●旅立ち
    


3月27日早朝。

うっすら明るうなってきた空には、
か細い月が浮かんどる。
遠くに富士の姿も、かすかに見えてきた。




あれだけ行きたかった旅やのに、
いざ出発となると
めっちゃ感傷的になるんは
なんでやろ??

住み慣れた深川を後にして、
隅田川の船上から
上野の花々を眺めていると、

わてが
今度あの花を愛でることが出来るんは
いつになるやろか?? と、
心細うなってくるねん。

昨晩、夜通し
付き合うてくれた仲のええ友人が、
一緒に船にのって
別れを惜しんでくれてる・・・




〜千住新橋(国道4号線)・足立区〜
千住という所で
船を降りてん。
とうとう、ここで
みんなともお別れや・・・。

いざ、三千里の旅が
始まるんやと思うと、
万感胸に
迫ってくるわ。

行く春や
 鳥啼き魚の目に涙


春も盛りを過ぎて
わてもこの地を旅立つんや。
川に泳ぐ魚たちも、
なんや涙ぐんでるような
そんな気がしてきた。





見送りの人々に後ろ髪を引かれる思いで
足を進めても、

いっこうに道中ははかどりそうもないわ。





<戻る 次に進む>



発端 旅立ち 日光 那須野 白河の関 飯塚の里 笠島 壷の碑 松島 平泉 TOP PAGE



Updated 99 08/15