが大好きで、原作ファンを取り込む販促イベだって事は理解しておりますが。
個人的には大の苦手で御座います<m(__)m>

「○○をやっているのに、違う作品を持ってこられてどうしろと!?」
ハットリ君+パーマンならまだしも。

とはいえ、ストリートファイターコラボならギリギリオッケーな気がしないでもない辺り、要するに「よく知らない」事が最大の原因か。
しかし「ディエスイレ」コラボやられても、まったくそそられないし、よー分かりません。

とりあえず今は、35万の金策で頭がいっぱいに御座る也。
借金の森で迷うアリス。
どーしたもんか。


2018年7月30日(月)
76.8キロ


グオオオオオォォォォォォォ……!

月末恒例のガチャフェス(武神祭)が始まったので、150連(課金4万)ほど回したみたのですが……。
フル覚醒してるゴミ一体以外、何も出ないという大惨事でしてね……。
1.5%の時でも110連も回せば、目的の限定手に入るのが常なのに。
倍の3%で何も出ないとは一体……。
これで今月1140連!!
そろそろ頭が痛くなってきましたぜー。

まあ全て自業自得なんですが。
来月からは真面目に生きよう、そうしよう。







しかしそんな舌の根も乾かぬうちに。
「なんかそろそろズル休みがしたい」といった体たらく。
今週、仕事ヒマそうだし。
テキトーに有休入れて休みたい。

しかし問題は、「休んだところで、やるべき事がゼロナッシン」という悲惨な現実でしてね……。
家でゴロンチョして終わるくらいなら、まだ仕事してたほうがマシかもシレヌ……。


2018年7月27日(金)
76.2キロ




この前の東洋経済のネット記事でしたっけ?

「新入社員が二年も経たずして辞めるのを防ぐために、運動会やら社員旅行やらの団体活動が必要だ」みたいなコラムが掲載されて。
それを読んだ人たちが、「離職率が上がるだけやろ!」「この世の地獄じゃねーか!」と非難轟々、みたいな。

いやまあ、まったくもってその通りな話ではあるのですが。
「離職率の低い職場」ってのは、「給料そこそこ」「仕事ラクラク」「人間関係良好」「ノルマゼロ」「福利厚生バッチリ」「有休消化率100%」みたいなトコロですからねえ……。
このご時世、どれだけの会社がそれを実践出来るのか。
(まあそういう会社でも『自分が成長できない』とかホザいて辞める人はいますけど、ハナから入社する会社を間違っている輩になんの成長率があるのかっていう……)

「ぼく(新入社員)がかんがえたさいこうのかいしゃ」を実現できない以上、それ以外の何かに団結力を求めるしかないわけで。
「休日を潰しての社員旅行」などというコキュートスに発想が行き着くのもむべなるかな。

そもそもにして、「プライベートを重視してくれる会社」の労働効率性が高いかってったら、別問題ですからねえ……。
給料を上げたところで、来年は「もっと上げろ」と言ってくるだけですし、経営者が奴隷商人になるのも致し方ナッシン。

やはり労使協調こそが日本的労働システムか。




2018年7月26日(木)
76.8キロ




今日も今日とて、LINEにて。

キツネ「超有名芸能人の再現VTR撮影が入った!三時間半で85000円稼いだ」
タヌキ「本業より儲かるな。しかもオール利益!!」
キツネ「料理とノンアルコールビールで2万稼いだのがデカい。さすがゴールデン、金持ってる」
デカン「もはや財テクやな」
キツネ「デカンならガチャ一日で終わりだな。ガチャガチャガチャチャ」

……よくご存じで。
酷いオチ。




2018年7月25日(水)
77.2キロ


ガチャの末路ゥー!

恐る恐る楽天のカード情報を見てみたら、8月のクレカ引落が33万円に到達しておりました。
ここから更に上積みがあると思うと、さすがにゲンナリオ。
月末ガチャなどと言っている場合ではない。
誰かめぐんでくんろ!マニーマニー!




そして昨日の大惨事(大金かけて凸したキャラが一週間で産廃)を食らったプレイヤーが、自分の他にもう一人いらっしゃった模様。
諦観の境地にいるこちらと異なり、怒髪天になってしまわれたご様子。
気持ちはわかりますが、金額的な被害はこちらより少ないようなので、元気を出していただきたいところ。
何しろこちとら「880連だ!3倍だぞ3倍!」状態。







それにしても「堕天作戦」は、キャラがよく死にますねえ。
しかもそこに重みやカタルシスは一切なく、「戦争だから」という理由だけで淡々と死んでいく。
(まるで「ファイアパンチ」や)

無論勿論、それこそがこの作品の異彩であり魅力ではあるのですが。
キャラ萌えが全エンタメの中心思想になっている今、さすがに異端に過ぎるのでは……。
いや、メチャクチャ面白いんですけど。
唸るのみです。







キツネが、「タヌキのカミさんの別荘は、ウチらで使わせてもらえるのかい?」と言い出し。
タヌキは、「別に構わんが、俺もついていくのが前提だぞ」と応じ。
実現する可能性以前に、そもそも誘われるのかどうかすら分からない旅行企画が出来た模様。

別荘とは、「長野の山小屋」との事ですが、真っ先に出てきた言葉は、「殺人鬼に襲われそう」。
ホラー映画の見過ぎや!

戯言はさておき、車で行くにせよ新幹線で行くにせよ、「荷物の準備」「最寄り駅までの移動」を考えただけでゲロ吐きそうになる体たらく。
そこから山小屋に行き遊ぶなんざ、今の精神状態では拷問に近いやもシレヌ。
タヌキの言う、「新潟行って競馬やって温泉入って帰ったほうが楽しいぞ」もむべなるかな。

まあそのいずれも、今のこちらにはとんでもはっぷん。
休日はひたすら引きこもり、ヤクを嘗め嘗めしながら、スマホをポチポチが性に合ってるってなもんです。


2018年7月24日(火)
76.0キロ


ウオオオオアアアー!!(ダディクールのAAで)


880連という天文学的なガチャと、年に一回しか販売しない貴重な凸アイテムを使用して、どうにかこうにか4枚引き(覚醒+3)を達成した水着上泉。
それだけ執着した理由は、覚醒+3になる事で「攻撃時、必ず相手に『消沈』を与える」という効果が追加されるから。

「消沈」は相手の奥義ゲージを時間経過で減らすデバフで、これを当てると事実上、相手の奥義の封印になる上。
防御方法が「全耐性防御」しかない為、21万費やす価値があると思っての底なし沼ダイブでしたが……。

一週間も経たずして、運営が「消沈耐性武器の配布」を決定。
めでたく「消沈持ち」は産廃と相成りました。


「ってフザケルナ、コノヤロー!!」
やっていい事と悪い事があるだろ!!
大体、比較的新しい状態異常である「消沈」を無効化して、古くからある最悪の状態異常である「魅了」を放置とはどういうこっちゃい!!
テンプテーションくらい見切らせろ、オラー!!

基本的にこちらのデッキが「消沈」で構成されている事もあり、一軍を全否定された感。
運営のさじ加減でバランスリセットなのがゲームの常とはいえ……。
あまりと言えばあまりの仕打ち!!
21万返せ、コナクソー!!

しかしこんな仕打ちになってもなお、「まあいいか」とばかりにモチベが大して落ちていないのも恐ろしい……。
古くは「気が遠くなるほどの手間と時間と金をかけて経験値1.5倍キャラを獲得したら、その二週間後に同様の能力のキャラが誰でも手に入る仕様に変更された」って事もありましてね……。
この運営には裏切られてばかりなので、正直今回の水着ガチャ後に「消沈耐性武器配布は有り得る」と踏んでいなかったと言えばウソになる体たらく。
もう好きにしてくんろ!








「ワタモテ」13巻読みました。

しかし如何せん、ここいらから「記憶をリセットして毎日読む」を実践していただけに。
次のページのセリフまで鮮明に覚えている体たらくで、新鮮味かゼロナッシン。
オマケページ以外、速読通り越して、すべて飛ばしてしまいましたよ。
連載中に何度も読み返すのも問題アリの模様。
しかしこれが「ワタモテ」の楽しみ方なのですから、致し方ナッシン。

「進撃の巨人」のように全情報シャットアウトして単行本を楽しむとは、なかなかいきませんです。






2018年7月23日(月)
76.2キロ


ガチャ報告ゥー!

水着ガチャが終わったと思ったら、今度は「百鬼夜行ガチャ」が始まり。
性能的にもビジュアル的にも微妙でしたが、「まあ新ガチャはとりあえず回すか」と……。

結果、限定星6引くまでに110連もかかっちまいましたよ!
これで今月トータル990連!
あと10連で大台の1000連ガチャ!!

うーむ、我が事ながら恐ろしい……。
8月のクレカ請求を見るのが怖すぎますですな。








あまりの暑さに、脳とか皮膚とか理性とか何かが溶けてきてもおかしくない昨今。
皆々様も生きておられますか?
こちらはなんとか生存、デカンに御座います<m(__)m>
いやさ、ガチャの熱に脳がやられているかも。

先日も書きましたが、駅前でマンションを建築してる方達を見ると、ホントマジ頭が下がるといいますか、「いのちをだいじに」ってなもんですよ。
「こんな暑さで身体動かしてたら冗談抜きに死ぬぞ」もむべなるかな。
働いている方はもちろん、外へ出る方もお体にはお気を付けください。

つくづくテメエは、外に出なくて済む仕事でよかった。
営業で外回りとかやらされたら、それだけで即身成仏!
よくもまあ昔の自分はこんな時期でも走ったりとか出来たもんです。
別人説まである。







22:12  ガチレズさんは交友関係広くて独占できないしマウント取れる相手でもないですからね  
22:13  そういう意味でもこっちは都合に良い相手だったはずなのにいつの間にかハーレムが出来ててオイオイ話が違うじゃねーか状態
  

今の百合ハーレムないし、友情展開にゆりちゃんは必須ですから、そこに疑問を差し挟むのは無粋といったところではありますが……。

ゆりちゃんとガチレズさんは、おそらく小学生以来の付き合いなだけに。
もこっちへの執着は、やはり作劇上の都合なのか、とも…。

ネモにしたって、パイナップルさんが「オタク趣味も含めて理解してくれた」のに。
高一からの親友と同じレベルでもこっちに好意を寄せる理由も今一つ……。
やはり吉田さんの、「基本、ヤンキー仲間が一番」「事情があったり誘われたりすれば、ゆりちゃん達と付き合う」くらいが普通なんでしょうね。

しかしそれだと相変わらず、もこちゃんがボッチ化してしまうだけに……。
「まあ路線変更なんだろうなあ」とも。

いやさ、ゆりちゃんからすれば、修学旅行での体験はそれほどまでに強烈だっのか……。
ってそれ言い出したら、うっちーはどうなんだって話ですけど。

2018年7月20日(金)
76.8キロ


今週の「ハンチョウ」に出てきた「高校球児が大人に見える」論ですけれど。
これは球児に限らず、プロ野球選手なんかでも、そういうのありますよね。
気が付いたら、「子供のような年齢のプロ」が出てきているというのに、常に年上のイメージ。

小学生の頃に地元の高校の文化祭に遊びに行っていたのですが。
そのせいで、今でもその高校には「謎の年上感」がありますからね。
子供の頃の印象は、かくも強いということなのでしょう。

大体、大槻班長にしたって、「気が付いたらテメエが年上になってた」って酷いオチですからね!
地下チンチロをやってた頃は、まだ二十代前半だった筈……!
おお、嫌だ!

更に気が付けば、「永遠の年上」である赤木しげるの年齢すらも超え。
遂には「ワシヅの年齢をも超えてしまう」のでしょう。
おお、嫌だ!!

無論勿論、「その前に死んでるだろ」なんてのは言わずもがな。








ガチャ報告ゥー!

更に4万追加し、どうにか最後の一体を引きましたぜー!
(;゚∀゚)=3ハァハァ ゼエゼエ
「どうだ見たかコノヤロー!」状態。

んで結果的に、またまた25万使ってしまう大惨事。
うーん、予定調和。
クレカの引落金額は見なかったことにしませう。
金策は後でどうにかします(廃人)。






「ワタモテ」読みました。
もこっちの咀嚼シーンが可愛い。
ゆりちゃんが、長い付き合いであるガチレズさんより、もこっちと仲良くしたがってるのがわからない。
ガチレズさんは博愛だけど、もこっちは偏愛なんじゃろか。



2018年7月19日(木)
77.0キロ


ガチャ報告ゥー!

諦めきれず再度アマゾンコイン50000を購入。
160連スタート。

しかし遂には、限定どころか恒常の一体すらも出ず。
排出率が1.5%に上がってから、5万課金で星6ゼロは最低記録やもシレマセヌ。
おかげで財布も心もバキバキに折れました。
「撤退だ!」
その決断も致し方ナッシン。


最終戦果は―――

投資21万
水着上泉2体
水着小出3体
恒常7体
水着立花28体

と相成りました。
限定星6を5体引いたのですから、FGOなら完凸というヤツでしょう。
その意味で、確率的にはまあまあだったのかもしれませんが……。

前半の12万で5体引いて、後半の9万で0体というのは、さすがに確率の偏りが過ぎるというもの。
スロで「遠隔だ!」と喚く人の気持ちが理解できましたよ。
13万投資時点で、運営が回収テーブルを出してきたのやもシレマセヌ…。
「コイツ、幾らでも出すンゴ。吸い取るンゴ」
なにしろ後半330連で、星6は恒常が1体のみでしたからね……(そして更に後半160連は完全にゼロ)。

ガチャの底なし沼を久々に思い知りましたぜー。
まさに自業自得の蟻地獄!



2018年7月18日(水)
77.0キロ


ガチャの結果報告ゥー

130連目で一体目の限定(しかも二枚抜き)が出ましたが。
どうにかしてもう一枚重ねたかったため、残った石だけでは飽き足らず、追加で11万(!)課金。

合計600連!17万の大勝負!
「これなら、あと一枚くらい出るやろ!」

しかし当然のように、その後は一枚も出ず。
11万円の追い課金がパー。
こ、これがガチャの現実……!
て、天井さえあれば……!

さすがにもう、逆さに振っても鼻血も出ません。
しかし気が向けば週末あたりにもう一度チャレンジします(廃人)。
4枚引いての覚醒技「攻撃時に必ず消沈」は、それだけの価値がある!……ような無いような……。
テメエが既に消沈しているのは言わずもがな。




まあそんなこんなの自業自得で生きる気力がゼロナッシン。
横浜も負けるし、何も楽しいことがアリマセヌ。
無念無想で日々の仕事をこなすのみにございます<m(__)m>






オヤジの友達の地主さん(大金持ち)が、駅前の土地に三階建てマンションを建てているのですが。
一階がコンビニで、二階と三階が賃貸。
独身者用のワンルームと、家族用の2LDKが合計20戸あるそうで、ざっくり家賃収入を月に200万として。
コンビニの家賃を月100万とした場合、合わせて300万。
年間3600万となり、不動産屋の手数料と修繕費・管理費を引いて、粗利を3000万と仮定。
そうなると10年間で3億円。
しかし「建築費は3億以上だろうなあ……」と。

つまり10年経っても元が取れない不動産投資。
20年も経てば、建物の価値はどんど劣化していく。
リフォームが必要になり、その費用まで計算に入れると……。
「ぜってーこんな投資したくネエ!」もむべなるかな。
「儲かるどころか、業者の食い物にされてるだけやんけ!」

無論勿論、その答えは、
「儲けるためじゃなくて、税金対策と相続の為だから」
という、いつものオチ。
唸るのみ。

世の中(税制)は「金持ちに金を使わせるよう出来ている」!
金持ちに損失を強いて、建築会社や付随する産業を儲けさすように出来ている!
「資産をホールドして、経済の血栓を作ることは許さん!資産は強制的に流動させてやる」状態。
まったくもって、よく出来た世の中です。
「金持ちには金持ちの苦労がある」とはこの事か。


2018年7月17日(火)
76.8キロ


朝っぱらから、「トイレが詰まる」という大惨事に見舞われもうした。

目覚めとともにブリブリとウンチをし、出勤前にもう一度トイレに行くかとドアを開けたところ。
便器に汚水がなみなみと。
「なんじゃこりゃあ!!」
顎が抜け、腰が砕け、目の玉が飛び出ます。

こうなったら「神器・スッポン」を使用するしかないのは分かっておりますが。
問題は汚水が便器の淵まで来ていることで、「スッポンを突っ込んだだけでも決壊しそうだ!」という、核弾頭級のクライシス!
「打つ手ナッシン!!」
頭を抱えるより他に術も無し。
週明けからこんなアクシデントに見舞われようとは……!







昨日のAmazonプライムセールでは、色々買いました。
タブレット、シェーバー、ビジネスシューズ、ワイシャツ、サンダル、その他諸々で6万円ちょい。
特にタブレットは買おうとしていた代物が、プライムセールで四千円も値下がりしたため、いい買い物となりました。
「引きこもりにとってのセールはAmazonやな!」
百貨店など、とんでもはっぷん!
鬱とか関係なく、外に出ただけで溶けちまいますぜー。



そして本日15:00より「戦国アスカ」の水着ガチャがスタート。
好みのキャラじゃない&能力・施設も最低と、まったく心躍らないガチャですが。
既に6万分の玉が唸りを上げております。
「最低でも一体、出来れば二体」
とりあえずはその心意気。

しかし何も得られず「6万がパー」も普通の結末なだけに……。
「同じ6万でもえらい違いや!!」
呻くのみ。
(なお二年前の水着ガチャが25万投資という、一回のガチャにかけた金額の最高記録で御座います。再来はケンベン)









19:26  http://nijitoraware.com/archives/87610  
19:27  師匠、仲間が集まっておりますぞ!  
19:27  ちなどーしても一人に絞れって言われたらメイ様
  

いやー、懐かしいですね!
時折こういうまとめ記事が載りますけれど……しみじみと「やっぱり最高や!ソシャゲなんて要らなかったんや!」ってな気持ちになりますよ。

そしてメイ様の外伝画像(後ろ姿ですけど)が可愛かったので、久々にプレイしようとばかりにアーカイブを検索したら。
「(本編以外は)売ってネエ!!」という酷いオチ。
あんまりだ!あんまりだ!

今更どこにあるかも分からないPS2なんぞ起動できるかボケー!状態。
エミュ持ち以外はプレイするなってのか!酷すぎる酷すぎる!

コナミのヤロー、経営が順調だからって小銭を稼ぐ労を惜しんでやがる……。
「当たり前だろ」と言われれば、ぐうの音も出ませんが。




2018年7月13日(金)
77.4キロ



7月から「戦国アスカ」の運営会社が変わったそうですが。
それに伴い、アマゾンコインの還元が激減した感。

毎月上旬に一回、15%還元の日があって。
その日に課金するのがルーチンと化してましたが。
7月は15%どころか10%すら来ない。
本日ようやく5%が始まったというレベル。
「渋すぎだろ!」

代わりにイベントやガチャが豪華になったってんなら納得もしますが。
「イベントは復刻!」「ガチャは六回目の復刻!」
挙句、不具合は放置!
新機能実装も放置!
「やる気あんのか!?」もむべなるかな。

今月は様子見で、来月から本気を出してくれるよう祈るのみですが……。
不具合続きには、さすがにこちらもモチベ激減也。
遂にレベルもカンストしてしまいましたし、このゲームを楽しむ余地はどこ……ここ……。



2018年7月12日(木)
77.4キロ


「ヤベーよ、21時15分には部屋の電気を消しちまったよ。翌朝6時までスヤスヤだぜ」

という……。
「ニートや大学生だって、ここまで寝ちゃいねーんじゃねえか?!」という体たらく。
ましてやリーマンをや。

「寝てない自慢はウザい」なんてのは、手垢がつきまくって原型すら留めちゃいませんが。
「寝すぎてヤバい」は、どのジャンルに属するのやら。
食欲と性欲の減退を、そっくりそのまま睡眠欲が引き受けてるまである。

「とはいえ、『睡眠には体力がいる=だから年寄りの朝は早い』は定説だからなあ。それだけ寝れるって事は、体力があるって事じゃねーの?」
「いや、抗うつ薬と風邪薬の併用による睡眠効果でね……」
ダメじゃん、といったノリ。

人生の1/3どころか、2/5を寝ているような気がします。
「お休みと言ったがこの世の別れ」になりかねマセヌな。







キン肉マンを読んでいて、ふと思ったのですが。
「敗北した完璧超人は自害しなければならない」という、完璧の掟。
ガキの頃はムチャクチャだと思っておりましたが、「始祖シリーズ」が終わった今となっては評価一転。

何しろ完璧超人は、「不老の体を与えられ、永遠の修行に明け暮れている」わけで。
抜群の才能を持っていた者が、老いることなく不断の努力を続けている―――
そりゃ「パーフェクト」だの「神」だのと自称しますわ、と。

そしてそんな彼らが。
年老いて死ぬ普通の超人相手に負けるという事は。
「オレの修行はいったい何だったの?」と…。
自害の掟がなくとも、あまりの恥ずかしさに腹を切りたくなるのもむべなるかな。

ネメシスにしても、スグルより百年以上修行していてアレ。
自害やむなし、と唸るのみ。

だって完璧同士の戦いに自害の掟は適用されず、延々トレーニング出来るわけですもんね。
それが他流試合で負けたとあっては……侍でも切腹しますわ。
―――なんてな事を思いました。

ただ、始祖たち(特にジャスティス)は不老を失って老いていく事に恐怖は無いんでしょうか?
数億年かけて鍛えてきたモノが、ほんの十数年で失われていく恐怖ったら、それこそ自害するレベルでは……。
いや、そんな精神力で数億年の鍛錬は務まらないと言われればそれまでですけど……。


2018年7月11日(水)
77.0キロ


子供より先に親が死ぬのは、悲しい事ながら自然の摂理というものですけれど。
過労やら天災やらで我が子を失った親の悲しみたるや、いかばかりか。
手間暇かけて子供を育て、惜しみなく投資をした結果、「あっと言ったがこの世の別れ」では、泣くより他に術も無し。

既婚と未婚を「アリとキリギリス」に例えるいつもの論理で言えば。
「冬の為に備蓄した食料を洪水で押し流され、アリは餓死」みたいなオチですからね。
まったくもって、やってられず。

キリギリスがキリギリスめいた末路を迎えるのはインガオホーですが。
アリがアリたるの幸せを奪われるのは、なんたる不条理か。

まあ自分なんかも東京大地震が来て、地獄の苦しみを味わうのかもしれませんけど……。
天災遭遇とナスボーカットだけは無縁の人生を送りたいもんです。

……いや、ガキの頃に川が決壊して自宅が冠水した事があったから、あれを天災とカウントすれば、既に経験済みとも……。








セレクトセールが好評のようで。
億越えの馬がポンポコ落札されていき、景気の良さを実感すると同時に。
「これは金持ちにとってのソシャゲやな」と唸りました。

ソシャゲの目的ってのはレアキャラを引き当てた事による自己顕示であったり、他プレイヤーより抜きんでる事による俺ツエーであったり、色々あるのでしょうけど。
「金持ちが高額馬を買う」ってのは、まさに類似行為であると……。

「元が取れる筈無いのに」「高額馬を買い漁る」なんてのは、ソシャゲに突っ込む輩と同じ心理。
やはり人間、幾つになってもクジを引きたいんですよ……。
金持ちには金持ちのクジがあるってだけで……。

なんかそんな事を思いましたが如何なものか。

2018年7月10日(火)
77.0キロ


そういえば兄貴が大腸ポリープの手術を受けたとか。
こちらなど既に三度は摘出しているだけに、「胃カメラと大して変わらんよ」と思っていたら。
「思いのほか大きかった」との事で、その日は様子見になったとかなんとか……。
「うーむむむ」唸るのみ。

いやそのポリープがガンだとは、これっぱかしも思いませんが。
二児のパパとして、今死んだら一番シャレにならんのが兄貴なだけに……。
高額な定期保険に入っているよう祈るのみ。
いや違う、回復するよう祈るのみ<m(__)m>

なお、今死んでも誰も困らないのがテメエの模様。
それでいて高額な定期保険に入っているのですから何をかいわんや。
「この保険はどう考えても意味がない!」
「テメエが60までに死んだ時、金を遺すべき相手がどこにいる!?」
そうは思えど、20年近くかけている保険なだけに。
今更辞めるのも勿体ないかなと思い、なんとなく続行。
一応、60歳過ぎたら少額の死亡保険金と医療保障は続くので……。
「老後に破産しても、最低限の葬式代は残るやろ」みたいな……。

ともあれあれ。
ここのところの著名人死亡や天災なんぞを見ていると、ホントマジいつ死んでもおかしくない年齢だと思えるだけに。
テメエにせよ家族にせよ、死の覚悟は決めておかねばならないなあ、と。
「後悔の無い人生を送らねばならん」とはよく言ったもんです。
やりたい事があるなら何でもやっておかなければ。

現状、その「やりたい事」が「自室でゴロゴロ」になっているのが大惨事なわけですが……。
どうしたもんか。
呻くのみ。

2018年7月9日(月)
76.2キロ


またまた三連休をマンコツしておりました。
しかし例によって例の如く、完全籠城戦。

外に出る気力も目的も無いから自宅に篭もり。
引きこもる事によって体調も精神も悪化し。
それをどうにかするため、薬量が増えるという悪循環。
暗黒の引きこもりスパイラルとはこの事か。
ヤクだー!ヤクをくれー!








日曜はお墓参りに行きました。
すると、お寺の隣にある高校の体育館から「リンダリンダ」が響いてまいりました。
前奏はボーカルの独唱で入り、それが終わってからは全員でシャウト。
大音声が墓地まで響き渡る。
まさに、「やる夫が高校生バンドを組んだ」スレさんの世界そのまま。
「楽しそうで何より」とはこの事か。

なにより、今の高校生がブルーハーツで盛り上がれるとは……。
世代を超えた名曲、恐るべし!









馬券を三千円だけ買いました。
オジュウチョウサンの惨敗に期待して、他馬の単勝に投入。
当然のように見せ場すらナッシン。
これから先の競馬人生において二度と無いであろう、偉大な二刀流挑戦に逆らう輩には当然の結末。

「しかしどうせ三千円使うなら、10連回した方が良かったか?」
うーむ、と唸るのみ。

そして伝説の名言が蘇ります。
「(馬券にせよガチャにせよ)ボチャンと音がする分、ドブに捨てた方がマシだな」
ぐうの音も出ず。








悪夢ってほどでもないですが、あまり愉快ではない夢を見る事があります。
しかも中身は大抵同じ。
「大学で単位取れなくて卒業出来なさそう」とか「卒論が終わらない」とか「受験勉強を全くしてない」とか。
「未だに(会社が終わった後)コンビニでバイトしてる」とか「土日にバイト行かなくちゃならない」とか。
「前職の手伝いを未だにしている」とか。

いや、実際にこういう経験をしてるんなら悪夢を見るのも分かりますが。
単位は普通に取ってましたし、卒論で苦労はしませんでしたし、受験はあっさりでしたし。
コンビニのバイトなんて人生で一番ラクな経験でしたし。
前職なんて辞めてから十年以上経ってますし。

「何故、実際に苦労していなかった事が悪夢になるんだ?」
意味不明理解不能也。

ゾンビ悪夢を克服したと思ったらこんなんなるとは。




2018年7月5日(木)
76.2キロ(記録更新


そういえば、どこぞの妊婦さんが電車で席を譲らなかった人を盗撮したとかなんとか…。

それ自体は「オメガバカ」の一言で終わりですが、こちらも優先席に座る以上、理論武装が必要なのは事実で御座います。
すなわち、「遊びに行くのであれば優先席には座らない。それは妊婦さんが座るべきだ。しかし出勤退勤となれば話は異なる」と……。

「検診のために病院に行く妊婦さんは、それこそ8か月9か月目であろうから、椅子が絶対に必要だ。優先席で妊婦さんを無視する輩は地獄へ落ちろ!」ってなもんですが。
「こちらの出勤時に乗り合わせてくる妊婦さんは、まだ産休にも入っていない『同じ労働者』。であれば、優先席は、『仕事は出来るが体調が悪い人』の先着順になるべきだ」みたいな。
「会社で普通に働ける状態なのに、順番無視して椅子を求めるのはオカシイだろォ?オオォン?」

これはお年寄りにも言える事で。
「一刻も早く向かわなければならない」事情があるなら、出勤時であろうと優先席を譲るべきですが。
こちらが乗っているのは各駅停車。
すなわち、「一刻も早く向かう必要があるお年寄り」は除外されております。
ならば自分の事情で電車に乗ってきているわけで。
これまた「体調が悪い人の先着順」で問題はあるまい、と……。

まあそんな愚にも付かぬことを考えておりやす。








クソみたいな復刻コラボガチャにウンザリしていたところ。
今日からようやく水着ガチャが始まるとの予告。
しかしこれまた復刻水着ガチャ。
「もうお前らの顔、見飽きたよ……」状態。

この水着ガチャ、何回復刻してるんだっつーの。
2回や3回じゃきかねーぞ。
5回か6回はやっている筈。
ほとんど所有している事とあわせ、さすがにゲンナリオ。
FGOみたいに日替わりピックアップなら、持ってないギガレアの日に回そうかなって気にもなりますが…。
ギガレア確定後に1/4の抽選とか、当てさせる気ゼロナッシン。



2018年7月4日(水)
77.0キロ


省エネ扇風機ハネガニマイアルザンス!
省エネ日記ナニモカクコトガナイザンス!

こちとらマージ、平日は無いモノとして生きてるわけですよ。
一円も使わないし、9時半にはスヤってるわけですよ。
コンビニどころか自販機すら使ってないわけですよ。
アマゾンでポチる事や、ガチャる事はあってもリアルマネーの消費はゼロナッシン。
植物の如き、いやさ枯死したサボテンの如き生活。

しかし人生は有限也!
昨日も相撲漫画家さんが急死されたそうですが、この年齢になれば誰がいつ死ぬやら知れたものではアリマセヌ。
「やはり後悔の無い人生を送るべきだよなあ」
唸るのみ。

後悔の無い人生ってどこ……ここ……?









そういえば今月16日にアマゾンのプライムセールがあるそうですね。

昨年はPS4を買ったような…。
今年はタブレット辺りを狙いたいです。
何しろこちらのタブレットは第二世代のiPad(化石)。
何一つ不具合なく動いてはいるのですが……。
ゲームといいPCといい、機能を使いこなす前に化石化する現状。
バッテリーの寿命という、強制買い替えタイミングのあるスマホは案外良心的だった…?




2018年7月3日(火)
77.2キロ


今朝のサッカーですけれど。

昨夜の時点で、
キツネ「サッカーは見るのかい?」
デカン「九時半にはすやすやだ」
タヌキ「早めに寝て、起きられなかったら諦める」
キツネ「馬鹿言うな!決勝トーナメントだぞ!」
ジュゴン「四年に一度だぞ!しかも四年後は出られるか分からんぞ!」

とかなんとか、そんなやり取りをしていたのですが。

始まってみれば、観戦していたのはタヌキだけという酷いオチ。
「先制したぞ」
「二点目取ったぞ」
「一点取られたぞ」
「追いつかれたぞ」
「既読が一つも付かないってのはどういうことだ」
ウシャシャゲラゲラ!

自分もその頃ようやく目が覚め、遅まきながら観戦。
ロスタイムに逆転された瞬間、
「お休み」
と二度寝へ。

「加齢により衰える楽しむ能力」を実感するには、またとないサンプルですなー。
日韓共催の頃は新宿でハイタッチしてた記憶がありますが……。
まあこんなもんでしょう。
四年後にまた会いましょう。

生きてるかどうかも分からないのは言わずもがな。

2018年7月2日(月)
77.2キロ


小牧騎手が落馬して肋骨を六本折ったとか。

肋骨にヒビが入っただけのジュゴンでも、この世の地獄を味わったというのに。
六本骨折とか、もう想像を絶するレペル。
恐ろしや恐ろしや……。
「ロキソニン20錠飲まないと寝れないんじゃないか?」状態。

そしてマンガでよく出てくる、「チッ、アバラがイッたか…」的な展開のアホらしさに呻くのみ。
プロの格闘家ですら肋骨が折れたら立ち上がれなくなるのに、どうしてそれを我慢できる奴らがわんさいるのか。
はっきり言って、「アバラが折れても戦う」のと「目からビームを出す」のでは、同じようなレベルのトンデモだと思いますが如何なものか……。








この週末も取り立てて何もせず終わり。
「懲役再開だ!」と叫ぶ元気もゼロナッシン。
ガチャも回さなかったので、金も減らず。
そしてあまりの暑さに、いさや暑さを言い訳に、いつも通りの引きこもり。
ガチャを回させろ、ガチャをよー。

クソみたいな復刻コラボイベが16日まで続くので、水着ガチャは17日からかな……。
二週間の強制ガチャ禁とは恐れ入る。











21:01  流石にベルギーには勝てNEEEEEEE!!!!!  
21:02  カタツムリとはこのことか
  

なにしろオルゴデミーラ対スライムベスですからね!
会心の一撃が決まろうとも、どうにもなりませぬ。
むしろカウンターでフルボッコにされそう。
勇者パーティでも助けに来ない限り、勝ち目なんざゼロナッシン。
あるいはシックスにベルギー代表の家族を人質に取ってもらうか。

今更言うようなこっちゃありませんが、16強と8強の間には地獄の壁が聳えてやがりますね。
「こんなもん登攀不可能やろ!」もむべなるかな。

してみると韓国のように、ホーム開催の利を生かして、審判を買収し毒オレンジを食わせとあの時に全力を注ぎ込むべきだったのか。
幾らダーティ韓国とはいえ、そして金で買った成績とはいえ、4強という結果は永遠に残るわけですからね…。
「結果を出すためには何でもやる!」
その精神は恐ろしいやらおぞましいやら。

言ってる事もやってる事も、DIOとまるっきり同じなだけに……。
「勝てばよかろうなのだああああ」
DIO=韓国人説を提唱。
それにより折角のカリスマも雲散霧消。

ホントマジ、日本のパス回しなんて可愛すぎて微笑みがこぼれますね。
それを批判する未熟な精神性も含め。










13:51  アンゴルモアのアニメが始まりますがPV見る限り期待できそう  

アンゴルモアの面白さは誰も否定しないところでしょうが……。
アニメ化ってどうなんですかね……?

なにしろアンゴルは、キャラ萌えとは極北の地点に聳える作品だと思われ。
全巻持ってるテメエにしてから、主人公以外の名前は覚えていない体たらく。
先日、歴オタの友人と話した時も。
「少弐の若殿が~」「砦の若長が~」「弓使いが~」とキャラ名一切口にせず。

進撃の巨人は燃え作品ですけど、それにしたってキャラ萌えも同居しておりました。
しかしこのアンゴルにキャラ萌えは存在せず、燃えに全振りしているだけに……。
作品の質ではなく、ビジネスの判断として誰がこのアニメ化にゴーサインを出したのか疑問でいっぱいにございます。
バキですらとりあえずキャラ萌え要素はありますからね……。
センゴクをアニメ化する暴挙だと思われますが如何なものか……。

って、キングダムやへうげものですらアニメ化されたんですから、歴史ジャンルに萌えは必要ないってオチなんですかね?
だったら「バンデット」をアニメ化しやがれ、エーオラエーオラ!




2018年6月29日(金)
ナスボー寄越せ、オラッ!


ナスボー出たぞ、オラッ!


まったくリーマンはこの日の為に生きてますね。
「ナスだー!ナスをくれー!」とはよく言ったもんです。
まさにヤクよりナス。
ナスカットなんざ、死ねというのと同じ事。
心の底から勘弁。

なんにせよ今回の夏ナスは冬と同額。
ガチャさえしなければ、ほとんどそっくりそのまま残るのでしょうが。
暴走機関車のこちらには燃料にしかならず。
まあ、それもまたよし。
ガチャを回してテメエの脳みそもグールグル。クルクルパーマン。










日本代表のW杯予選突破が見事決まったそうで。

しかし後半の時間稼ぎには非難轟々。
海外のみならず、日本人からも批判が殺到しているのを見て。
つくづく、「ああ、今回の日本代表は本当に好かれてないんだな」と思いました。

例えばこれが野球ならば。
贔屓チームが試合成立後に、リードしたまま大雨に見舞われた場合。
「無理する必要は無いゾー!ゆっくり投げろ!安全第一や。時間を稼げ稼げ!」と雨天コールドを狙えと願うでしょうし。
実際そうなっても、「やったぜ」以外の感想はゼロナッシン。

格闘技だって、贔屓の選手がポイントリードしてたら、後半のラウンド流しても、別に何とも思わない。
「KO狙いに行って大逆転されたらコトだからな」ってなもんです。

サッカーだって日本代表が愛されていたならば。
「パスだパス!鳥かごで時間を稼げ!わざと倒れて痛そうにしろ!無理に点を取りに行くより、コロンビア任せのギャンブルの方がマシだ!」
とハラハラドキドキの応援を送られていた事でしょう。

しかし現実はこの有様。
愛されない代表チームは悲惨や……。
愛だ!愛をくれー!



2018年6月28日(木)
10時にはスヤスヤ  77.0キロ


サッカーも野球も帝王賞も、見ればそれなりに面白いのですけれど。
心臓はピクリともドキリともいたしマセヌ。

言わずもがな、
「これが楽しむ能力の衰えってヤツか…」
呻くのみ。
「もっと熱くなれ!」「諦めるな!」とはよく言ったもんで、「醒めたところで人生の向上には一切繋がらない」模様。







実際、キツネから。
「シャドウバースに毎月15万課金して、100万使った」とかいう人の記事を指し、
「これがデカンや!」
との御託宣がありましたが。
(「馬鹿言うな!こちらのトータルは三倍だぞ三倍!」と応酬)

タヌキからは、
「なんにせよ、金のかけられる趣味があるってのは羨ましい事だ」
との言葉も。
すなわち、情熱のみならず、資金の自由度において。

独身者なんてのは、どう転んだって「アリとキリギリス」で言うところのキリギリスなんですから。
「せめて夏を楽しめ!冬になったらどうせ死ぬんだ!」というノリもアリったらアリかもしれマセヌ。
キリギリスのくせして、せっせせっせと冬に向け食糧を備蓄しても、一人で冬を過ごす事に何の意味がある!?みたいな。
「二度と春は来やしねーんだ!」という身も蓋も無い現実がそこに。

80代の1万円と、学生の1万円は、まるで違う価値を持つわけで。
楽しめる時にカネの魅力を楽しんでおけというオチなんでしょうなあ。

「ワールドカップ見に行こうぜ」とか言われたら、それだけでゲロ吐きそうになりますし。
オカンがいなくなった今、東京オリンピックすら、とんでもはっぷん(チケット費用の60万はガチャで溶かしましたしね)。
だったらせめて、みたいなオチなんですかね……。










その神は、所謂「ビッグバン」を起こす事が出来た。

ビッグバンにより宇宙を作り出し、生命を創造する。
宇宙のあちこちに蒔かれし生命の源―――
それは神の意図通り、あらゆる場所で根を張り萌芽していく。

無論その進化速度は遅い。
数億年数十億年の時を必要とする。

しかし生命は必ず育つ!
環境に適応し適合し、知性を獲得する!

そして彼らは母なる星を離れ、大いなる宇宙を開拓していくのだった。
どのような生命でも必ず通る道、辿る流れ。
その道を選ばぬ生命は、強大なる開拓者に滅ぼされるだけだ。

結果、宇宙の大半を領有する巨大種族が誕生する。
手向かう者も、手向かわぬ者も全てを滅ぼし、宇宙を征服していく。

そして彼らは宇宙の中心を目指す。
宇宙開拓の果てに、そこを目指さんとする。
何故なら、この宇宙には明らかなる中心点が存在したからだ。
宇宙を征服する程の文明ならばそれが理解出来る。
ビックバンの発祥。
全宇宙の中心。

そこに何が在るのか。
それを知ろうとせぬ知生体は存在しない。
そのような生命は開拓に乗り出さず滅ぼされている。

宇宙の中心を探る船団。
世界の秘奥に迫ろうとする生命。

そこに待ち受けしは、言わずもがな世界を創りし神。
神は我が元を訪れし生命に三度の機会を与える。
一つは、神の座す星に足を踏み入れた際、五体を投じたか。
一つは、神の住まう宮殿に足を踏み入れた際、頭を垂れたか。
一つは、神を目の当たりにした時、己の全てを捧げたか。

―――無論、宇宙の大半を征服、支配する傲慢かつ貪欲な種族にそのような殊勝な態度はあり得ない。
神を前にしても、彼らは鼻を鳴らすだけであった。

そして神の傍らに侍る唯一の使徒より宣託が下る。
「終わりです」

その言葉と共に―――
その言葉と同時に―――
宇宙は融解を始める。

宇宙を支配してきた強大な種族。
彼らには今まで自らが他の生命に与えし苦痛や絶望が襲い掛かる。
死者も生者も関係ない。
この宇宙に生まれついたモノは、全てが蘇り最後の審判を受ける事となる。
苦痛を免れたのは死産した命だけだ。

宇宙の全てが苦痛と絶望の悲鳴に満ち満ち、そして全てが消滅する。
宇宙が消滅する。
後に残るは神と使徒だけだ。

そして神は再びビッグバンを起こす。
もう一度全てを最初からやり直す。
「これで80万回目ですね」使徒が告げ。
「そうだったか?」神は淡々と応じる。

神が求めるモノは、「自らが磨く事なく光り輝く魂」。
それを偶然に生み出す事。
結果、兆の兆乗ほどの生命が失われたが、そんな事を神は気にしない。
この宇宙は、この神の世界であり―――
神の創造行為に口を挟むモノは存在しない。

神の名はデキーナ。
十一柱が第六位にして、無限の創造を繰り返す反骨の神である。


という……。




2018年6月27日(水)
77.2キロ

 





書くこと何もナッシン…。






2018年6月26日(火)
77.6キロ


キツネが泥酔状態で自転車に乗り(違法だっつーの!)見事に転倒。
肩を脱臼したそうです。
「なんか以前も聞いたような気がするぞ」とは思えど、ジュゴンに続く大惨事。
「おかげで一人での飲酒禁止令が出たよ」とかなんとか。
いやいや、それ以前に「禁酒の誓い」はどうなった。

まったく競馬打ちの「○○はもう止める」ほど信用できないモノはありませんね。
こちらのガチャ禁と似たようなものか。
うんざりするほど人の事が言えません。

キツネは、「次のケガはデカンかタヌキ……」と暗黒の予言を託宣しましたが。
金太郎飴の毎日であるこちらにケガの要素はゼロナッシン。

ぎっくり腰の可能性は否定できませんが…。
「はうっ!」と言ったがこの世の別れ。







「ハイスコアガール」の9巻を購入しました。
購入しました、が……。

話の流れがまるで理解出来ず、「これは何かオカシイぞ」と唸ったところ。
案の定、8巻を買っていなかったという酷すぎるオチ。
「アンテナの衰えがここまで来ていたとは!」
たじろぐのみ。
ネットではよく聞く話ですけど、まさかテメエにそれが降りかかろうとは……。




2018年6月25日(月)
77.4キロ


三連休明けの月曜だというのに、ほとんど鬱がゼロナッシン。
日曜にクスリをガブガブ飲んだのですが、その効果だとしたら、現代医学恐るべし!
ますますもってヤク離れが出来なくなりますな。
「薬は友達、怖くない!」
カナダよろしく大麻も解禁しやがれ、エーオラエーオラ!
(大麻なんぞ吸ったら卒倒して発病するのは言わずもがな)






宝塚記念は香港単で勝負。
ルメデムが怪しさ満点の人気馬に乗ってる以上、信じられるボウマンを買うのは自然の流れ。
-27キロなんぞ見えやしねー!
しかし結果は、
「ボウマンのヤロー!和田如きも差せねーのか!」
という身勝手なオチ。
前にいるのが和田だと分かった途端に、「まあ差すだろ」と余裕で構えていた自分が恥ずかしい。







ガチャは10連で新規ギガレアゲット。
しかも二枚抜き。
「最初の10連で二枚抜きって地味に新記録じゃね?」
ウホウホウッホ。

―――しかし問題はそんな事ではなく。
あさっての方向から、戦国アスカが大延焼してしまったこの事件
7月から運営会社が切り替わるというのに、イメージ悪化待ったなし!
これでサービス終了なんて事になったら、
「アサヒのヤロー!ブチ殺してやりたい!」
もむべなるかな。

ちなみにこの、透け濡れ小早川は持ってません。
もう一体の透け濡れ阿国をゲットした時点で撤退しました。
(おっぱい強調はお色気の範疇なのに、ケツの強調はお下品な感じがするのは何故でしょう?)










14:17  「日本が通じない人」の多さには時々自分も愕然としたりします。「リーディングスキルテスト」といったワードで検索すると数字で実感できるのですが、世には文章を正しく理解できない人が数多くいて、さらに読解力があっても感情で反射しちゃう人を加えると、特定の集団においてヤベー奴が過半数を超えるケースも普通に起こり得るのかなと。どっちがまともか分からなくなっちゃいそうですね。  

ありがとうございます<m(__)m>
自分はこの拍手コメにて、目からウロコが落ちた思いです。
「そうか、やっぱり『日本語を読めないし、読むつもりもない人』はいるんだな!」と……。
卑近なところで言えば、「ファン」だって「アンチ」だって似たようなモノですしね。

しかしファンやアンチに違和感を抱かないのは、こちらにその前提があるからで。
(野党に日本語を理解する事を期待していないのと同じ)

ところがSNSは、「みな同じ常識で生きている」という先入観があるものですから。
今回のような惨事に見舞われる、と……。
スマホを介した途端に、相手は異星人くらいに思っておいた方が良いのかもしれません。
無論テメエも含め。







19:32  Twitterは、見ない方が幸せでいられると判断して極力見ないようにしております……。アレの怖いところは、少数が大多数に見えてしまうところです。気が付けば毎日毎日、見知らぬ他人を嫌いになっていく自分がいることに気付いて恐怖を感じました。  

そしてこちらの拍手コメでは、悟りが開けた思いです<m(__)m>
「確かに!まったくもって確かに!」

すなわち、「見知らぬ他人を嫌いになっていく」です。
まさにまさしくこの症状がテメエを襲っておりました。
自分の事はさておいて、「まったく世の中は嫌なヤツばっかりだな!なんでこんなに偉そうなんだよ」とかそんな案件だらけでしたからね!
「ネットで笑う事は多いけど、Twitterはイライラする事ばっかりだ!」

Twitterで自己承認を満たすつもりもないわけですし、どうやら足を洗った方が良いようです。
素晴らしいアドバイス、どうもありがとうございました<m(__)m>
前々から思ってましたが、SNSはオッサンの携わるべきツールではない!
既読無視なんて当たり前の世界が自分の半径。






2018年6月21日(木)
77.8キロ


タイムラインに流れてくるバズったtweetを見ると、たまに頭がおかしくなりますね。

例えば、「世界機関様が認めた病気としてのゲーム依存症」に噛み付く脊髄反射tweet。
定義を読めば、「なるほど、それは病気だ」と誰もが納得するシロモノに対し。
(納得しなかったから、それはそれでテメエがアル中と認めないドリンカーと同じ)
「勝手に病気を決めるな!」と定義も読まずに発狂。

「うーん、オメガバカ」
それ以外に言葉も無し。

それだけなら「大阪の地震は安倍の陰謀だ!」と主張するキチガイと同じですから、見なかったことにすればいいだけですけど。
賛同の声も多いらしくて唖然茫然。

「コイツらマジで日本語が読めないのか……?」
あまりの恐怖に佇むのみ。

ネットを彷徨っていると、たまーに「日本語が通じない人」を見かける事がありますが。
それと同様の輩が多くの賛同を受けている現実に、テメエの正気を疑うばかり。
「オカシイのはコイツじゃなくて、もしかして自分……?」
呻くのみ。

そんなわけで、一事が万事の魑魅魍魎インTwitter。
フォローしてる方のtweetならともかく、リツィートを見ないようにする方法はないものか。
ホントマジ頭が馬鹿になりそうです。
いや既になっているから、駄目を押されそう。
「あうあうあー」しか叫べなくなる日は近い。






キツネより朝っぱらから生ビールの画像が届きまして。

そんで、「朝からでも酒が飲める。これが自営業の醍醐味よ」などとホザきおる。
「禁酒はどうした!」
「ほぼ毎日飲んでるよ」
うーん、この。
「(酔っぱらって仕込みすると)手を切るぞ」
「そこは酔拳で何とかするよ」
酷過ぎる酷過ぎる!





2018年6月20日(水)
78.2キロ


昨夜キツネより、
「世のリーマンどもはキックオフに備えて準備万端かい?」
とのLINEが来たので。
「そんなところだ。前半で寝るがね」と回答。
「小学二年か!」
まあ似たようなもんだ。

しかし結果は、まさかまさかの日本快勝。
「オジュウチョウサン落馬に匹敵する、(それ以外にない)勝利やな……」唸るのみ。

そしてこの結果を受けて、つくづく思ったのは。
「よく『運も実力の内』とか言うけど、アレは誤りだな。正確には『運も勝敗の内』だ。誰がどう見たって日本よりコロンビアの方が強ぇ。それでも勝ったのは、『運が勝敗を左右』したからであって、『運が実力を引き上げてくれた』わけじゃない」

すなわち、これが一発勝負の怖さなんですかねえ……。
宮本武蔵と対峙してたら、相手に隕石が落ちてきて即死したくらいのありえない奇跡……。
コロンビアには申し訳ないですが、最初の単発でギガレアを引かせていただき狂喜乱舞ってところでしょうか。
なにはともあれ日本代表、次戦も頑張ってください<m(__)m>
この奇跡でノルマは果たしたので、二戦目三戦目を5点差で負けても責めはいたシマセヌ(当たり前)。







そういえばキツネの姉貴が、上原投手のカミさんと飲みに行くとかなんとか……。
相変わらずの謎人脈。
コミュ力に溢れる陽キャは、人脈が人脈を呼び。
コミュ力が消滅した陰キャは、どんどん世界が閉じていく。
そして互いがそれを良しとする恐るべき世界。

既にこちらは、太平洋独りぼっちに備える心境に達しつつあり。
むしろ、いつお迎えが来ても問題ナッシンのような……。










最近のニュースで遅まきながら知ったのですが。
六本木ヒルズは、災害時でも「自前の発電機により電力供給OK」かつ「食料の備蓄も万全」だそうで…。

「ストレンジライフス世界でゾンビサバイバル」妄想を続けておりましたが。
自宅マンションを要塞化する既存プランより、「六本木ヒルズを奪取するプラン」の方が面白いのではないか?

しかしその場合、
「既にヒルズ住民が全滅してるならいいぜ?だけど未だに住民が立て籠もっていた場合、それをどうやって排除するかが問題だよな」
「人間を殺すのが嫌……って話じゃないよな?」
「当たり前だ。大切なのはテメエ達の生存であり、他人なんざ知った事じゃネエ。ただ人間ってのは、立て籠もられた場合、ゾンビよりも厄介だからな」
「確かに…」
無限砲台を有する彼らに取り、全力疾走してくるゾンビはさしたる脅威ではない。
音を立ててやれば、勝手に向かってきて爆裂四散だ。
ただ相手が人間となると、
「こちらが攻撃開始すれば、生存者はあちこちに隠れるだろうから、それを探し出すのは尋常じゃない面倒くささだ。屋根裏や通風孔、下水道の中をチェックするとか気が遠くなる。しかもその中で更に隠れていたら、見つけ出すのはますます困難だ」
「かといって見過ごせば、いつ逆襲されるか分からん、と」
「勝手知ったる我が家と異なり、ヒルズなんて隠れる場所がどれだけあるか見当もつかん。それに生存者の駆除が終わったところで、ヒルズはあまりに規模が大きすぎる。要塞化するのは、とてつもない時間と手間が必要になるぞ」
「それに医者や整備士など、籠城に必要な人間は確保しておきたいからな。駆除開始後じゃそれもムリになる」
「それならいっそ、ゾンビをおびき寄せて、ヒルズのバリゲートを吹き飛ばすか?駆除はゾンビにやってもらうのも一つの手だぞ。内部がゾンビで充満すれば、隠れていようがいずれは枯死だ。その後はゾンビを外に引っ張り出して殲滅すればいい」
「確かにそれが堅そうだな。唯一の問題は、内部の遺体処理が一苦労ってトコだが……。死体だらけ、血痕だらけの住居は勘弁だぜ」
「一部の生存者に死体を片付けさせた後、ソイツらもまとめて穴に埋めるのが一番効率的なんだが……。なかなか上手くはいかないだろうな」

「そんじゃあ結論として―――医者や整備士、設計士などの必要最小限生存者は確保したい。生存者は楽に片づけたい。そしてそれに伴う死体の処理。これらを解決する攻略法を練るって事で」
「方向性はそんな感じだな」


―――みたいな。
ゾンビモノは無数にありますが、主人公達が圧倒的武力を持ち、なおかつ「生存者のシェルターを襲撃して奪う」物語はなかなか見当たらない筈……。
逆のパターンなら星の数ほどありますが。


2018年6月19日(火)
77.8キロ


ついに体重が76キロ台に突入。
「ちょっとペース早過ぎひん?」
ダイエットではなく、病気を疑うレベルのような。

「実際、病気なんだから当たり前だろ」
「ぎゃふん」






そして「病気」と言えば。
「ゲーム依存は病気」との御託宣が、世界機関様より下ったそうで。
しまいには「治療の必要がある」とまで。
「うむむむむ……」唸るのみ。

日曜もFGOのガチャ動画を見ましたら。
オルタ沖田さんなるキャラを5枚重ねたいって、グルングルンとガチャを回してましたよ。
「回すだけで既に労働の域だろコレ!」状態。
(FGOのガチャは演出がダルいですよね…)

しかし、かかった費用は10万そこそこの模様。
「0.7%のキャラを5枚重ねるのに10万ちょいとは、やはりFGOのガチャは安い!」
再度唸るのみ。
こちとら13万で1枚とかザラやぞ。

しかしこれこそが「病気」と言われれば、そんな気もいたします。
何しろ昨日の鬱が、今日から新ガチャが始まるってな告知で、多少マシになりましてね……。
「ガチャは麻薬」とはよく言ったもんです。

なお新ガチャのギガレアは80連で出ました(ラッキー)。
それだけでも幸運ですが、恒常のギガレアも3体出ました(完凸してるゴミですが…。完凸したらなんかアイテムくれよっていう……)。
1.5%のギガレアが80連で4体!
確率の偏りにも限度があるぞ……。








さておき。
「ストレンジトゥエルブ」を完結させたいです。
少なくともネエカ編だけは。

あと、ヤラーと第二使徒編も書きたい。
そこまで書ければもう満足。

たまにはこういう事を書いて忘れないようにしておきませう。


2018年6月18日(月)
76.6キロ


金曜は大学時代の友達と会いました。
会いました、が…。

一人は前日、新潟へ遊びに行き。
翌日も行く予定だとか(雨の為、中止になったそうですが)。

もう一人は長野から出張に合わせ上京。
わざわざ会う機会を作ってくれました。

体たらく集団のタヌキは、土曜は出張の傍ら阪神競馬場に行き。
日曜は府中競馬場に行っていた模様。

この年齢にして、なんと活動的な皆々よ。

対してこちらは完全なる引きこもり。
日曜など、冗談抜き家から一歩も出ず。いやさ部屋からも出ず。
それでいて何をやっていたかって、何もやらず。
なんかもう、ひたすらゴロンチョして寝たり起きたりを繰り返していただけ。
「完全に精神が死んでいる!」

口癖のように「働きたくねー」とホザきつつ、休日の過ごし方は「月曜が来るのを待っているだけ」。
もうダメだ!もうダメだ!



実際、友人に。
「ホント引きこもってるから、ガチャくらいしかお金使ってないよ。今月のクレカの引落が27万なんだけど、そのうち20万が課金でね」などと言ったら。
「……デカン、いいから俺と遊びに行こう。とりあえず外に出よう」と心配される体たらく。
しかし外へ行く事を考えただけでゲロ吐きそうになる始末。
病は重い。
治るかどうかすらワカラヌゾヨ。



今日も意味なく気分が落ちてますし。
薬を減らすどころか、増量の必要性すらある。
誰か……助けて……助けてクレメンス……。
あるいは、ケテスタ声カタマリン。

2018年6月15日(金)
77.4キロ


「異世界転生系」のマンガをかなりの量、拝見しましたが。
これらの作品に出てくる神様は、どうしてみな、腰が低くフレンドリーなのか。
あるいは極端に邪悪なのか。

「そりゃ主人公の死を『手違い』とか言い出す神様ばっかりだからなあ。ポンコツなのは言わずもがなやろ」
そう言われれば下を向くしかありませんが。
そんな神様に付け込む主人公の態度も、横柄極まりない。
無間地獄に叩き落とされる可能性もあるのに、なんでこんな無神経かつ図々しい言動が出来るのか。

「神様も随分と安くなったもんやで」
唸るのみ。
もっと高尚な事を語る神様はいないのか。
高次存在たる神様はいないのか。
ミンサガじゃないですけど、「強さだけが神と人との違いなら、神などフヨウラ!」……じゃなくて。
「神ならその哲学で俺を魅了してもらいたいものだな」ですかね。

いやまあ、「経典を読め」で終わりの話ですけど。










そういえば、先日の新幹線での惨劇ですが。

命懸けで女性を庇った男性の行為は尊く素晴らしいですけれど。
それでも敢えて口にするならば、「他人の命より自分の命を大切にしてくんろ!!」です。

妻子がいる身で、赤の他人様を助けに行くなんて、気高くはありますがあまりに無謀。
いやさ、東大出身のみならずヘッドハンティングされるような逸材だからこそ、そうした気高い精神性を持ち合わせていたのでしょうが……。
まず大切にすべきは己の命!
家族がいるなら尚の事!

以前も日記に書きましたが、自分は大震災時、そっこーで会社から逃げ出しましたからね!
「皆を置いて、先にトンズラしていいのか?!」との逡巡もありましたが。
「いやその躊躇いが生死を分けるんだ!迷わず飛び出せ!」とばかりに数秒でお外へ。
それにより、落ちてきた瓦礫にぶつかって死ぬ可能性もゼロではないのでしょうが。
「まずはテメエの命を守るべきだ。それこそ他人を押しのけてでも!映画じゃないんだから、インガオホーはない!」
そんなノリで生存に最善を尽くすべき。
女性を守るどころか、女性を突き飛ばし身代わりにする事すら、極限状況では許されると思うのですが、如何なものか……。

―――もっとも、今の自分はそこまで「死にたくない」と思っちゃいませんが。
オカンがいなくなった時点で、「もう好きにしてくんろ」状態に御座る也。
「健康云々ではなく、生命力そのものが低下している」とはよく言ったもんです。










00:43  >実際、ワンピース級のマンガ作品が同様のトラブルに見舞われたなら  
00:44  まさに昨日だか一昨日だかに見舞われて、師匠の予想通りの結果になりましたなwww 
 

トラブル自体は笑っちゃうくらい些細なシロモノでしたけど……。
しかしそれでも集英社の対応は、「ちっ、うるせーな」レベルでしたね。

形だけでも謝罪したのは集英社であり、作者本人には泥をかぶらせない。
末端の拾い上げレベルの作家さんに対してコレをやったのなら偉いですが…(いや当然の対応か)。
とかくこの世は商業主義。
それが良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが…。
願わくば、切り捨てられるポジションに置かれたくないものです。
「こんな理不尽な事があっていいのか!」という怒りだけで発狂しそうですもんね…。

リーマンだって汚れ仕事を命じられたら、切り捨ての対象と同義なわけですし……。
しかし拒否すればその時点でアウツ。
……恐ろしや恐ろしや。


2018年6月14日(木)
77.4キロ


昨日の日記の更新後。
キツネより、「デカン、今月も10万つこてるやん」とのLINEが。

「それどころか15万濃厚やで」
「こちらは競馬で1日1000円。月8000円。飲み会で3000円と、一か月に20000円も使ってないで」
「こちらもガチャと医者代以外は一円も使ってないで」
酷いオチ。
食うものも食わず酒も飲まず、ただひたすらにガチャを回すマシーン。
吸血されるカブトガニ状態。
「ガチャだー!ガチャをくれー!」




しかし他人のガチャ動画見て。
1万使って何も出ないのを見ると、「当たり前だ」と思いつつも戦慄しますね。
「1万円はゴミじゃないんだ。一晩中交通整理して、ようやく手に入るかどうかというカネなんだ」
それがものの30秒でパー。残ったモノは全て被りの、覚醒すらしない完全なるハズレクジ。
うーむ、虚しい。
他人の動画だからこそ虚しい。










19:35  ウマ娘は自分もいくら元アニオタ&現競馬キチといえどこれを楽しめる気がまるでしなかったので見送っていたのですが、妙に評判が良いものだからじゃあちょっと見てみるかと思い5話から見始めて以降毎週欠かさず見るようにまでなりました。ちなみにウイニングライブとやらは一度もお目に掛かってないので早々に黒歴史化している疑惑がありますw  
19:52  「競馬ヲタならこれくらい知ってるだろ?」とでも言わんばかりの小ネタを所々に挟んできたり、かと思えばグラスVSスペの宝塚をやたら忠実に再現したりと競馬好きの琴線を刺激するのが実に上手いなという印象です。でもまぁ贔屓目に見ても中の上くらいの作品なのでしょうが、逆にそのレベルのアニメをまだ楽しめる感性があることを素直に喜びたいですね。桶
  

おお、桶羅さんまでも!
「ウマ娘」の感染力、恐るべし!
(そして二話でギブアップしたテメエと比較して、桶羅さんの方が楽しむ能力上位者である模様…。ぐぬぬ)

折角競馬を題材にしたんだから、馬キチにも喜んでもらいたい、と。
出来そうで出来ないこの配慮。
世の戦国美少女ゲームは、「元ネタなんざ見えやしねー!」ばっかりですからね。
手垢が付きすぎて、元ネタを生かす余地がないとも言いますが……。

しかし放送では宝塚も終わってるんですね(スズカが秋天で生存したってのは知ってますが)。
三冠戦は普通にセイウン、スペ、セイウンで分け合ったのでしょうか?
グラスは元ネタ通り、ケガしてたってオチ?
そんで有馬で復活の狼煙を上げたと……。

そして宝塚記念のマッチレースへ……。
ってサイレンススズカは?
ウォッカが出てこないのは年下だから許すとしても、同期か一個上のスズカちゃんが宝塚に出てなけりゃアカンでしょ。
それとも出走して、早々に沈んだのか。
スペグラスの戦いを尻目に、楽々逃げ切ったのか……。
そもそもゴルシはどうしたゴルシは!?

「出さなけりゃご都合主義!出せば『あーもうめちゃくちゃだよ』。これだから名馬を一堂に集めるとえらい事になるんだ!」
見てもいないのに憤慨するのみ。





2018年6月13日(水)
78.0キロ


そういえば。

「ウマ娘」だけでも、かなりのトンデモワードだというのに。
作中に出てきた「三冠ウマ娘」は、とてつもないパワーワードでした。
それだけでお腹いっぱいになり、視聴を止めたくなったほど。

「この造語を考えたのは一体誰なんだ……」
慄くのみ。

そしてこの世界観における、桜花賞やオークスの意味は一体……。
ハナから存在しないってオチ?

そして何より、スペシャルウィークが主人公である意味は……。
近世の名馬を俯瞰した場合、もっとも主人公からは縁遠い戦歴であるような……。
ラストランの有馬でグラスを下していれば主人公になれた気もしますけど…。

いや、よく負けてるからこそ、主人公なのかしらん?
タイキシャトル主人公じゃ、ライバルがテンザンストームになってまう。
あるいはスピードワールドか(もはや苦笑も出ない)。

何度も書いてますが、個人的に「(観戦してきた馬で)競馬史上最も主人公らしい」のは、ミホノブルボンとライスシャワーだと思います。
しかしそれだとあまりに汗臭すぎる物語になってしまうので、美少女化するならスペが一番ってオチなんですかね……。

それでもスペが、優しい田舎者って設定には違和感が……。
スペシャルウィークなんて、鼻たーかだかのお嬢様では。
真面目で謙虚で貧乏ならセイウンスカイの方がお似合いのような……。

まあこんな事ばかり書いてると、「これだから競馬オタは」と批判されるのは言わずもがな。
むしろツッコミ待ちか。







またまた課金してしまいました。
アマゾンコインを使い切り、玉が空っぽになった為。
著しくモチベが落ちてしまいましたが。
本日、コインバックが15%だったので、再度コインを5万円分購入。
160連分ストックしておきました。
「うーむ」
唸るのみ。
「お前の財布(と決意)、ガバガバじゃねーか!」







そしてその「戦国アスカ」運営が、グリーの子会社に買収されたとか。
これが果たしてどんな結果を生むのか…。
新たな資本が注入されるって事は、プレイヤーとしては歓迎すべき事柄ですが、さて……。
(課金優遇が進んだとしても、課金者のテメエにとって恐れる事ではないので…。むしろギガレア無料配布とかのが勘弁)
最悪なのは技術者だけ引き抜かれてサービス終了ですが、どうなりますやら。

……それ以前の問題として、7月に事業譲渡って事は、それまで運営は何もしないって事だよな、と。
売却する事業に注力する筈も無し、全て放置という可能性も……。
いや、社員は残るんだから、ゲーム自体は恙なく運営されるのか……?
とりあえず課金した玉は、来月まで残しておいた方がいいかもシレヌ。
(残っていないのは言わずもがな)












19:14  そう考えるとハイスコアガールはよくアニメ化再浮上できましたね  
19:15  儲かる道筋あんま見えへん 
 


原作の知名度と売り上げが他を圧してますからね……。
少なくとも、件のラノベのアニメ化よりは儲かりそう……などとド素人は思ってしまいます。
かたや漫画大賞候補、こなた一部好事家の嗜好品。
トウカイテイオーとトカチテイオーくらいの差がありそうです。

実際、ワンピース級のマンガ作品が同様のトラブルに見舞われたなら。
「チッ、うるせーな。過去の発言だろ!反省してまーす」とばかりに、編集者がテキトーに作者の謝罪コメを代筆して、とっとと幕引きを図るでしょう。
連載中止だの出版停止だの、とんでもはっぷん。

それだけに今回の騒動が実に薄っぺらく感じてしまうわけです(=弱者を切り捨てただけ)。
不祥事をしでかしたら、横綱でも容赦なくクビを切る大相撲を見習え!
とかく相撲協会は悪く言われてますけど、他のスポーツよりは処分が厳正なところもあるようで。

巨人の山口(ど)を例に出すまでも無く、戦力には甘いのがプロスポーツ界。
しかしそれを出版がやるとなると……。
文化事業としての誇りは!?再販制度の意義は!?などと思ってしまうわけです。
「金!金!金!出版社の誇りは」状態。
守るなら全員を守りやがれ!
まったくもって、度し難いですな。

+600000

http://readmej.com/readme.cgi?takahara@mtj.biglobe.ne.jp

 

アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営

アクセス解析 無料リンクトラック最新情報ロボットチェッカーSEO対策