活動報告No.1

平成13年10月25日

哲多町の公設国際貢献大学校の視察ちょうど海外研修生の視察があり、
ご一緒させていただきました。

平成13年10月9日

公明党市議団で私立くまのこ保育園視察

平成13年10月2日

情報化特別委員会で平福小学校の視察

平成13年8月26日

公明党岡山北支部の夏季研修会

人権テーマに研さん

雀(チェ)さん永住権の回復で訴え

 公明党岡山県本部岡山北支部(田尻祐二支部長=岡山市議)はこのほど、党員夏期研修会に、在日外国人の指紋押捺制度廃止で闘ってきた雀善愛(チェ・ソンエ)さんと、大森礼子前参議院議員を迎えて、人権について研さんした【写真】。
 席上、雀さんは、在日三世として、日本で生まれ育ちながら15年前、アメリカ留学の際、入国管理局から「出国すると再入国不許可となり、日本永住権も失う」と言い渡された。理由は、20年前の21歳の時、指紋押捺を拒否したため、とされたが留学を断行。その後、再入国ができなくなり、永住権も失っていた。
 雀さんの苦境を知った大森参議院議員(当時)らの国への強い働きかけで、2000年4月、入管特例法が改正され、15年ぶりに雀さんの永住権が回復された。指紋押捺拒否から20年にわたる苦しい闘いを強いられてきた雀さんは、「最後まで(私の人権のために)闘ってくれた大森さんに深く感謝している」と話を結んだ。
 大森さんは、当時の参院法務委員会でのやり取りを紹介しながら、「一人の人権を守るための法律をつくることができた。民衆の声が一つの大きな成果を出した」と、人権擁護を掲げる公明党の本領が発揮できた、と述べた。

↓【写真】(クリックすると拡大表示)

平成13年6月24日

桝屋厚生労働副大臣への陳情

↓はそのときの様子。(クリックすると拡大表示)

平成13年5月25日

倉敷市笹沖に完成した「くらしき健康福祉プラザ」で

障害者を対象に開催されているIT講習会を視察しました。

詳しくは掲示板で

↓はそのときの様子。(クリックすると拡大表示)

平成13年2月11日

岡山市内のネットカフェに行きました。

↓はそのときの様子。(クリックすると拡大表示)

カフェの代表Kさんと友人と

平成13年2月10日

1月26日、インドのグジャラート州を中心に発生した大地震の

被災者支援のための街頭募金を行いました。

↓はそのときの様子。(クリックすると拡大表示)

平成13年1月8日

JIL(全国自立生活センター協議会)主催のシンポジュームに参加

↓はそのときの様子です。(クリックすると拡大表示)

地下鉄早稲田駅

代表 樋口さんと

   

平成12年11月28日

公明党岡山市議団がIT講習会への取組の申し入れと2001年度の予算要望書を市長に手渡しました。

↓はそのときの様子です。(クリックすると拡大表示)

平成12年10月29日

表町商店街でタウンモビリティーに参加

↓はそのときの様子です。(クリックすると拡大表示)

インデックスに戻る