よろずデータベース・その他編
その他
言葉編1|言葉編2|言葉編3|言葉編4|言葉編5|交通編|食べ物編1|食べ物編2|メディア編|メディア編2|メディア編3|その他編|その他編2|その他編3|TOPページ|掲示板



●阪神タイガース小ネタ集


<Q>
 大阪には立派な地元プロ野球チーム「近鉄」があるのに、なぜ殆どの人は阪神の熱烈応援団なのでしょうか?
 阪神は兵庫県のチームです。縦縞が好きなのでしょうか?

(イスカンダル在住、「口車の矢七」氏から)
<A>
 私が推測するに「甲子園」は兵庫県西宮でも、その昔は「大阪タイガース」と呼ばれていたように、「大阪の球団」というイメージがあるのではないでしょうか?。




<from Mail box>
●先日、甲子園へ行って来たのですが、阪神甲子園駅近くのケンタッキーで面白いものを見ましたので、投稿します。

1)阪神ユニフォームのサンダースおじさん
 (珍しくないかもしれませんが)

2)阪神タイガースが勝った翌日はカツサンド、セットが割引に
  なります。カツサンドセット通常は550円が400円に
  なります。私が行った前の日は阪神勝っていましたので、
  割引きでした。




「兵庫南部人Kay」さん〜01 12/17〜



<from Mail box>
●兵庫県出身としていつも悔しいことがあるんですよ。甲子園が大阪にあると思っている人が仰山いてることに。ここで改めて宣言せんとあきまへんな〜。「甲子園球場は兵庫やで〜」って。
横須賀市在住「三田牛」さん〜04 02/29〜



<from Mail box>
●テレビを見ていて思ったのですけれども7回ラッキーセブンの風船は、いつの頃から始まったのでしょうか?。きっと今年は風船業者もうかったことだと思います。
岐阜県「ぽいも」さん〜04 02/29〜


<Responce>
●さて、甲子園の風船の件ですが、神戸新聞ニュース03年9月7日によりますと、甲子園で球団の認可を受けているのは大阪市のシャープ産業という会社のようで、その会社によると、風船の応援は1983年ごろに広島ファンが甲子園で飛ばしたといわれているようです。そのころ私は甲子園によく行っていましたが、風船は記憶にありません。1991年に割れにくく、空中で一時静止する風船が開発され、球団の認可を受けて、球場で売り出したことで人気が出始めたらしいです。
 1セット4個入り200円で、年間20万セットほど出ていたらしいのですが、今年は50万セットの売り上げが見込まれているようです。先日、神宮に行ってきましたが、ほとんど甲子園状態の風船が飛んでいました。甲子園以外の風船もあわせるとおそろしい売り上げですなあ。
埼玉県富士見市「かずぼん」さん〜04 02/29〜


<Responce>
●峰です。いつもごぶさたばっかりですいません。さて、「お便り〜」で話題になっているジェット風船の始まりについてですが以下のページが参考になるかと思います。
http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2002/t20020510.html
では、また〜
「峰」さん〜04 02/29〜


<Responce>
●わたしも以前聞いたことがありますが、ルーツは広島カープの応援団にあるようです。詳しいことは次へアクセスしてみてください。
http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2002/t20020510.html 
先ほど紹介したURLからも想像がつくようにこの情報は昨年(2002年)に大阪ABC朝日放送の夕方のニュースのなかで紹介されたものなのでかなり信憑性があると思います。
「高松 悟」さん〜04 02/29〜


<新紙幣の発行と阪神タイガースの法則>
●去る2004年11月1日に新紙幣が発行されました。そこで、戦後の新紙幣発行の翌シーズンのタイガースの成績を調べました。

1946年−一円、五円、十円、百円→1947年、優勝
1963年−千円→1964年、優勝
1984年−千円、五千円、一万円→1985年、日本一
2004年−千円、五千円、一万円→?

と、なんと3回も優勝しています。
因みに他のシーズンは(やじるし以降は、翌年の順位と勝敗数)こんな感じです。

1947年−十銭→3位(70勝66敗4分)
1948年−五銭→8球団中6位(65勝69敗3分)
1950年−千円→3位(61勝52敗3分)
1951年−五十円、五百円→2位(79勝40敗1分)
1953年−百円→3位(71勝67敗2分)
1957年−五千円→2位(72勝58敗0分)
1958年−一万円→2位(62勝59敗9分)
1969年−五百円→2位(77勝49敗4分)
2000年−二千円→やめときましょ

 な、なんと殆どのシーズンがかなりの好成績を上げています。しかも、新紙幣の種類や金額が高額になるとさらに勝っています。さらに、殆ど流通していない二千円の翌シーズンは・・・です。単なるジンクスですが、「縁起がいい」いいと思いませんか?
「まったけ」さん〜04 05/15〜








●キタとミナミ


<Q>
大阪には「キタ」と「ミナミ」があるのに、何故「ニシ」「ヒガシ」がないのでしょうか?

(東京出身大阪在住、A氏から)



<A>
 「キタ」と「ミナミ」についてですが、「キタ」は”北野新地”の省略形であって、方角の”北”そのものを指すものではなかった様に、思います。
 100%の自信があるわけではありませんが、位置や方角ではなかったと思います。年輩の大阪出身の方に確認されることをお奨めします。「ミナミ」の語源は、残念ながら、はっきり知りませんが、北野新地に対して、南のほうにあったからなのでしょうか?。

(アメリカ在住・Nさんから)





<Res>
 大阪市にキタとミナミはあるのにヒガシやニシがないということですが、ヒガシはあります。御堂筋線の本町・淀屋橋から大阪環状線の大阪城・京橋までのエリアを総称してヒガシとしています。知名度はありませんが・・・。

(兵庫・「あかつき」さんから)



●落語・時そば


<Q>
 関東落語の古典で「時そば」という噺があるのですが、関西落語では同じ噺を”そば”を”うどん”に変えて「時うどん」としていると聞きました。
本当でしょうか?
(大阪の友人から聞きました)

(埼玉在住「由美」氏から)



<A>
 あります。「2つ、3つ、4つ・・、今何時(なんどき)だい?」というサゲも同じです。
 このように上方落語と江戸古典落語どちらにもあるネタはかなりあります。


上方江戸 
時うどん時そばストーリー・サゲ(落ち)共ほぼ同じ
饅頭こわい饅頭こわい上方バージョンでは狐にだまされたり怪談話があったりと
かなりロングバージョンになっている。
高津の富宿屋の富タイトルから地名である高津をはずしてあるが、
サゲなどはほぼ同じ。
蛇含草そば清人間を消化する草がからむサゲのみ共通で、
途中のストーリー展開は全く異なる。
宿屋仇宿屋の仇討ちストーリー・サゲ(落ち)共ほぼ同じ
他多数・・・。




●環状線ゲーム

<from Mail box>
●大阪の一部地域で「古今東西」(一つの種類にあてはまる物を次々に答えていくゲーム)のことを「大阪環状線ゲームと呼んでいるというのは本当でしょうか?東京方面では「山の手線ゲーム」と呼ぶと聞いています。
 ちなみに、私の住む富田林市では「古今東西」と読んでいます。

 ちなみに「古今東西」とは、
 例えば、テーマが「新幹線の駅名」なら、参加者は「東京」「新大阪」「新神戸」・・・などと答えていきます。参加者は手拍子2回のリズムに合わせて答えなければなりません。

 パン、パン(手拍子2回)「東京!」パン、パン「新大阪!」

 リズムに乗り遅れたり、答えられなかったり、前の人と同じ答えを言ってしまった人は負けになります。1人が負けてしまった段階でゲームが終わる場合と、負けた人が順々に抜けていって、最後に残った1人が勝ちになる場合があります。

 遠足などでのバスのゲームでよく使われました。道具もいらないし、簡単にできるから。
 テーマには駅名の他、世界の国名(「アフリカ」と答えた人がいた)、都道府県名(「名古屋」「神戸」などと答える人が出る)、大阪府の市町村名、スーパーの名前、雑誌の名前などが使われました。あまりマニアックにならず、誰でも 答えられそうなネタがテーマになっています。 
「河内人あき子」さん(大阪・富田林)〜98 5/10〜

<Rresponse>
●「大阪環状線ゲーム」は私の近所では「古今東西」と言っていました。太平さぶろう氏、桂三枝氏も司会では「古今東西」と言っていました。
「韓国朝鮮村村長」さん(大阪・生野区)〜98 5/17〜

(関連コーナー)「子供の情景」
(相互リンク・遊び、じゃんけん関連)福豆本舗



●流行った替え歌

<from Mail box>
●そういえば、この前『探偵ナイトスクープ』で、小さいとき歌った替え歌の調査の時、
♪ジャ●コで万引き ダ●エーで食い逃げ〜♪
なんてのが流れてて、私は初めて見た〜って思ったんやけど、大阪に住んでる友達は、昔よく歌ってたって。。。
そんなもんなのねぇ〜。
「せとぴ」さん〜98 6/21〜

<Rresponse>
●そば屋で食い逃げバージョンもあるそうです。それからニ●イで捕まってブタ箱へ。だったかな?

 太陽にほえろのテーマで!
「たらちゃん、いくらちゃん、さざえさん、そしてとなりの浜さん」。人名が変わってるかも。それぞれの地域によっていろんなバリエーションがあると思います。他にもいろいろあったんですけど、見事に忘れてしまいました。
元香港在住、神戸市中央区「うえちゃん」さん〜98 7/19〜

<Rresponse>
●ウチの地方(姫路)では、「ジャ●コで万引き、ダ●エーで食い逃げ、山陽●貨で捕まり、刑務所へ〜」でした。むちゃ地方色豊かです(^^;) (特に山●百貨…)
「日向 ほこ」さん〜98 8/12〜

<From mail box>
●はじめまして。今日はじめて、「めざせ、関西人」のページを拝見いたしました。感激&めっちゃ笑かしてもらいました。(^o^)

私は昭和40年生まれで、堺市で育ちました。
子供の頃よく歌った替え歌があります。軍艦マーチの替え歌です。
---------------------------------------------
戦艦大和が沈むとき、錨にチンポをはさまれて、
アカチンつけたらソーセージ、食料不足で食べちゃった。
-----------------------------------------------
実はまだ続きがあるのですが、はっきりと覚えていません。
最後の歌詞が「隣の船長、どこ行った?」です。

また、ジャスコの店内でいつもかかっているあの曲でも、
替え歌を楽しんでいました。
------------------------------------------------
ジャスコで万引き、ニチイで食い逃げ、
ダイエーでとうとう、つかまった。
------------------------------------------------
「Kiyoka」さん〜02 08/10〜
<Rresponse>
●軍艦マーチの2番、あのメールを書いたときはすらすらでてきてんけど最近年齢のせいか?忘却激しく。

 なんしか、カニにチ○ポをはさまれた男が
かあちゃん(おそらく妻)に助けてもらおうと思って
かあちゃんが医者を呼ぶのだけど、
カニがかあちゃんのお○こをはさんで
医者がそれを見て、チ○ポを立てた!という
話です。なんのこっちゃ・・

 同時期、「わかのぽんち、たけむらたけこというのをさかさまから言ってみ!」という遊びが流行ったのを併記しておきます。ええかげんにしなさい!

「ひょう田すべ吉」さん〜02 08/10〜
<Rresponse>
●こんにちわ。
 私の子供の頃よく歌った替え歌で、kiyokaさんの軍艦マーチのものと内容的に似ているのがありました。原曲は「きらきら星」と同じメロディーのABCの数え歌で、歌詞は、

♪ABCD階段で カニにチ○ポを挟まれた
♪離せ離せこの野郎 離すか離すかソーセージ
♪赤チン塗っても直らない 黒チンぬったら毛が生えた

まあ、子供って、この手の下ネタが大好きですから、このような替え歌がたくさん誕生するんでしょうね…
「ハートオブゴールド」さん〜02 08/10〜
<Rresponse>
●ABCDの歌は、私が小学校で聞いたのは、階段でなく海岸になっていました(カニがいるのだからその方が自然かと)。軍艦マーチは、尼の知人(≠出家した女性)によると、はさまってから♪二時間経ったら切れちゃって(ちゃって、の部分は定かではない)、中から黄色いお茶が出た、なんだそうで、初めて聞いたときツボに入って笑い苦しんでしまいました。
「あいすけーき」さん〜02 08/10〜
<Rresponse>
●私が覚えているものは、「戦艦大和が沈むとき カニにチンポをはさまれて抜かれてたまるか!わがチンポ 抜かれてたまるか!わがチンポ」という、くりかえしの絶妙なものです。
大阪平野生まれの宝塚在住「スズメ♂」さん〜02 08/10〜
<Rresponse>
●♪ジャスコで万引き トポスで食い逃げ ニチイで捕まりッ 牢屋行き〜♪ でした。トポスて…(-_-;
「けんちゃん's」さん〜03 01/01〜
<Rresponse>
●♪坊や〜、よい子だカネだしな。(日本昔ばなしのメロディで)
宝塚出身旭川在住「オイキムチ」さん〜03 01/01〜
<Rresponse>
●私の住んでいた大阪市平野区瓜破にもジャスコはありました。いまからかれこれ20数年前、中学生の私は友達と行くと必ず口ずさみました。例の歌を・・「ジャスコで万引き、食堂で食い逃げ、トイレでこき逃げ ジャスコでね。」
「しいたけダンス」さん〜03 01/01〜
参考ページ→子供の情景・懐かしのメロディ他




<From掲示板・きっと君は関西人♪>
●このシーズンになるとどこからともなく聞こえてくるメロディ”山下達郎のクリスマスイブ”を口ずさんだら。あーら、

♪♪♪ きっと君は関西人 まちがいなく関西人 ♪♪♪♪♪♪
♪♪♪ さいでんなあ そうでんなあ ♪♪♪♪♪♪

と嘉門達夫になってしまう人、私のほかに必ずいてるはず♪♪♪
ん、いないって?。し しつれーしました。
「千里のふでばこ」さん〜04 12/26〜
<Res>
●それは、私です。我が家の思春期ボーイズ(高2&中2)も、このシーズンになると歌ってます。山下達郎のクリスマスイブより、嘉門さんの歌の方が、頭にインプットされているようです。以前、テレビからJR東海のCMが流れてきた時、嘉門さんの方の歌詞で歌っていた、思春期ボーイズですからね。
「思春期ボーイズの母」さん〜04 12/26〜




●布忍の地名

<from Mail box>
●私は、大阪府松原市にある「布忍」なんですが、地名変更でいまこの「布忍」は地名では使われていません。現在「布忍小学校」「布忍駅」(近鉄南大阪線)「布忍神社」等があり。布忍という地名が大阪以外にもないか探しております。
 もし知って居られましたらお教え下さい。
「てんぷらさん」さん〜98 6/28〜





●関西土産

<プリッツ、ポッキー>
●新大阪の駅で、「大阪名物たこ焼プリッツ」と「神戸ワインポッキー」と「宇治抹茶コロン」の3点を売ってますよ〜。抹茶コロンはめっちゃおいしいし、小袋がようさんはいってるので分けやすくていけてます。(註:98年投稿分)
兵庫県「しまのふ」さん〜98 7/26〜

<キャンディ>
●大阪のおみやげでは、「たこ焼きキャンディー」というものすごいものがあります。大きさも、形も色もたこ焼きで(棒のないチュッパチャップスみたいな・・・)、味もなんとたこ焼きの味がするそうですよ。(私は未だに恐ろしくて、よぉ食べてませんが・・・。)(註:98年投稿分)
東成区「菅笠のかんたり」さん〜98 9/03〜
<串カツ>
●新大阪駅で土産用の新世界串カツ、売っとったで。ご丁寧に「ソース二度漬け禁止」までちゃんと書いてあった。地方への土産用でんな。
「マスオさん@勝尾寺」さん〜07 10/08〜
<王将>
●いきなり串カツから脱線して申し訳ないのですが土産で思い出したので。。。伊丹空港に売ってる「王将の餃子」(どっちの王将か不明)は高いけどほんっまに美味しく帰阪する度に買うてます。お勧めです。
「おっさん猫」さん〜07 10/08〜
<551蓬莱>
●串カツおいしそうですね。私はお土産用のチルドの豚まんを売ってる551蓬莱のお店が新大阪駅にあるので帰省の度に買ってきます。蒸したてのと違って豚まん持ってます!って匂いがしないのでいいですよ。
「なにわっ子」さん〜07 10/08〜






●ハッピーアイスクリーム

<from Mail box>
●ところで、「ハッピーアイスクリーム」って知ってますか?

 偶然、同じ言葉を誰かと同時に言った時に「ハッピーアイスクリーム!」と言って相手をタッチします。先にタッチした方がアイスクリームをおごってもらえるという遊びです。実際おごってもらったことは殆どないですが・・・
(応用として「ハッピーハンバーガー」とか「ハッピーたこ焼き」とか「ハッピーハウス」なんてのもありました)
 この話は「子供の情景」に書いたほうがよかったかな。
大阪出身関東在住「浪花のユウユウ」さん〜98 9/10〜

(関連コーナー)「子供の情景」

<from掲示板>
●ハッピーアイスクリームですが、「はっぺ!」と言ってませんでしたか?どこを探してもそれらしい形跡がなく、気になって夜も眠れません。うちの小学校ではみんなそう言ってました。
「りょう」さん〜09 03/29〜




●おはつ

<from Mail box>
●皆さん、
 散髪を終えた次の日の朝、必ず数人に刈り上げたばかりの後頭部をなでられ、「おはつ」と叫ばれていませんでした?。

 これに対して本人はただ耐えて事が過ぎるのを待っているだけで、とくに反応するわけではありませんでした。これは、散髪をした人に対する一種の礼儀であったようです。
シンガポール在住「S40生堺市向丘小卒」さん〜98 9/24〜

<Rresponse>
●初めてメールします。
98 9/24の投稿に「お初」に関してありましたが、私の通っていた小学校では散髪したての子を見つけるとみんなが寄ってきて頭を叩きます。その時に歌う歌があって、

「おはつーたこみっつーおまけーいちにっさん」

と、バカバカたたかれたものでしたがそういう遊びはなかったのですかねー。
大阪市都島在住「大北」さん〜98 11/29〜
<Rresponse>
●うちの小学校では「おは〜つ、みっか」といって、髪を切ってから3日間は、頭を3発たたかれていました。でも、一回の散髪につき、その人をたたくのは、一回だけでした。
京都出身東京在住「ず」さん〜00 11/17〜






●チェーン店東西対決

<from Mail box>
●「セイコーマート」は、北海道において確かに多く「谷 啓」がCMしてました。「すじこ」おにぎりがおいしかったです。
 「ニコマート」は、9年ほど前には、神戸のJR六甲道駅山側付近にあり、カラーコピー機を置いてて珍しかったです。 「ナイトショップいしづち」は愛媛にもあり、今治出身者によるとコンビニのさきがけでたまり場だったそうな。エロ本&ビデオ完備でさすがナイトショップだと思いました。店主の趣味がうかがえます。また、愛媛には、「セブンスター」というのもあります。

 「ダンキンドーナッツ」は吉野家と同系列と聞いたことがあります。沖縄では14年ほど前にはすでにありましたが、吉野家がありませんでした。6年ほど前に吉野家USAができ、「ドーナッツより牛丼やろ」と言っていた知人の夢がかなってました。また、泡瀬には、「スパー本店」があります。

 和歌山、泉佐野周辺には、愛用の「スーパー松源」があり、松源の歌を覚えたいために通っていますが、運悪くなかなか流れません。TELL ME!。和歌山に「ごとう本店」といったチェーン店があります。どれが支店かわかりませんよ。
 どこから見てもスーパーなのに百貨店と名乗る「マンダイ百貨店」や局地的チェーン店の「キリンド」(ライフの系列らしい)もお勧めです。

 昔、「サンチェーン」といったコンビニがあった気がしますが、誰か知りませんか?。ごちゃごちゃ書いてすみません。(作者註:ダイエー系列のコンビニでした。ただローソンに一本化されて今ではなくなってます)
「六甲おろし」さん〜99 5/28〜



<from Mail box>
●「チェーン店東西対決」拝読しましたが,実は関西地方は「さらに西からの波」にもさらされていることを御存知でしょうか。
 私の故郷は姫路ですが,2年ほど前,姫路駅南口にコンビニ「ポプラ」(本社広島)が出来ていたのには驚きました.この「ポプラ」は岡山や広島に行けばどこでもありますが,まさか姫路に来ることはあるまいと思っていただけに,衝撃は大きかったです。

 播磨地域と岡山の商取引は従来からそこそこありますが,これが最近拡大しつつあるらしいのです。播磨ではかなり初期から店を出しているローソンが今後どう出るか,地元民として注目しています。

 さて話は変って「セイコーマート」ですが,これは札幌が本社である関係上北海道に店舗が多く,ついで多いのが滋賀県.あとは京都,兵庫,鳥取などだそうです。滋賀県は密度から言うと北海道より店舗数が多いですが、最近小野市樫山でも店舗を確認しました.京都市内では北山通にあるそうです。
大阪在住「森高中央改め モリタカ中央」さん〜99 6/04〜



<from Mail box>
●こんにちは。初めてお便りします。

セイコマート…姫路にありますよ。
JR英賀保駅付近と、網干(ぽっかぽっか温泉の近く)にもう一つ…。

ウエルマート…特に西播に多いようです。
確か姫路、御津、三田などに出店してます。姫路の人ならきっと知ってる。

マルナカ…元は岡山方面から来ているみたいです。既に姫路に進出済みです
姫路出身吹田市在住「いちご」さん〜00 05/15〜




<from Mail box>
●はじめまして。クラタと申します。セイコーマートが北海道以外に進出している ことを知り、正直びっくらこいてます。

 北海道にあるコンビニは、セブンイレブン(只今バイト中)、ローソン、サンクス、そしてセイコーマートです。しのぶさんが言ってたセブンイレブンよっかメジャーというのは多分店長の誇張でしょう。私の周辺を見る限りセブンが一番多いです。次にセイコーマート、ローソン、サンクスと言った感じですかね。
 
 セイコーマートの良さは、定価じゃない。冷蔵庫が低温に設定されていて飲み物が冷たい。お酒がたくさんあって箱買いとかすると安くてまるでディスカウントショップみたい。あと100円ペットってのがあって烏龍茶とかコーラとかセイコーマートオリジナルの500mlペットボトルのジュースがある。うまい。

 ちなみにセイコーマートのキャッチフレーズは
 ♪家族わーくわっくセイコーマート♪です。
北海道在住「クラタ」さん〜00 07/05〜


<from Mail box>
●「アンスリー」というコンビニを紹介します。最初はなんばCITYの一角で見つけて、見たことないコンビニやなぁ、と思ってたんですが、阪神、南海、京阪の共同出資のコンビニのようです。
 確かに阪神西宮とか甲子園駅前にもあります。(とはいえ、まだ入ったことない・・・。http://www.hanshin.co.jp/jinji/company.html の中でも紹介されてますよ)
「よいやん」さん〜00 09/10〜


<from Mail box>
●スーパー「平和堂」ですが、実は滋賀県だけでなく、大阪府、京都府、福井県、石川県、富山県にもあります。私の知っている限りでは、大阪府下には3店舗あり、「アルプラザ枚方」が、枚方市津田付近に、「アルプラザ香里園」が、寝屋川市(おそらく)に、そして「平和堂真砂店」が、茨木市真砂(阪急南茨木から東へ約1km)にあります。
 しかし、本部は滋賀県彦根市なので、店舗数が一番多いのは滋賀県のようです。

 平和堂には、4種類の店舗があり、標準的な店舗が「平和堂」。平和堂自らが「ジュニアデパート」と宣伝する大型店舗が「アルプラザ」。そして小型店舗が「フレンドマート」と「スーパーフレンド」の2種類と、計4種類あります。

 続いて、「スパー」「ホットスパー」ですが、東近畿地区のそれらは平和堂系列になっているらしいです。ちなみに、私が友人と話しているときなどは、「スパー」も「ホットスパー」も、両者ともに単に「スパー」と呼んでいます。

 西武系のコンビニ、「ファミリーマート」なら、近江八幡市内の国道8号線沿いにあったと思いますが…。その他、「セブンイレブン」「サークルK」「ローソン」なども、最近徐々に繁殖しているようです。
 「ミニストップ」「サンエブリー」などは見かけたことがありません。
滋賀県在住「ひー」さん〜00 09/10〜



<From Mail Box>
●はじめまして。大阪弁川柳を見てアクセスしました。

 もうこの情報はあるかも知れませんが、以前高知県のコンビニは、HOT SPARくらいしか見当たりませんでしたが、ローソンの全県出店計画によりローソンがはじめて高知県に入ってきてから、サンクスとか色々見かけるようになりました。

 それまで我が世の春を謳歌してあまり新規に出店していなかったHOT SPARが危機感からか新たに出店し始めてコンビニがどんどんできていました。それはそれは面白かったです。メジャーチェーンで言いましたら、サンクスは有りました。サークルKはなかったと思います(有ったかもしれないけれど、記憶に残っていないです)。ヤマザキ系のコンビニは1軒有りましたが、午後10時か11時くらいにしまっていたと思います。

 後、名前は忘れてしまうほどマイナーなコンビニ(これも午前0時くらいにしまってしまいます)が有りました。セブンイレブンに付いては、愛媛県以外の四国にはなかったと思います。愛媛県だけは、行ったことが無いので分かりません。

 セブンイレブンは、やっと大阪市内に進出し出してきたので、これから西に広がっていくのではないかと思います。そう言えば、セブンイレブンを全く見かけないのに、CMだけ流れていた時が有り、どこに有るんだろうと思っていた時期も有りました。


 セブンイレブンで思い出しましたが、セブンイレブンの大阪への進出の仕方が、結構面白く、大阪市の周辺から出店し始め、徐々に市内へ進行しているところです。やはり、大阪はローソンとファミリーマートが強いみたいです。
千葉県出身で大阪在住「ばかぼん」さん〜01 01/10〜


<From Mail Box>
●まず、大阪には「アンスリー」がありますね。僕が確認したのは、京阪樟葉駅前、京阪京橋駅構内、難波シティの3店舗です。(他どこかで見た記憶があるんですけど・・・)あと、これはおそらく京阪宇治交通が絡んでると思われますが、「ファミリア」というチェーン店があり、京阪牧野、松井山手、宇治などに店舗があります。

 これは「コンビニは火曜日にかわる」という書籍から得た情報なのですが、セブンイレブンとAM−PMはまず並んでることありません。セブン「安い土地で加盟店を増やす」方針で、国道沿いなどに多く、駅近くには少ないです。都会よりも地方に多いことになります。
 AM−PMはその逆をつくことで知名度アップを図りました。よって、駅前には多く見かけることがありますね。

 JRの駅でたまに見かけるのが「ハートイン」。大阪駅構内で見つけましたが、他どこかのローカル駅で…

 あと、ファミリーマート、昨年はじめて広島県内(福山)にオープンしたそうです。今月、広島市内、呉市内、愛媛県に第一号店舗とあるので、これらの地域にはファミマは少ないということになります。


寝屋川に住む「イワシ」さん〜01 06/17〜


<From Mail Box>
●HOT SPARですが、平和堂が持っていた東近畿スパーの108店のうち80店はファミマに買却されるそうです。残りは閉鎖。我が実家のある若狭小浜は現在HOT SPAR3店とミニストップ1店ですが、さて、ファミマになるのか?。なお、現在ミニストップ2号店が建設中とのこと。
 舞鶴、敦賀、今津、朽木など周辺にはローソンやマクド(朽木にはない)が進出するなか、小浜には未だないんですよね。やっぱり福井県の田舎より、滋賀県、京都府の田舎の方がチェーン店の進出ははやいですね。


「O・A」さん〜01 09/30〜


<From Mail Box>
●以前コンビニ情報をメールで送らせて頂いたイワシです。あれから松井山手の駅に行きましたところ、「ファミリア」は「アンスリー」へと姿を変えていました。また、寝屋川市駅が高架になり、駅下にコンコースができ、ここにも「アンスリー」ができました。京阪牧野のファミリアも別のチェーン店になってしまったようです。

 他調べたところ、「アンスリー」は、京阪沿線には御蔵山、宇治東、東御蔵山にあるようです。(いずれも駅ではないのですが、新興住宅地域)
寝屋川に住む「イワシ」さん〜01 12/17〜


<From Mail Box>
●初めまして。東京にはファミレスのフレンドリーがないそうです。東京から転勤になってきた後輩がそう言ってました。 関西地区だけのファミレスだったんですね。
「オムライス」さん〜06 11/19〜


<Res>
●こんばんは。初めて投稿します。千里ニュータウン出身、現在東京在住のぴーたんと申します。 フレンドリー、ほんと、ないんですよ東京に。学生時代に大変世話になった「ざ、めしや」もありません。あれは良かったな。一人暮らしの現在、あったらいい店のベスト1です。この掲示板で話題になっていた王将は懐かしさのあまりよく立ち寄りますよ。ほっとするひとときかな(涙)。逆に関西にない店としてアップルマートというコンビニが東京にはあります。特に変哲もない普通のコンビニですけどね。デパートの丸井を「オイオイ」と読んで笑われました(爆)
「ぴーたん」さん〜06 11/19〜






●残酷?ロフトソング

<from Mail box>
●はじめまして、
 さて、今回お便りさせて頂いたのは、梅田ロフトで流れるBGMのことがどうしても気になり、誰かに「それ、知ってる」と言って欲しかったからなのです。そのBGMとは軽快なレゲエのリズムに乗って

♪(女性コーラス)ロフトでギフト〜
♪ 私はモノで〜愛を〜測る〜ヒト〜

♪ 好きになったヒト、
♪ なんとか(ここの部分不明)なヒト、
♪ それでもってトナリに越してきたヒト

 とランキン・タクシー(たぶん)さんが軽快に唄っているのですが、この最初の女性コーラスの部分、あまりに爽やかすぎて、その内容の残酷さを聞きのがしてしまいそうになるのです。関東に越してきて他のロフト店舗で流れているか確認しに行ったこともあるのですが、どうやら梅田ロフトだけのようです。

 ああーメールだとその「爽やかで残酷」な雰囲気が伝わらず、もどかしい限りですが、私が関西にいた頃は、FM802でもCMで流れていたんですよね。出来れば、全歌詞が知りたいのですけど・・。
宝塚市出身、千葉県在住「ふな」さん〜99 06/04〜







●三重県は関西??

<from Mail box>
●今井さんなら、三重県を「近畿」あるいは「関西」と思われるでしょうか。私が小さい頃(1980年代)、三重県は近畿地方として扱われていたような気がします。
 統計などで全国を区分するにあたっては、「北海道」「東北」「関東」「中部」「近畿」「中国」「四国」「九州」 となっていました。図鑑でもそうなっていました。これがいつの間にか、九州では沖縄を添書きするようになり、中部地方は「甲信越」「北陸」「東海」とされるのが普通になりました。

 三重県というのも複雑な所で,ざっと分けただけで北勢(桑名・四日市),中勢(津・松阪)、南勢(伊勢,鳥羽)、志摩、紀伊(尾鷲,熊野)、伊賀(上野,名張)の6地方になります.北勢は明らかに名古屋圏ですが、津となると少し名古屋風が弱くなり、松阪では関西の影響もではじめます。伊賀は今や関西の通勤圏。
す.
 考えられるのは「かつて(20年くらい前)に比べ名古屋の引力が強くなった(関西の地盤沈下?)」ということですが、文化的には三重県は独自のものも持っているし、中勢以南での方言は関西弁とそう変りません。特に伊賀は山国だけ に、畿内とのつながりも深かったはずです.いつも思うのですが、伊賀だけ滋賀県が合併していれば良かったのではないでしょうか。
 フツーの人(特に関西人)は、三重県をどう思っているのでしょう。「近畿ではあるが関西ではない」というところでしょうか。「畿内に近い」のだからキンキには違いない、と・・・。
大阪在住「森高中央改め モリタカ中央」さん〜99 6/12〜


<Rresponse>
●私は小さい頃、というより10年ほど前まで「三重県は近畿地方」だと信じて疑わなかった人間です。っていうか、今も三重県は中部地方だということに懐疑的です。
 小学生の頃、都道府県パズルという物を持っておりました。たぶん学研の科学と学習の教材かなにかだったと思うのですが、それには確かに近畿地方の中に三重県が入っていたはずなんです。だから知人に「三重県は中部地方」と言われるたびに、自分の記憶違いだったのかなぁと思ってしまいます。
 でもなぁ、先ほど言った教材のなかに、「近畿地方で南北に一番長い県は三重県」って書いてあった記憶が今でも有るんですよねぇ。とはいえ、行政区では中部地方なんですよね?実は「昔は近畿地方だった」という願望的オチを今でも期待しているのですが、やっぱり私の勘違いで間違って記憶してしまったのかなぁ。
兵庫出身奈良在住「むねくん」さん〜01 03/11〜



<Rresponse>
●HP内を拝見しておりましたら、「三重は近畿なのか?」というお題を見かけました。「近畿」という概念はいわゆる二府四県と考えれば良いのでしょうか??

 といいますのは、「近畿」に関連したことばで、「畿内」という語があります。これは 「大和・山城・摂津・和泉・河内」を五つの畿の内、すなわち「五畿内」と考える古代の区分方法なのですが、そう考えると、兵庫も和歌山も滋賀県も「畿内」ではない、いわんや三重をや、ということになります。ただし、「近畿」とは「畿内及びその近辺」を指すと考えられなくもないので、そう考えると「近辺」の中には三重も滋賀も和歌山、兵庫も入るとは思っています。

 古代の区分法だと、滋賀県は租庸調のうちの何かの税があったのですよね〜。畿内は無税か半減だったのに。いまだに畿内在住の友人からそのネタで滋賀県についてからかわれることがあります。「あ、ごっめ〜ん。滋賀は畿内やないもんね!」なんて。
山形在住「ゆい」さん〜01 03/11〜


<Rresponse>
●私が小学生の頃、確かに三重県は近畿やと習たはず。大辞林第二版にも、

>きんき-ちほう ―はう 【近畿地方】
>京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重の二府五県。近畿。

と書いてある。それで、白地図のサイトを見たら、やっぱり近畿やった。

http://page.freett.com/rukuruku/japan.html

それで、ここでも、三重県は近畿地方の色分けがされたある。
http://www.gsi.go.jp/MAP/MENCHO/opening.htm

けど、e−MAPでは、北陸・中部に入っとる。
http://www.e-map.co.jp/alljapan.htm

しゃあないから、ネットで百科@HOMEで、調べてみた。

>近畿地方 きんきちほう

>本州中央部よりやや西寄りに位置する地方。京都,大阪の 2 府と,
>兵庫,奈良,三重,滋賀,和歌山の 5 県からなる。
>面積は 3 万 3097km2で全国の約 9 %を占める。
>近畿地方は,古代から明治時代初期まで用いられていた古い地方区画である
>畿内(きない) の 5 ヵ国 (大和,山城,摂津,河内,和泉) と,
>その周辺の 10 ヵ国 (近江,伊賀,伊勢,志摩,紀伊,
>丹波,丹後,但馬 (たじま),播磨,淡路) の範囲に相当する。

>近畿の名称も,畿内とその近辺の国々という意に由来する。
>なお,近畿という名称と区分が初めて用いられたのは,
> 1903 年刊行の国定教科書においてであり,それ以前にさかのぼらない。

と書いてあったんやけど、その後に、

>ちなみに 1963 年に成立した近畿圏整備法を機に
>近畿圏という名称も公用化しているが,
>その範囲には近畿地方の 2 府 5 県のほかに福井県も加えられている。
>一方三重県は,中部圏整備法の範囲にも含まれるなど中部地方との関連が強く,
>時には中部地方の愛知,岐阜,静岡の 3 県とともに東海地方として一括され,
>近畿地方から除外される慣行もみられる。
>なお関西という呼称は,広狭さまざまな用法があるが,
>狭義には近畿地方から三重県を除いた範囲を指すことが多い。

>中部地方
>−略−
>その後 1966 年に中部圏開発整備法が制定されたのを機に,
>上記の新潟,山梨県が抜け,
>代りに三重,滋賀県が新規参入して新たな中部圏ができあがった。

>で、中部圏整備法で、滋賀県と三重県がが中部地方にいっとるらしいです。


国土交通省のHPで、「近畿圏基本整備計画」を見てみましたら、

>3.計画の対象区域と期間
>この計画は、福井県、三重県、滋賀県、京都府、
>大阪府、兵庫県、奈良県及び和歌山県の区域を対象とする。

っちゅうて書いてありました。ところが、「中部圏基本開発整備計画」を見たら、

>3 計画の対象区域と期間
>この計画は、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、
>静岡県、愛知県、三重県及び滋賀県の区域を対象とする。

となってて、三重県と福井県が、両方に入れてあるんですわ(さっきの説明とちゃうがな…)。でぇ!(ざこばさんの口調で)ますますわけがわからんようになってまいました。どないしょ?
「りょうけん」さん〜01 03/11〜


<Rresponse>
●初めまして三重県出身の京都府在住の轟と申します。実は前から気になっていた事を検索していましたらこのHPにたどり着きました。
 その気になっていた事とは三重県は関西??と言う項目です。私は三重県出身なのでこの事については前から疑問に思っていたのです。


 私が子供の時(1990年代近く)はもうはっきりと中部地方だと教えられました。
 現に使っていた地図は中部地方の所に三重県が入っているものを使用していました。ですが、京都に来て見ると天気予報でしっかりと三重県が入ってるじゃないですか!これにはビックリしました。何故なら私達のところは東海地方(愛知・岐阜・三重)の三つの県しか天気予報をしないからです。

 その為ここでは三重県も近畿地方に入っているのだろうかと思い他の関西の子に聞いても三重県はやっぱ近畿地方に入らないという結果になりました。しかし、中部地方から上の方になりますと変わってくるんです。三重県は近畿地方だと教えられたとかそう思っていたとかになるんです。現に全国区の放送で堂々と近畿地方に入れられてました…。

 でも、テレビの放送局ではしっかりと別れています。チャンネル分けも近畿地方とは全然違います。伊賀の人はそうではないと言いきれませんが、上野の近くに住んでいる子曰くは関西のテレビ局の放送は入りません。何故なら山が多くて電波が悪いから(苦笑)ですから一応テレビで考えると私達は中部地方なんです。しかしこれを言葉や文化にすると変わってきます。東京などの関東の人が聞いたら関西弁になるんです。

 確かに少し標準も入っている関西弁なんですが。食べ物も関西色が強いです。(でも私の家では少し違いました、卵焼きだけは甘かったんです。これは家庭によって様々でした。)文化も近畿地方からと名古屋などの方からの文化が丁度交わっている感じです。又その中でもいろんな行事や風習があります。

 だから私は一概に関西ではないとは否定できないんです。その上、中部地方だと学んでいてもニュースやテレビの番組などによって混乱しどれが正しいのだろうかわからなくなっています。特に番組によって違うと言うのは子供を持つ親にとってはまぎらわしいそうです。天気予報だけは東海地方で通しているから大丈夫なんですが…。そう考えると一番しっくり来るのはやっぱ東海地方なんです。この東海地方と言う呼び名に20年近くも慣らされていますからね。
三重県出身京都府在住「轟」さん〜01 12/17〜


<Rresponse>
●はじめまして。三重県の伊賀者です。10/14の「三重は関西?へのレス」へのレス?をします。「三重は関西?」はみんな同じ疑問を持つのか、ここに限らずいろんなところで三重県の所属を問われてますねえ。

http://www.toxsoft.com/kio/guide/2chiiki.html

http://kyoto1.ceo-jp.com/cgi/gazo/img-box/img20010621030743.gif

上の表を見ると、三重県全体では辞書的には近畿、経済的には中部(東海)となるようです。


 三重県自身は、「三重は関西圏と中京圏の結節点だ」という表現をしたり、関西・東海双方の会合に顔を出したり、どっちにも関わっています。三重県としてはカッチリ決めてしまうより、曖昧なままにしておいたほうが、なにかとおいしいと思ってるんでしょう。

 また、県民のあいだにも統一されたアイデンティティがないように思えます。ほぼ名古屋圏の桑名 紀伊の一部だった熊野 大阪のベッドタウン名張..など都市によってそれぞれ事情が違うし、言葉や文化も違いますからね。だから、三重県外の人は三重はいったいどっちなんだ?と疑問に思い、三重県民でも人によって意見が分かれてしまうのだと思います。

 10/14の轟さんは東海系のテレビを見てたのでやや東海の方にシンパシーがあるようですが、伊賀者の私は関西系のテレビを見て育ったので関西の方にシンパシーを感じます。大部分の伊賀地域で関西系のテレビが映ります。

http://www.ict.ne.jp/~igabito/siryou/siryou7.html

 私は、三重は各地域からなる連邦県だから現在の県のまま まるごとどちらかのエリアに入れてしまうのは無理がある。と考えています。
「伊賀者」さん〜01 12/17〜


<Rresponse>
●三重県は関西か、という問題ですが私は違うと思います。中部です。食べ物の基本的な味付(味噌や醤油など)関西とはかなり違います。名古屋に近いです。言葉も名古屋的な単語や用法が多いと思います。ただ言葉のイントネーションは関西風です。(ちょっと違います。)ですので、東京などに出かけると関西人のフリをする人が意外と多いです。東京の人には完璧な関西弁に聞こえるようです。ただ伊賀上野地域については関西のように思えます。
神戸出身三重県在住「K・T」さん〜02 05/26〜


<Rresponse>
●私は、旧伊賀国に属する地域は関西、旧伊勢国、志摩国は中部だと思います。その根拠は、まあこんな歴史的な言うときながらなんですが、まず伊賀地方、今の名張市、上野市などが中心の地域ですが、この地域はテレビのチャンネルは2,4,6,8・・・で関西と同じです。   しかしそれ以外の地域は熊野の方も含めテレビのチャンネルは名古屋のものと基本的に同じです。伊賀地方は関西も名古屋の方のテレビも両方写りますが、名古屋のテレビの方はUHFになっており、主流となっているのは関西方面のものです。

 実際、伊賀地区にずっと住んではる30代の方はみな「パルナス」のCMを知っていますが、伊賀以外の三重県人の方はみなご存知ではありませんでした。これからもわかるように、伊賀地区は関西文化なのです。それを裏付ける根拠はその他にもたくさんあります。まず話す言葉。伊賀地区の方は、「〜しはる」とか、関西とほぼ同じ言葉を話します。また、どんべえも関西ヴァージョンのものが売ってます。もともと伊賀国は京都の南山城、奈良の柳生あたりも含まれており、今でもそのあたりに住んではる方の買い物とかの生活地域は上野市が中心であり、信楽のあたりの方も上野によくこられます。また名張はご存知のとおり完全に関西のベッドタウン。商圏は完全に関西です。

 ですから、私は関西と中部の境目は、三重県そのものではなく、伊賀国と伊勢国の境目、鈴鹿山脈であると思います。名阪国道で走れば、加太トンネルを越えるとそこから東が中部地方、だと私は思います。  伊賀地方は今首都移転の候補地にも挙がっています。もし移転先となったら、また伊賀国(伊賀県になるんかな?)を復活させて、関西地方に入れれば一番文化的にもきちっと境目ができると思うんですけどね。
大阪出身三重県在住「ハートオブゴールド 」さん〜02 05/26〜


<Rresponse>
●伊賀地方は主に三重や名古屋のテレビ放送が入ります。ただし、ケーブルテレビで受信してる世帯は、関西と名古屋のテレビ放送が入るようになっています。名張や上野のケーブルテレビ局や、住宅街(○○が丘)が1つの大きなアンテナでテレビ放送を受信している所は、関西の放送を見ている世帯が多いと思います。伊賀については、関西とは言い難いと思いますが、近畿であり東海でもあり中部であると思います。携帯電話のエリアで言うと伊賀は東海になります。奈良までが関西です。

 この地方は関西弁に近いように思われますが話し方が少し違います。否定の「〜ない」を関西弁では一般的に「〜へん」や「〜ひん」ですが、この地方は「〜やん」と言います「〜できない」が「〜できへん」ではなく「〜できやん」なのです。名張は大阪のベッドタウンとも呼ばれている通り、住宅街が整備され、多くの関西の人が移り住む田園都市のような地域になっていますが、地元の人や幼い頃からここに住んでいる人はこのような方言を使っていることが多く見られます。
「nangakiya」さん〜04 07/17〜


・・・・・・・

<地上波デジタル>
●三重県名張から心斎橋まで遠距離通勤してる知り合いがぼやいとりました。地上デジタル放送になると大阪のテレビが見れへんようになるんだそうです。毎日大阪に通うとるのに名古屋のニュースしか見れへんのはおかしいと。行政は中部圏ですが実質関西といってもよろしいんとちゃいますか。
「千林くらしエール館 」さん〜07 10/08〜
<Res>
●越境電波の件は各地で熱い議論になっているそうです。ネット百科事典ウィキペディアに、「地上デジタルテレビジョン放送では、送信所から発信される電波の方角・強度を細かく設定できる事や、出力もアナログUHF 局の10分の1に抑える事で、地上アナログテレビジョン放送に比べ本来の放送対象地域に沿った放送が実施可能となると見られる。また、社団法人日本民間放送連盟がケーブルテレビに対して区域外再送信を認めない(放送局個別の判断で方針は運用されており、一部例外あり)事から[30]、地元の放送局は視聴者を奪い返す絶好の機会、自局が属する系列以外の事業者への番組販売の増加による収益確保、新規系列局の開局にもつながる可能性が期待できる」。この点からすると名張地域もこれらに該当することと思われます。
「Round101」さん〜07 10/08〜






●東西庶民信仰の差

<from Mail box>
●(メールのやりとりの中から抜粋ですが)

>稲荷信仰は東京でも結構多いような気がします。有名なのが北区の王子稲荷。

東京にも稲荷信仰はあるんですね。関西の場合ちょっとしたビルの屋上や商家の庭先にもお社を祀ってありますよね?関東でもそうなのでしょうか?

>稲荷信仰の本家って、やはり京都の伏見稲荷になるんでしょうか??
多分そうだと思います。あそこの初詣の数は異常なほどいますから。
「yoshi-t」さん〜99 7/02〜



<作者から>
●お稲荷さんはやはり、京都・伏見稲荷大社が総本社でした〜。ですから「関西の方が稲荷信仰が強い」という可能性は、あり得る事かもしれませんね。ただ、概ね全国に広まっているのは確かなようです。例えば、鳥居大移動の祟りで飛行機事故が起きるのでは、と騒がれた羽田空港近くの神社も「穴守稲荷」ですし。

 「民俗信仰辞典(東京堂出版)」によると、「田の神の使いがキツネ」だったことと結びついて広まったそうです。農耕民族「日本人」らしい神様だといえそうです。
 また、この本によると、総本社・伏見稲荷大社は、なんと京都を代表する寺・「東寺」の鎮守になってました。貴族から信仰が厚かった「東寺」の影響が、稲荷社普及につながったとしています。そして、元々「伏見稲荷」は大和を中心に大勢力をもっていた「秦氏」によって創建された(秦伊呂具・771年)神社でもあり、その影響も指摘してました。

 東寺と秦氏の影響。ひょっとしたらこれらの点が「関西の方が身近」だと感じる要因かもしれませんね。

 ところで、東西で庶民信仰に大きな差があるとすれば「えべっさん」。商業都市・大坂らしい神様です。一方、江戸で広まっていたのが「庚申信仰」。かの「帝釈天」も庚申詣で賑わった神社だったとは知りませんでした。

 東西の庶民信仰比較。これからもちょっと気に留めて置きたいと思います。



<Rresponse>
●西武新宿線に「東伏見」という駅がありますが,ここには伏見稲荷神社そのものがあります。京都の伏見から分祀されたものだそうで,地名もそれにならって「東伏見」(「東」は京都から見て東の意味)となっています。
 稲荷信仰とは別の話で,ご存じだと思いますが,東京や埼玉には「氷川神社」と「女体神社」という名前の神社があちこちにあります。この「女体」にはいろんな意味で惹かれるものがある(笑)のですが,「女体信仰」などというものがあるのかも知れません。                    
埼玉在住「KK」さん〜00 07/05〜


<作者から>
●女体信仰はあると思いますよ(調べた訳ではないんですが)。
 以前民俗学の故郷「岩手県遠野市」で、「コンセイサマ」と呼ばれる男根形をした岩が信仰の対象になってたのを思い出しました。同様に女体信仰も「セックス=子宝=労働力確保=村の繁栄」を祈願したものではないでしょうか。幼児死亡率が高かったことも、関係があるのかもしれません。



●地蔵盆

<from Mail box>
●大学時代に、いろいろな地方の人と交わる中で「地蔵盆」が、関西だけだということと、節分のお寿司のまるかじりも関西だけということを知りました。既に取り上げられていたらすみません。さくらもちも違いますね。関西と関東の違いには、本当に興味があります。
「maki」さん〜03 04/20〜
<作者から>
●地蔵盆が関西だけというのは初めて気がつきました。「道祖神と地蔵」(大島建彦著・三弥井書店刊)によると、「関西方面の事例としては、京都の市中やその周辺で、八月二十三日の前後に、いわゆる地蔵盆の行事をおこなうことが思いおこされる。」とあります。一方で、「群馬県の前橋・高崎両市から、榛名の山麓の一帯にかけて、月遅れの盆の八月の間に、こどもや若者の仲間が、堤燈や万燈などをつらね、鉦や太鼓などではやして、和讃や念仏をとなえながら、地蔵の像をかついで、村中の家々をまわりあるくことが知られている」と、関東でも盆時期に地蔵に関する祭事が行われていることが書かれてありました。


<from Mail box>
●神戸では8月の23日頃に「地蔵盆」という行事が行われますが。この行事は全国区なんでしょうか?
 各町内にある地蔵さんのまわりに町内の子供たちの名前を書いたちょうちんをぶらさげて、おばあちゃんたちが御詠歌をうたい子供たちがゴザの上で遅くまで遊んで、他の地区の子たちが線香を持ってお参りに来てはお供えのおかしやジュースをもらって帰る。われわれの子供の頃は一晩で1斗缶にいっぱいのおかしを集めて1ヶ月ぐらいはおやつに困りませんでした。ただ、神戸は先の震災で多くの地蔵がなくなったことやコミュニティーが崩壊しお世話をしてくれる老人たちが公営住宅などへ引っ越して数が少なくなっています。
「maki」さん〜03 04/20〜
<作者から>
●「道祖神と地蔵」(大島建彦著・三弥井書店刊)「関西方面」と明記されてあることから、「地蔵盆」そのものはやはり京都を中心とした近畿圏内と考えていいのかもわかりません。しかし、同著には、関東でもお盆時期に地蔵に関する祭事が行われていることが書かれてり、また、私の住んでいる市のおとなり・埼玉県三芳町にある多福寺では木の宮地蔵堂の縁日が8月23日に行われてます。お地蔵様の命日に合わせた行事そのものは関西に限らず結構あるようですね〜。

さらに、「路傍のお地蔵さま」(伊藤古鑑著・春秋社)を見てみると、「お地蔵さまは六道能化の菩薩といっております。その六道ということが道路に関係し、道祖神の本地はお地蔵さまというようにいわれ、ここに道祖神とお地蔵さまとが一体になり、道祖神の居処たる賽の河原がお地蔵さまと結びついた」とありました。確かに地蔵菩薩も道祖神も街の辻に祭られてあることが多いようです。で、「民俗探訪事典(山川出版社)」を見てみますと、「長野・山梨・静岡・神奈川・群馬には、双体道祖神が多い。これらの地域では正月の14・15日に道祖神祭りが盛大に行われ」とあります。これはあくまで私の想像ですが、もしかしたら道祖神信仰の強いところでは、「辻に祭られるタイプのお地蔵様は少ない」のかもわかりません。同系統の神仏ですから。現に、多福寺では地蔵堂の中に祭られてますし・・・。あくまで、これは私の勝手な推測なんでアテになりませんが・・・。


●巳ぃサン

<from 掲示板>
●関西方面では、蛇を家にお祭してる家があるそうですね。巳ぃサンって呼ぶらしいですけど。もっと巳ぃさんのこと知りたいんですけど、改めて紹介してらっしゃる方はなかなか見当たらないですね^^;なんでかな?
「わんこ」さん〜05 02/06〜
<Res>
●こんにちは。こたつみかんと申します。 家庭ではなく恐縮ですが奈良の三輪山の大神神社には杉の木に巳さんを祭ってあるんですよ。巳の神杉といいます。お酒と卵をお供えすることが多いみたいです。
「こたつみかん」さん〜05 02/06〜
<Res>
●うちも巳ぃさん信仰している方かもしれません・・・。巳ぃさんが脱皮したのをオサイフに入れておくと お金が貯まるというのはメジャーな巳ぃさん信仰のひとつであると思うのですが・・・。まだ巳ぃさんが家の近所のそこここに住んでいた(というか出没していた)20年ほど前は、害をなすヘビ類は嫌っていましたが、普通の巳ぃさんは庭にいても払いのけたりしてはいけない、と言われ、逆に手を合わせておりました。去年の5月1日に三輪に行き、月初めの神杉をもらってきたのですが、その時、参道にたまたま巳ぃさんがいはって、参詣人はみんな手を合わせておりました。すごい人だかりでした。
「ゆい」さん〜05 02/06〜
<Res>
●大阪奈良県境にある信貴山は、信貴山縁起絵巻にも見られるように聖徳太子が関係された歴史のある霊山として、近畿では信仰を集めており、その頂上にある御参り場所は、巳ぃさんがお祭りされています。 もし興味があられるのなら、一度行かれてみるのも面白いかもしれませんよ。
「御木本」さん〜05 02/06〜






●お盆のお供え・中元

<お盆のお供え>
●そう言えば、お盆が近づいていますが、お盆のお供えも東西違ってませんか?

 スーパーでお盆の飾りが籠に一式入って売っていましたが、見たことも無いようなものでした.あれはかまぼこ?それとも砂糖菓子?。なんか鯛の格好をしたものとかお花(菊?)の格好をしたものとか・・・。東京ではナスときゅうりに、なんとか言う木を4本刺して、ナスは牛、きゅうりは馬に見たてて飾るんですけど、これは同じなんですか?
「西宮の江戸っ子姐さん」〜99 7/02〜


<管理人より>
●お盆のお供えというものをあまりしたことがなくて・・。不信心な実家なもんであまり詳しくなくてすみません。

 「生活文化歳時史(東京書籍)」によると、お盆(=盂蘭盆)は元々、釈迦の十代弟子が母の死後に餓鬼道に墜ちて苦しんでいるのを「飲食百味五果」を供えて供養したことが始まりだそうです。「百味五果」という意味から、日本各地のお盆では、柿・桃・梨・西瓜・夕顔・クルミ・胡瓜など季節の物やソーメン・うどん等を供える風習があり、これらの地方差はあまりなく「大同小異」であるとなってました。

 ただ、鯛の格好の物や「かまぼこ?それとも砂糖菓子?」という物も、見た記憶があるんで、ひょっとしたら派手好きな関西ならではの供物が広まっているのかもしれませんね。百味五果という元来の意味からすると、バラエティに富んでいても良いような気もしますし・・・。

 「ナスは牛、きゅうりは馬に見たてて飾る」由来も含めて、どなたか詳しい方おられませんか??


・・・・・・

<お盆・中元の時期>
●つい、関西人のクセというか、8月入らないとお中元贈らない習慣が身に染みついていて、関東以北にも親戚がいるというのに、タイミングを逃してしまいがちです。早い内に頼んだとしても、贈ってもらうのは8月に入らないとなんとなく「お中元」じゃない感覚になってしまいます。関東以北は7月15日にお盆をするとこが多いから、それで「お中元」が早いんだそうですね。お歳暮も同様で、関西だと討ち入りから年末がだいたい標準だと思うんですが、関東以北だと12月に入ったら、と聞いています。そういや松の内も関西は小正月まで、関東は七草までだそうですし、早め早めに切り上げるのが関東以北で、 のんびりダラダラ〜が関西以西なのかもしれませんね(笑)。ダラダラな私としては、関西の習慣の方が助かるんですが。
「元滋賀県大津市民ゆい 」さん〜07 10/08〜
<Res>
●新潟では8月15日にお盆の行事をすることが多いみたいです。山形とは隣の県なのですけどね。
「新潟在住なめこそば」さん〜07 10/08〜
<Res>
●こんばんは。山形の主人の実家ではやっぱり8月15日でした。ただ迎え火→男のお盆と女のお盆→送り火という感じで、盆の入りから明けまでいろいろ行事が・・・。一応江戸時代から続く紅花商人の家だったので、古い?風習が残ってるみたいです。ごく普通の核家族家庭に育った私としては、お盆(8/15)は大谷さんに墓参りに行くのも人が多くてイヤ→盆の入りの前に墓参りして花飾らないと、他の親戚がうるさいから毎年11日くらいに→家におっさん呼ぶのもめんどくさい→15日は家の仏壇に手を合わせるだけでおしまい!。だったので、なんでこんなに盆と正月が忙しいの!と風習の違いにびっくりでした。同じ山形でも違う地域の方や、家によってお盆の時期が違うようで、山形にいたころ、ニュースで7月なのにお盆の墓参りの映像が流れてびっくりしたことがありました。
「元滋賀県大津市民ゆい 」さん〜07 10/08〜
<Res>
●東京のお盆は人によって違いがあるんですが、7月に行う傾向があるみたいです。お供えも変わっとりまして、ナスとキュウリに棒をさして、馬と牛にみたてたものをお供えしてはります。聞くと、ご先祖の霊が来はるときは馬に乗って早く、お帰りにならはるときは牛に乗ってゆっくりと、という言われがあるそうで。
「森永アントルメ」さん〜07 10/08〜
<管理人より>
●確かに関東では8月のお盆を「月遅れのお盆」というように、結構7月15日に行うこともあるようですね。スーパーでも、 ご指摘のナスとキュウリのお供えを売ってたりしますし。恐らく昔はどこの家庭でも作ってたんでしょうね。スーパーで買ってきたものとご先祖様がお知りになったらさぞかしびっくりするでしょう・・・。


<Res>
●商店街の仏壇店で「お盆のご準備はお早めに」という張り紙を見ました(註:6月19日投稿)。関東では7月15日になさる人が多いんですね。でも関西人の私には、まだまだ6月やん、気が早や過ぎるように感じました。
「HN森永アントルメ」さん〜08 07/06〜
<Res>
●東京でも普通はお盆といえば8月15日だと思うんですが7月15日に行事をなさる家庭もあります。なので8月のお盆を「月遅れのお盆」という人もいらっしゃいますね。地方出身者が多い関東ですから、8月のお盆に帰省なさる人が多いためでしょうか、会社の休暇も全国と同じこの時期に合わせてます。
「ころん」さん〜08 07/06〜
<Res>
●こんばんは。お盆はほんとは旧暦では7月15日あたりなんですよね。新暦にすると約ひと月遅れということで、8月15日あたりになるわけで。なので新暦だけど7月のままでなさる地域もあるし、関西の多くは旧暦の7月15日、つまり新暦の8月15日にするところもある、ということみたいです。それに関西の7月は忙しいですからね。もうすぐ祇園さんが始まりますし。 7月から一ヶ月間、なんとなくそわそわというか、どの日が室町の呉服安いんだろうとかどの日に行けば鉾のちまき並ばず買えるだろうか、など思い、いつ行こうかと6月末になると考え始めます。今年のお稚児さんはどこのお店の子やとか、そんなことが気になります。
「元滋賀県大津市民ゆい」さん〜08 07/06〜






●水中エアステーション

<from Mail box>
●昔「あべのプール」というのがあったのをご存じでしょうか。

 私は阿倍野区に住んでいたので小学校の頃毎週のように行っていた頃もありました(かれこれ25年くらい昔か・・・くぅ)。最近もスパワールドなどの都市型温泉・プールはいくつもありますが、今思っても、あれはかなり画期的だったと思います。

 なんといってもあの「水中エアーステーション10カ所!」ってのはいまだ、他では見たことがありません。水中エアーステーションは年齢制限があってその頃の私は入ることができませんでしたが、今やったら絶対挑戦してると思います。
 知らんまに無くなって今や跡形もありませんが、非常に懐かしく、強烈な施設であったことには間違いありません。

 是非、あべのプールに親しんでいた人、水中エアーステーション体験者の方がいてましたら、体験談等お聞きしたいです。会社でも知ってる人が少なかったりして寂しい思いをすることが・・・。
「よいやん」さん〜99 8/06〜



<Rresponse>
●あべのプールのこと、さっそくヨメハンに聞きました。小学校の低学年のときのことなので、はっきりおぼえてないそうですが…

●プールの深さは、だいたい3mぐらい。大人でも足が立たへんかった。
●プールの中に、おわんを伏せたみたいな水中ステーションが何ヵ所かあった。

●こどもが二人でいっぱいになるぐらいの大きさのステーションやった。
●なんや、これだけかいな、たいしたことないな…という感じ。

●ところが、アッと驚くことがあった。プールから出て、親に隣の喫茶店につれ ていってもらったら、なんと喫茶店の壁面が水族館みたいになっていて、プール の中が見えるようになっていた。
「ダダ龍」さん〜99 8/15〜


<Rresponse>
●たまたまこのページを見つけて見ていたら、いやー面白くて懐かしくて、久しぶりに故郷に帰りたくなりましたです。あっ、というのも、わたくしヨーロッパ在住(10年ほどになります)のMMと申しまして、出身は阿倍野区です。

 阿倍野プールですが、私の場合、水中ステーションはやっぱり年齢で入れなかった様な気がします(よく覚えてません)。ただ、いろんなアイドルとかグループが来てイベントをやってましたよね。

 冬はよくアイススケートに行ってました。室内で、体育館か室内プールを冬場はスケートリンクにしていたような所です。でっかい電気ストーブのお化けみたいなのがあって、こけて服が濡れたら、その前にいって乾かす、、と。一時間に一回ぐらい、全員退場して、氷がとけた水を排水させる時間がありました。スケートのうまい兄ちゃんがデカイ「トンボ」とか使ってうまい具合に水を排水溝に追いやってました。

 また売店にはいろんな食べ物があって、おでんとかもあったような気がします。時期的には1970年代前半くらいでしょうか、ふと阿倍野プールが冬場にリンクになっていたのかと考えましたが、なんか違うような気もするし、よくおぼえていないのです。だれか教えてくださーい。
ヨーロッパ在住「MM」さん〜99 10/09〜


<Rresponse>
● 最新の地図に、残骸を発見!?

 おそらく、確か、きっと、あの懐かしの「あべのプール」は、下の赤く囲った場所のはずです。最新のマップですが(天王寺ミオ や あべのルシアスもあるでしょ)、なぜか、プールのような水(池・プール?)を表す図が入っています。でも現在こんな場所にこんな大きな池や貯水池などはないはず。私の知ってる限り大きな駐車場のはず。(数年前ですが)

 あぁ、今思えば、あべのプール、こういう形状のプールやったぞ!そう、この地図で言えば左側プールの上半分にあの「水中エアーステーション」があったのです!。むむむ、これは地図にだけ残ったあべのプールの残骸ではっ!?



<あべのプールの思い出>

●入り口
 入り口を入ると、左手にまるで水族館のように、水中エアーステーションのあるプールが巨大なガラス張りで見えていて、優雅に(?)泳ぐ人々が見えていました。

●更衣室
 なぜか更衣室は巨大な和風旅館のような建物の中にありました。確か和風建築にしてはかなり高層だった気がします。

●プール
 プール自体がだいたい・・・ビルの3Fか4Fくらいの高さだったのではないでしょうか。まずは水中エアーステーションのあるプールが目の前に。でも私はまだ水中エアーステーションある深いプールに入れない年齢でした。今もあったら絶対挑戦するのに!

 そこを通り越してもうひとつの隣のプールがもっぱらの遊び場所。流れるプールでも波のプールでもありませんでしたが、ビーチボールやら浮き輪やら使って、狂ったように遊んだ思い出があります。
 ちょっと寒くなると、1つ上の階の温水プールにも入りました。

 そして、時折さらに階段をず〜と登ってステンレス製のスライダーも楽しみました。上に登ると、まわりの阿倍野のビルの景色が広がっていました。ここで普通の街中にいるということをあらためて実感。

 あぁ、懐かしい・・・。
もう跡形もありませんが、この近くではフェスティバルゲートが一応、現代風のアミューズメントを提供してくれます。フェスティバルゲートのプールも高い位置にあって外にも出られるので、新世界の景色を見下ろせますね。
「よいやん」さん〜99 10/24〜


<Rresponse>
●皆さんは「あべのプール」のCMをご存じでしょうか?最初に「あべのプールへ行こう!」と言うフレーズが流れ、水中エアーステーションの映像、「トップスター続々来演」という構成だったと思います。私も子供の頃行きたいとせがんだところ「あそこはもっと大きくなってから行くところ」と言われ、その後結局つぶれてしまいました。閉鎖後もまわりを鉄板で囲われたまま長い間建物は残っていました。
大阪市在住「H.K」さん〜00 01/10〜
<Rresponse>
● 実は、この情報が出た翌日に現場へと出向いていたのですが(^^;、。「よいやん」さんが書かれているとおり、今は駐車場(3、4つに分かれている)となっています。南側が外の道路より30cmぐらい段差があり、何かしら面影(残骸?)を残しています。あと、阿倍野筋にあった「タカハシボウル(現在閉店)」ですが、2Fにあったビリヤードのみ駐車場東側向かいに移転しています。
堺市在住「うっちー」さん〜00 03/12〜
<Rresponse>
●久しぶりにあべのプールのトピックを読み、笑ってしまいました。みんな同じやなって。僕らは“あべプー”って呼んでましたけどねぇ(笑)阿倍野地区では、小学生はあべのプールに行ったらカツアゲされるから長居プールか親と一緒に浜寺プール(市民)くらいしか許容範囲が無かったものです。
阿倍野区生まれ川崎市在住「Ken-P」さん〜04 12/04〜






●エスカレーターの左空け

<from Mail box>
●はじめまして。楽しく見させていただきました。私、埼玉県の所沢出身!で今は大阪市在住の者です。

 さて、最近気がついたことなのですが、エスカレーターで道を譲るとき、東京は右空けであるのに対し、大阪は左空けなんですね。
 これをちょっと調べたところ・・・
右空けは、日本の一般的な左側通行をもとに、急ぐ人は中央を行く、というところから来ているようです。それに対し、左空けは阪急梅田駅での「左側を空けてください」というアナウンスが影響しているようです。また、右ききの人は右のベルトにつかまるから自然と左が空くということも考えられます。

 ちなみに、ロンドンなんかも左空けが徹底されているようです。つまり、大阪は国際基準にかなっているということなのでしょうか?
大阪在住「緑茶」さん〜99 8/15〜


<作者から>
●ハンドルネームの緑茶さんというのは、ひょっとして「狭山茶」が由来ですか??。私の住んでいる富士見市界隈でも茶畑がけっこう見られますし・・・。
 ところでエスカレーターの左空けですが、阪急の影響というのは可能性大かもしれませんね。どの駅のエスカレーターでも「左側をお空け下さい」とテープが流れてますし。自動改札や動く歩道など「最新技術」を真っ先に取り入れる阪急電鉄であり、日本の「私鉄文化」を築き上げたリーディングカンパニーですから、「阪急さんの言うことやったら・・・」と大阪人が従ったのかも??



<Response>
●以前、「エスカレーターの左開けについて」話題が出ていたと思いますが今日テレビでやっていました。「むちのち」(漢字で書くと「無知の知」)という番組で、オセロの松嶋さんとよゐこの3人が司会をしています。夏ごろの深夜番組の再放送でしたが何故大阪では左開けかという理由はこういうことだそうです。

 大阪では万博のときに外国人がたくさんやってきた。そのときに自然に左開けになった。というのは外国ではそれが当たり前であり、なおかつ、阪急電車が「お急ぎの方のために左をお開けください」とアナウンスしたことから大阪ではそれが当たり前になった。しかし東京では、「人間は心臓が左にあるため、自然に左側を無意識に守ろうとする」ということで右側を開けるようになった・・・そうです。

 ちなみに大阪で言う外国と言うのは全部覚えていませんがアメリカ、フランス、ロシアなどでした。つまり大阪は世界基準を遂行していて、東京のは間違いではないけど人間の心理を優先しているから、ということのようです。
「TOMO」さん〜03 04/20〜
<Response>
●エスカレーターの乗り方が関西と関東で違うという話はよく聞きます。しかし、京都駅では関東式の乗り方をたまに目にします(実際に見たのはJRの烏丸口や、地下鉄烏丸線のホーム)。これはどうしてなのでしょう?京都は関東式なんですか?。逆に東京の羽田空港で関西式の乗り方を見たことがあります。空港だと各地方の人が集まるので曖昧なのでしょうか?
東京在住の大学生「吉良伊玖磨」さん〜04 07/17〜
<Response>
●あくまで仮定ですが、京都駅で関東式が多く見られるのは、京都駅が関東から京都に観光に来られる方の入り口になっていて、京都の人よりむしろ関東人や地方の方の利用率が高いからでは? 住む地域にもよりますが、ネイティヴの多くは、移動には運賃の高いJRよりもむしろ、京阪電車や阪急電車といった私鉄を利用していると思います。もしかしたら通勤客の多い朝夕と、観光客の多い昼間では、乗り方が違うのかもしれませんね。羽田空港で混じっているのは、空の玄関口として考えられることだと思います。関西には空港が街の近くに2つもあって、大阪辺りからだと速くて意外に利用しやすいですものね。道路での交通ルールを考えれば、左乗り(関東式)が自然ですが、かばんを右手に持つ女性が多いので、ひったくられないようにとの配慮から関西では乗り方が変えられたと聞きます。阪急梅田駅のエスカレーターのアナウンスが乗り方をわざわざ連呼しているんであれば、そのあたりが右乗りの発祥かもしれませんね。
京都出身・東京在住「babyQ」さん〜04 07/17〜






●奈良府民!?

<from Mail box>
●私は生駒市という大阪のベッドタウンに住んでいますが、生駒市民は自分たちを「大阪県民」もしくは「奈良府民」と呼んでいます。しかし大阪の人たちは冷たいので、私たちのことを「県民」と呼んで捨てます。なんでも「県民」という言葉だけで「奈良県民」というのを表せるようになっているようです。
 私は負けないぞー。近畿における奈良の地位を上げるべく、日夜努力してゆきます。駄文でしたっ。失礼いたします。
「M・Y」さん〜99 8/25〜


<作者から>
●「大阪県民」「奈良府民」という言い方初めて聞きました。こちら関東では「埼玉都民」とか「千葉都民」という言い回しが堂々とまかり通っていて、ひょっとしたら「奈良府民」もそれに見習ったのでは??





●東西銭湯事情

<from Mail box>
●「お風呂屋さん」は関西と関東で、結構違います。

 関西では「お風呂屋さん」の名称が、「何々温泉」が殆どですが、関東では「何々の湯」が殆どです。のれんは関西は長いのに対し、関東は短いです。壁に描かれている絵も、関西はタイルですが、関東は筆で描かれています。湯船も、関西は真ん中らへんにありますが、関東は壁に付いてあります。

 他にも相違点あるでしょうが、結構違いますね。
「M・Y」さん〜99 8/25〜


<作者から>
●ほとんど銭湯に行ったことがない私としては、この違いは気がつきませんでした。ありがとうございます。あと、東京の銭湯の方が温度が高いという話を聞いたことがありますが、どうなんでしょうね??





●大阪プロレス

<from Mail box>
●今日、テレビで大阪プロレスとかいうのやってました。キャラがコテコテ。ピエロみたいな覆面レスラーがいたりとか・・・・。大阪では流行ってるんでしょうかね・・・。
横浜在住「しー」さん〜99 9/23〜


<Rresponse>
●横浜在住「しー」さんの「大阪プロレス」について確か、去年の10月頃に大阪らしいプロレス軍団を作ろうと言うことで「大阪プロレス」を旗揚げをしたらしいです。
 今も、全国各地で活動をしているようです。大阪らしいということでピエロみたいな覆面レスラーが殆どみたいです。ちなみにこのピエロが団長です。
「韓国朝鮮村村長」さん〜99 10/01〜


<作者から>
●そうですか〜、まだ発足してから一年足らずなんですね。大阪在住「峰さん」からは、大阪プロレスのURLを教えていただきました。http://www.osaka-prowres.mls.ad.jp/home/です。それにしても、「食いしん坊仮面」って一体???



<Rresponse>
●お久しぶりです。BOSEです。いつもROMはしてましたが、久々のお便りです。

 サイトを隅々まで見ていなかったので、今頃になって気がついたのですが、「大阪プロレス」のデータが、99年時点とはいえ、ひどい!!代表のスペル・デルフィンはピエロじゃない!。食いしん坊仮面は大阪名物世界一選手権者だ! ちなみに、2位はえべっさん)。もちろんベタなお笑いもたっぷりありますが、しっかりしたプロレス団体なので、あのままのデータをプロレスファンとしては捨て置けずメールすることにしました。


 現在の活動やレスラーについては現URLhttp://www.osaka-prowres.com/を見てもらうとして、その「偉大さ」について簡単に述べておきます。

@プロレス団体として、唯一(去年までは)自前の常設試合会場を持っている。
 現在でも常設会場を持つ団体はここと、千葉のK−DOJOのみ。
ちなみに、今のフェスゲはその会場「デルフィンアリーナ」でもってるようなもんらしい。
Aプロレス団体として、地上波で試合が放送されている(読売ローカルだが)3つの団体の1つ。
 あとの2つはテレ朝の新日本プロレスと日テレのNOAH(全日本から「独立」した団体)。
B代表のデルフィンは吉本興行にも所属し、そのコネクションを活かし
 関西の多くのTV番組に出演して団体の知名度アップに努めている。
 個人的にも阪神や近鉄球団とも親しく、
 ビッグマッチには出身地の市長を呼ぶほどの人脈も持っている。
Cビッグマッチや遠征がない場合は、毎週土日に常設会場で試合が見える。
 これはつまり、なんば花月に行くようなつもりで、プロレスが見に行ける!


 ジュニアヘビー中心なので、選手は皆一般人サイズですが、お笑いマッチから厳しい試合まで、プロレスの幅の広さが感じられる団体です。来年は城ホールに進出ですよ。自称「大阪新名物」として応援してほしいものです。
「BOSE」さん〜03 04/20〜






●はりせんゲーム

<from Mail box>
●去年鹿児島へ旅行したとき市内のゲームセンターに口の達者なタコを「はりせん」で思いっきりたたくゲームをみつけました。友達と、「これは絶対東京にはない、さすが関西文化圏だね」と感心していたのですが、もちろん大阪にはあるんでしょうね?。ゲーセンにも地域性ってあるんですね。
「大阪生まれの東京育ちTomoko」さん〜00 01/10〜








●さかなの歌

<from Mail box>
●スーパーの魚コーナーで流れる歌があるんです。
(ライフ)
♪さかな、さかな、さかな〜、さかなを食べ〜ると〜〜。
♪頭がよく〜なる
とかいうんですけどね。
おでんのコーナーにもあるんですよ。(近商ストア)
♪今日は、おでんのひ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
♪今日は、おでんのひ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
妙に頭にこびりつくんです。 
「なぼじん」さん〜00 03/12〜


<Rresponse>
●早速ですが「さかなさかな〜」の歌ですが「ナイトスクープ」で1年くらい前に放送されたので「ナイトスクープ」のホームページにカキコミしたら教えて下さる方がいました。全魚連中央シーフードセンターというところがCDを出しているようです。入手方法は

http://www.zengyoren.or.jp/seafood/oshirase/oshi981116.html

でわかりますよ。他に「おさかな天国」でinfoseekとかで検索すれば結構出て来るとも教えていただきました。
「アイラグ」さん〜00 03/12〜






●焼肉の歌

<from Mail box>
●スーパーでのさかなの歌がありましたが、肉売場でも「焼き肉、焼き肉食べ放題」という歌が流れるそうです。私は聞いた覚えがないのですが、板宿のダイエーで聞いたと友人が言っておりました。
神戸市在住「うえちゃん」さん〜00 03/12〜


<Rresponse>
●「焼き肉食べ放題」
 ダンナがCDを持ってます。「ヨーデル食べ放題」という曲で桂雀三郎withまんぷくブラザースが歌っていて今は亡き枝雀さんも特別出演されてます。

www2.justnet.ne.jp/~office-k/jakusan/index.html をどうぞ!
ただし開ける時ヨーデルが聞こえますので要注意!
「アイラグ」さん〜00 03/12〜






●楠木正成の銅像

<from Mail box>
●普通、小学校にある銅像といえばもちろん二宮金次郎(金二郎?)ですよね?。
 しかし、うちの父が通っていた羽曳野の駒ヶ谷小学校には河内の英雄「楠木正成」の銅像が会ったというのです。あの辺では当たり前のことなのでしょうか?。どなたか、ほかにあそこもそうやでというとこありません?

「みほ」さん〜00 03/12〜

(作者から)楠木正成は戦前の日本では神様的存在だったそうですが、報国のシンボルだった事が災いして今では歴史の教科書でちょっと習うだけになりました。ただ地元河内では現在でもヒーローで、鎌倉幕府軍を千早赤坂で翻弄させた話は今でも誇らしげに語り伝えられてますね〜。
 という訳で、河内のあちこちに銅像が残っていてもいいと思うのですが、詳しいことは判りません。


<Rresponse>
●楠木正行(正成の息子)は今でも四条畷の飯森山頂上に鎮座ましましてます。高校の頃陸トレでよくそこまで駆け上がって行かされました。
 ちなみに四条畷の古戦場というのはホンマは今の大東とか東大阪付近で、今の四条畷ではなく、むかぁし、四条畷の人がお社とかを夜中にえっさかほっさかパチってきはったって高校時分に聞きましたけど・・・失礼!間違ってたらごめんなさい。
川崎在住「アイラグ」さん〜00 03/12〜






●あほだら教の教祖

<from Mail box>
●前髪を短く切りすぎて、カッパみたいな前髪になったとき、「まるであほんだら教の教組やで」といわれたことがあったんですが、これは果たして関西でよく言う表現なんでしょうか?それともそれを言った友人だけの言葉なのでしょうかね。

「青梅の孤独な関西人」さん〜00 03/12〜

(作者から)あほだら教の教祖、私もよく聞かされました。で、調べてみると、仏教典にある「陀羅尼」をもじって命名し、文化年間に天口斎呑竜という道楽坊主が大坂北野太融寺の門前で自演したのが始まりだとか。小さな木魚2つでリズムをとり、当時の世相をおもしろおかしく語ったもので、その後江戸にも伝わったとされています。







●通天閣の広告

<from Mail box>
●大阪のシンボル・タワーと言えば、言うまでもなく「通天閣」ですが、広告は何故日立なんでしょうか?(土地柄で考えれば、ナショナルやろうに・・・。)

神戸在住「個人的にたいこう」さん〜00 03/12〜

(作者から)通天閣の広告が「日立」なのは何故なんでしょう?。因みに「初代通天閣(戦時中の金属回収で解体)」には、昭和16年まで「ライオン歯磨き」の電飾が着いていたそうですが・・・。

<Rresponse>
●初代通天閣を壊して、2代目通天閣を建設するとき、日立が全面的にバックアップしたそうです。しかも、今は通天閣観光株式会社もパソコンを導入し、そのパソコンも全てが日立製らしいです。
 今の広告は「日立パソコン」ですが、以前は「日立エアコン」でした、なぜ、エアコンからパソコンに切り替えたかは、日立のパソコンを通天閣観光株式会社に導入させようとして、日立もパソコンを製造・販売していること通天閣観光株式会社を始め、世間に分かって貰えるようにしたらしいです。
生野区在住「韓国朝鮮村村長」さん〜00 03/12〜






●聚楽館&神戸・湊川公園にタワー!

<from Mail box>
●その昔、タワーがあったそうです。この公園はある時代の神戸の中心地でした。戦前にはこの辺りで博覧会も開かれたようです。神戸の中心地は段々と東に移動して現在は三宮に落ち着いています。

 『写真で見る昔の神戸』(神戸新聞総合出版センター刊)に掲載されていました。今手元にありませんのではっきりとしたことは言えませんが、現在の湊川公園、諏訪山公園、王子公園などでは昔々に大きな展覧会があったと書いてありました。


北国在住「Kobe Walker」さん〜00 05/15〜

<Rresponse>
●「湊川公園にタワー」ですが、ありました。その名は「神戸タワー」と言い、戦前・戦後を生き抜いた塔でした(1968年に取り壊し)。広告は、地元企業であるビオフェルミン製薬(戦後)でした。

 因みに、ポートタワーは1961年に完成されました。7年間、神戸に塔が2つ有った事になりますね。
神戸市「個人的にたいこう」さん〜00 05/15〜

<Rresponse>
●神戸タワーですが、記憶のかなたにあります。

 たしか 50mぐらいでしょうか。上には上がった覚えがありません。下には湊川公園があり、ちょっとした遊戯施設がありました。ゴムボールを鬼の形のした的に当てるゲームを覚えています。
 聚楽館(しゅうらっかん と呼んだはず)という建物があり、下に映画館、上にスケートリンクじゃなかったかな?
兵庫県南部人「Kay」さん〜00 05/15〜

<Rresponse>
●よろずデータベースを見ていて思い出した節があります。

 『ええとこ、ええとこ、聚楽館』という節です。使い方は他人に『どこへ行くの?』と聞かれた時に、『ええとこ、ええとこ、聚楽館』と、からかうような調子で答えるのです。聚楽館というのは神戸新開地にあった大きくきれいな映画館で神戸っ子のあこがれの所でした。
神戸在住「ヒラリン」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●幼い頃、「ええとこ、ええとこ、聚楽館」と言っているのを聞いたことがあります。20年ほど前の話です。「しゅうらくかん」のイメージが湧かんかったんで、長い間の謎でした。長じて文献を読むようになり、大体の雰囲気がつかめてきました。

 「新開地」は明治期の旧湊川の付け替え工事の後に新たに開かれた土地だったように記憶しています。神戸の歴史は河川災害との闘いの歴史でもあったようです。天井川と化して危険になった湊川を付け替えた跡が今の「湊川」一帯です。民間資本で工事が行なわれたといいますから、古い時代の神戸の活力を感じさせます。
北国在住「Kobe Walker」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●「しゅう楽館」ですが、これについて、よう母から色々聞きました。
 「ええとこ、ええとこ、しゅう楽館。」「わるいとこ、わるいとこ、●●座。」(失礼!)もあったそうです。現在は両方とも閉館されてます。


 そして、今井さんが言うた新開地は「「人為的に開発された土地」とありましたが、その通りです。
 明治期はそこに「湊川」が流れており、台風や豪雨の度に、氾濫していたそうです。そこを埋め立てて、まだ記憶に新しい、去年氾濫した、東山町・荒田町地域へ付け替えられたそうです。「新湊川」と呼ばれる所以は、ここにあります。

 その後映画館が次々と出来、淀川長治さんという文化人もそこで生まれ、育ちました。昭和前期は神戸の大歓楽街として隆盛を極めましたが、戦後は歓楽街が三宮に移されたのは、言うまでもありません。「新開地」が町名として使われるようになったんは、意外につい最近です。
神戸在住「個人的にたいこう」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●私の祖母が、新開地の近くに住んでいた関係から、子供時代によく行きました。

 いまは、それこそ何もないと言っても過言ではない新開地ですが、私の小さい頃30年以上も前なら、聚楽館、松竹座、温泉劇場などがありました。温泉劇場は、温泉(お風呂)と映画であり まして、お風呂は、いろいろな種類の風呂があったと記憶しております。今のスパなんとかの走りでしょう。
 母親たちの話を聞くと、戦前は、土日の昼間など人で人で歩けないぐらいに混雑したそうです。私の世代では、「ええとこ〜」のフレーズは、そんなものがあったというだけで、使った記憶はありません。
兵庫県南部人「Kay」さん〜00 11/17〜

<Rresponse>
●父の話によると、建物の5階位にスケート場があったらしいです。その当時、神戸に唯一のアイススケート場だったそうです。(四十年前)
大阪帰省中「東成のガキ」さん〜00 11/17〜

<Rresponse>
●つい最近聞きましたが、しゅう楽館の跡地に「新・しゅう楽館」を造る計画があるそうです。新開地の再開発と活性化させる狙いが、あるようです。成功を祈るばかりです。
神戸在住「個人的にたいこう」さん〜00 11/17〜

<Rresponse>
●「聚楽館」ですが、私が物心ついたころには(20年くらい前)、もう閉鎖されていたと記憶しています。外壁の看板(たしか「ファンタ」)のみはしばらく残っていましたが。「松竹座」は私の母がもぎりのバイトをしていたと聞いています。かつての「角座」のように、松竹の芸人さんが大挙出演していたそうです。

 それと、温泉の話ですが、おそらく「湊川温泉」のことでは?。幼い頃、一度だけ家族に連れてってもらいました。中にレストランや映画館も入って、まさに健康ランドの草分けのようでした。しかしこれもかなり昔につぶれてしまったのですが。
大阪在住「toshi」さん〜00 11/17〜

<Rresponse>
●『新 神戸の町名』(神戸史学会 編/神戸新聞総合出版センター)によると、一帯の通称として使われていた「新開地」が正式な町名になったのは1974年6月のことだそうです。現在の湊川公園のあたりまで「新開地」と言うてたんでしょうか。「親はあのあたりまでが新開地」といい、僕は「新開地はもっと南」と主張して譲りませんが。
「北国在住Rokko Walker」さん〜00 11/17〜

<Rresponse>
●4月20日(金)に新開地に「聚楽館」が「復活」、オープンされました。ニュースで、それを見ましたが、かなり奇抜な建物ですね。映画館はないですが、ボウリング場(ラウンド1)や飲食店などが、入っとるそうです。
 これを機に、新開地が活性化すれば、何よりですが・・・。
「個人的にたいこう」さん〜01 06/17〜

<From Mail box>
●本のネタですが、つい最近「わいらの新開地」と「うまいもん探偵の味噺(神戸のグルメ今昔)」という本を購入致しました。前者は、新開地に近い、東川崎町出身の作者が少年時代(戦前)、全盛やった頃の湊川や新開地の風景を、こと細かく綴ったエッセイです。これは20年前に出版されたんですが去年、再出版されたものです。文章の端々から、新開地への深い「愛」がわかるものとなっております。(幾分20年前の作品なので、その当時の世相などが出ているところもあります。)

 後者は、つい最近まで神戸新聞・夕刊で連載されていたもの集めた本で、「正統派」グルメ本とも言える本です。神戸のおいしい料理店を隈なく探索していく食総合研究所(うまいもん探偵団)という団体が編集したもので、彼らの神戸と食に対する熱い思いが綴られた内容です。この2冊に興味を持たれたなら、是非読んで戴きたいものです。
「個人にたいこう」さん〜02 08/10〜






●芦屋の地域性

<from Mail box>
●芦屋に引っ越して1年少し経ちます。
 芦屋近辺で関西弁を使わない人が変に多いのがとてもとても気になってます。転勤とかで関西以外から来ている人ならそれはそれで当然なので別にいいのですが、地元出身の人でも関西弁を使わない人がいてるのではないかと疑い始めています。

 時には小学生や中学生の集団が標準語で話をしてる所にでくわしたりするのです!。もしかして芦屋市って標準語教育とかしてるのん? それは悲しすぎる・・・。

 これは関西と関西弁をこよなく愛する私にとっては胃が痛くなるくらいの大きな問題なのです。とは言え、きれいな関西弁の人もしっかりいてるので、そういう時はめちゃめちゃほっとします。

 どなたかこの辺の事情、ご存知じゃないですか。

芦屋市在住「よいやん」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●確かに、芦屋、西宮市夙川あたりでは、阪急やJRの中で、関東弁がよく聞こえるなあ、と思ったことはあります。上流階級の人達は、関西弁を嫌がるのかなぁ、と、僕もその時思いました。                      
「O・A」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●芦屋というより、阪急沿線から南、夙川から西(神戸まで)のエリアでは、標準語ないし、それに近い言葉が使われる場合があります。

 理由としては、社宅等が多く、関西エリア外の方も多い上、関西人であっても、首都圏などに住んだことがある人も多いので、そう感じるのでは。それに、もともと芦屋エリアは明治時代に、大阪の船場等のお金持ちが、自宅を構えたこともあり、きれいな大阪弁(細雪の世界?)があったらしく、そのへんも、関係があるのではないでしょうか。                              
「兵庫県南部人・kay」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●以前より私もこのことについては気になっていました。

 私は東京大田区生まれで親の転勤に伴い5歳で札幌、7歳で西宮市(芦屋の隣の夙川という芦屋同様の高級住宅街)の社宅に引っ越ししてきました。芦屋では標準語で話しているというのではという話題については、確かに東京、札幌というほぼ標準語圏から来た人間にとって、言語的には違和感無く入れる環境でした。

 関西弁ショックを受けたのは11歳で兵庫県伊丹市に引っ越したときです。特に、小学生が自分のことを「ぼく」といわず、年寄りでもないのに「わし」というのにはとってもびっくりしました。                     
伊丹市「T・T」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●阪神は昔から栄えていた町に駅を作ってレールで結んでいった。阪急は、梅田と三宮を直線でズバッと結んで、沿線に住宅地を開拓、造成していった。無論、阪急沿線の方が新しい町がやからヨソもんも入り易かったちゅうことやないでしょうか?                     
「世田谷のやっさん」さん〜00 07/05〜






●魚の名前&釣りの違い

<from Mail box>
●釣りをしていると色々な魚の名前も覚えますが、もちろん地方名と言うのが和名の他にあります。

ハゲ(大阪)=かわはぎ
ガシラ=かさご
ガッチョ=ねずみごち
チヌ=黒鯛
グレ=メジナ
メッキ=シマアジ等の幼生
キビレ=キチヌ

等色々あります。



 今まで不思議に思っていたことがあります。サビキと言う釣り方が、どうやら関西と関東で違うらしいのです。

 サビキとは、「釣り糸に複数の小エビに似せた疑似針を付け、コマセと呼ばれるあみカゴから餌をばらまき、そのえさの幕に突っ込んできた魚が間違えて疑似餌の針を食べたところを釣り上げる」という、海釣り初心者が最初に体験するごく簡単な釣りの一つです。

 さて何が違うかと言うと、このあみカゴの位置が違うのです。

 関西流ではあみカゴは、オモリと一緒のセットになり仕掛けの一番したにつき、海中投入時に餌の幕を作りながら沈みます。方や関東では、このあみカゴが仕掛けの上に付き、オモリが仕掛けの下に付いた状態で、ぱらぱらとゆっくり餌を散らします。手返しの良さでは関西流が良いとされていますが、東京が出版社の釣りの手引書にはほとんどがこの上カゴ式です。(下カゴ式が載っていることすら珍しい)

 この違いは、大阪にいても本屋さんで本を見比べることで調べることができます。

大阪出身広島在住「東成のガキ」さん〜00 07/05〜






●神戸体操

<from Mail box>
●今井さんは「神戸体操」を知ってですか?

 神戸市内の中学校では、体育の授業で絶対に教わる体操です。
 この体操は、ラジオ体操を少し応用したもので、腕立伏せなどをする結構ハードな体操です。最後の深呼吸の前にやる、「グリコ」(道頓堀の広告で有名な、「一粒・・・。」のやつです。)は笑えます。僕の母も経験者で、僕は二代目です。

 他の地域で、「神戸体操」のような体操はありますか?。又、今井さんの故郷でも、これと似たような体操を教わりませんでしたか?

「個人的にたいこう」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●こんばんは。「神戸体操」私もやりました。
 仮面ライダーの変身ポーズみたいな動きもありました。その名のとおり、神戸(もしかして神戸市立?)の中学・高校以外ではしていないのでは?。高いところから全校生徒が腕立てをしている様子を見たことがありますが、マスゲームのようでした。                     
北国在住「Kobe Walker」さん〜00 07/05〜






●COOPの歌

<from Mail box>
●昔、灘神戸生協(現コープ神戸)の店内で歌が流れていたのを知りませんか?若い女の人と男の人が歌っていて、なんとなく爽やかな感じのする歌です。歌詞↓はこんな感じやったと思います。

花の様にあなたの町へ 幸せ届けたい
一人一人に出来る事は 小さいけれど
心と心つなぎあえば ほら見えるでしょう
大きな愛と 確かな道が
You can see the raibow

 最近は全然この曲を聞きません。もう流すのをやめてしまったのでしょうか。小さい頃兄とよく 口ずさんでいた記憶があります。ちょっとした疑問でした。

「ふう」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●最近も流れてますよ。今日も芦屋のコープDaysで流れてたので、耳に残ってしょうがないと思ってたとこです。歌ってる人、「紙ふうせん」ぽいですね。確かに爽やかなんですが、出だしのトーンがやや低いせいか、なんとなく淋しげでもあります。
                    
芦屋在住「よいやん」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●お便りコーナーの「コープこうべ」の歌ですがうちの近所のコープではがんがんかかっています。歌ってるのは「よいやん」さんのご指摘通り、紙ふうせんという男女デュオです。「風のように」とかいうタイトルだったと思います。紙ふうせんの女の人は尼崎出身です。ちなみに中学の先輩でした(笑)                    
尼崎在住「ことぶき」さん〜00 07/05〜






●富士山が見える場所

<from Mail box>
●最近読んだ本の中で、条件さえ整えば富士山が関西地方でも見ることができるという内容がありました。距離的な最遠望は三重県の妙見山ということですが、なんと関西圏の京都府内でも可能だとのこと。20都府県で見ることができるそうです。

北国在住「Kobe Walker」さん〜00 07/05〜

<作者から>
●京都府内で見える可能性があるとなると、比叡山あたりでしょうか??。





●新世界の弓道場

<from Mail box>
●新世界の名物の一つ、弓道場は今?

ジャンジャン横丁の北口にあった弓道場(全国区の番組でよく放映されていたので、結構知っている人はいると思います)はどうなったのかご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?
 というのも、その一帯が2年ぐらい前に火事で全焼してしまって、裏にあった床屋さんは立て直して営業再開しているのに、弓道場の所は今では路地(そのままフェスティバルゲートへ通り抜けできる)となっているんです。久々に遊びたいと思っているのですが。

堺市在住「うっちー」さん〜00 07/05〜

<Rresponse>
●世界の弓道場は廃業だと聞きました。少なくとも,現在新世界付近に弓道場はないようです。                    
埼玉在住「KK」さん〜00 07/05〜






●♪せんせに言うてやろ

<from Mail box>
●いつも楽しく拝見させて頂いております。

 先日我が家で何の気なしに話していたときに嫁さんが「い〜かんとよ、いかんとよ」と口ずさみました。そうです、あの不滅の名曲「い〜やや、いーやや、あ〜かんのに、あかんのに」の九州弁バージョンだったのです。

 私はそれまで、あのフレーズは関西限定のものと信じきっていたので、まさか九州でも広まっていたとは結構衝撃的な出来事でした。ちなみに、つづきの「せぇ〜んせぇに、言うたぁろぉ〜」は 「せぇ〜んせぇに、言っちくろぉ〜」でした。

 嫁さんは小学校五年まで泉大津、六年から宮崎で生活していたので、関西弁と宮崎弁のバイリンガルです。(^^;

「km」さん〜00 07/05〜
<from 掲示板>
●「い〜やや、いーやや、あ〜かんのに、あかんのに」という歌ですが、私は「いーやや、こーやや、せーんせいに、言うたーろ」と歌っていました。…「こやや」って何だ!?いやそれ以前に「いやや」もイマイチ意味がわからず歌っている気が…。
「きぁにゃ」さん〜05 04/17〜






●こんな宣伝カー

<from Mail box>
●むかし、俺が大阪市内の中学にかよとった頃、街を宣伝カーが走っとった。たいがいは、プロレスの宣伝カーやったけど、たまに、思春期のオスにもっとインパクトのある宣伝カーが来た。「東洋ショー劇場」や。

 べつに宣伝カーに「踊り子さん」がおるわけやないんやけど、これが通りかかるとみんな必死で追いかけたな。車の窓に貼ってあるポスターの字体が昔の日活か東映のポスターみたいに古臭いやつで、これが妙にエロチック。

 あの頃(1970年前後)、市内に何件ぐらいあったんやろ?「天満座」「東洋ショー」「九条OS」「朝潮橋」「木川劇場」…、みんな、今でもあるんやろか?

横浜在住「ダダ龍」さん〜00 09/10〜






●大阪締め

<from Mail box>
●今度、出張先の東京で、飲み会の締めを「大阪締め」でやろうということになったのですが、天神祭り等で、見てはいるものの、いざやろうと思うと、誰も正確に言えませんでした。どなたか、正しい「大阪締め」を教えて下さい。お願いします。

「けい」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●ぼくも 40年近く大阪に住んでますが, 昨年初めて天神祭りを見に行き そこで 初めて 大阪締めを経験しました。

打〜ちましょ (チョン)
も ひとつ せ (チョン)
いおうて(祝うて)みっつ (チョ チョン, チョン)

て こんな具合です。最後の チョン、チョン の間が複雑で 人によって違っていて

チョ チョン,チョン と続けて打つ人 と
チョ チョン (八分休符) チョン と 微妙に間を置く人と
チョ チョン ガ チョン と調子よう やる人がいました。
                    
住吉区「T・M」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●よく近所の神社の地車(だんじりと読む)が停まるたびにやっていました。

まず台詞から

『う〜ちましょ  もひとつせ 祝うて3度』

とみんなで一緒に唸ります。

次に手のたたき方

 まず両手をのばし120度ぐらいにして開きます(是が基本の形)。次に『う〜ちましょ』と言った後2回手を”パンパン”と調子よく手を打ちます。この後また基本の形に戻ります、その後すぐに『もひとつせ』と言い、もう一回手を二回同じようにして手を打ちます。

 『祝うて3度』と言いますが、この時「いわうてさんど」ではなく「いうぉうてさんど」もしくは「いうぉ〜てさんど」と発音しましょう。『祝うて3度』といったら”パパンパン”と最初の二回を早く打って三回手を打つのがコツです。

 叩くタイミングはみんなにあわせるか、天神祭や地車の時は、鐘や太鼓の相槌が有るのでそれにあわせると良いでしょう。じつは天神祭時に聞こえるの鐘の音の中には、大坂締めのリズムで叩いている時が有ります。良く聞いていると分かるので、気が向いたら耳をすましてみて下さい。
                    
大阪出身広島県在住「東成のガキ」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●うーちまひょ(しょ)
(パン パン)
もひとつせ
(パン パン)
いおうて三度
(パパン パン)

 だったと記憶しています。元落研の人がこう教えてくれました。5年ほど前前に聞いたので少しあやふやですが。初めて聞いたときは、なんか締まりのない締めやなあ…と思ったもんです。

                    
仙台在住「森茉莉」さん〜00 09/10〜
<Rresponse>
●どの大阪締めの説明を見てもほとんどの方は、天神締め(天神祭で行っている物)を大阪締めト言っておられますが、あれは、天神締めです。

 本来は、「うちまーしょ、ちょんちょん、もひとつせ、ちょんちょん、いおうて三度、ちょんちょんちょん、めでたいな、ちょーんちょん、ほんきばり、ちょんちょん。」

 これがワンセットで、天神祭では船と船が、出会う時に手締めを行っています、その時にあの長い大阪締めを行うと船同士が行過ぎてしまう為に、いつ頃かは解からないのですが(かなり昔の事)今、巷で行っている天神締めに、なった様です。
 それと、なぜ天神締めが、大阪締めと言われる様になったのは、多分天神祭が日本三大祭の一つで、みんなに取り上げられたからだと思います。一度、大阪締めについて大阪出身の文化人の方に調べてもらって、メディアを通じて正しい大阪締めを大阪だけでも広めてはどうでしょうか。
                    
「kaoudou」さん〜01 09/30〜
<Rresponse>
●やっちんです。楽しくみています。

 「大阪締めは天神締め」についてですが、生玉神社(本当は生国魂神社)の夏祭りでは枕太鼓が氏子を回るときに「本当の」大阪締めを使ってます。
 ただ、「さぁ〜うちましょ。・・・」となりますが・・・。後はおなじです。
                    
「やっちん」さん〜01 09/30〜






●垂水の船

<from Mail box>
●もう20年以上前のことやと思います。垂水のあたり(須磨より西なのは確か)の海岸に船が接岸していて、その中に飲食店やゲームコーナーがあり、家族でよく行っていました。あの船はいつごろ無くなったのでしょう。そして、そもそもあの船はなんやったんでしょう。

「北国在住Rokko Walker」さん〜00 11/17〜






●西宮ローカルですが・・・

<from Mail box>
●昔、西宮在住の頃、ポリシュカポーレの音楽を鳴らしまくって「廃品回収金森商店」てのが街中を走り回ってました。単なる「ちり紙交換」ではなかったのが子供心に新鮮でした。(その前にすんでいた福岡にはなかったので)。あれはまだあるんでしょうかね?

「やっさん」さん〜00 11/17〜


(作者から)

 西宮出身の私にとってめっちゃ懐かしい!!。小学校の音楽鑑賞でこの曲を聴いたとき、「毎度おなじみの・・・」とクラス全員が一斉に言い出したことを思い出しました。西宮市内では知らない人がないほど、廃品回収業のトップブランドでしたから。




<Rresponse>
●兵庫県南部人のKayです。西宮にほぼ永住かという状態です。

 廃品回収の金森商店は、あります。回ってきます。2,3度見かけたことあります。ポルシュカポーレは自信がないです。かかっていたような・・・。嫁は「しらん」と言っています。
                    
兵庫県南部人「Kay」さん〜00 11/17〜
<from Mail box>
●はじめまして、むっちゃおもしろいHPですね。貴殿も広田小学校のご出身と聞いて懐かしくおもいます。
 最近、特にどこぞのビール会社のCMの音楽「チキチキバンバン」を聞くたびに「あっ 掃除のせなー」って条件反射のようにホウキを持ちたくなるこの頃です。少なくとも私の在学中6年間はこの音楽でしたね。広田小学校卒の人しかわからないですね、このネタ。

(作者註:あまりにも懐かしいのでつい掲載してしまいました。あと「そりすべり」「タイプライター」も掃除中にかかっていたような記憶が。あと、終業式の下校時のみかかる「モルダウ」とか・・・。最終下校時の4時に「新世界第二楽章」がかかるのは他の学校でもありそうですが。ローカルすぎてごめんなさい)

「HIDE」さん〜00 09/30〜








●五・十日

<from Mail box>
●ちょっと教えてほしいんですが『ゴトビ』っと何の意味です?

 ラジオ(ABC)を聞いてて何の意味やろと思ってお尋ねします。話しの内容からだと月末で渋滞することと関係あるような感じがしたんですけど・・・。私は三重に住んでるんですけど誰に聞いても知らないと言ってて。もしよかったら教えてもらえますか?

三重県在住「M・T」さん〜01 01/10〜


(作者から)

 毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日という、「5」と「10」のつく日のことです。関西では商人がこの日に集金する風習があり、道路が混雑する日として知られています。(関東でもその風習があるようで、東京のラジオでも「ごとび」という言葉を聞くことがありますが・・・)






●河原町三奇人伝説

<from Mail box>
●遠い昔銀河の彼方、京都の河原町に三奇人がおりました。

「河原町のジュリー」「オカマの三平」「謎の女装おじさん」です。



●「河原町のジュリー」は、今でいうホームレス、阪急の河原町駅の地下通路をねぐらにしている浮浪者や。ジュリーと呼ばれるようになった由来は知らんけど、おそらく長髪やったからやな。散髪に行かんから毛が伸び放題で、垢で固まってコケが生えたみたいになってて、明石原人のような風体や。
 通行人にからむこともなく、仙人のような哲人のような風格があったで。いつの頃からか、見かけんようになった。福祉の人に髪を切られて風呂に入れられたら、風邪ひいて、それをこじらして死んでもた…という噂を聞いたけど、真偽のほどは知りません。



●オカマの三平は、いつも黒タイツをはいている自称「詩人」や。ほんまにオカマかどうかは、わかりません。体にフィットしたタイツが異様やから、そう言われるようになったのかもしれん。マクドナルド河原町店の2階で、コーヒー1杯でねばって、ずっと「詩」を書いとった。広告のチラシの裏に、鉛筆で、すごい速さで、片っ端から書くんや。
 思い切りくずした英語の筆記体のようでもあり、「みみず」のような模様のようでもあり、実態は謎。一枚にビッシリ書いたら、また一枚…。ずっと書いてはりました。すごい集中力や。ひょっとしたら、ほんまに前衛芸術家やったんかもしれん。



●謎の女装おじさんは、じつは謎とちゃうんや。たしかブルータスに載ったことがあったと思う。呉服屋さんかなんかの「ぼんぼん」やったそうで、美しい織物や着物を見て育ったために、自分を美しい衣装で飾りたいと思うようになったそうや。洋服(ヒラヒラの裾)を着ていることもあれば、きらびやかな和服のこともあった。人目をひく傘をもって、BALビルの前あたりを、しゃなりしゃなりと歩かはるんです。嫣然とした笑みをたたえながら…。



 もう20年以上も前のことやから、今では三人とも相当なお歳でしょう。もう死なはったかもしれません。こういう人々が迫害されずに、ランドマークの一部として容認される…というのは、街の余裕やね。京都は奥が深い。いけずやけど。

横浜在住「ダダ龍」さん〜01 01/10〜




<Rresponse>
●前略、K.Oこと「ばじる」でございます。

 「河原町のジュリー」ですが、15〜6年前に亡くなっています。確か新聞にも載りました。その頃関わっていた大学の演劇サークルが、「河原町のジュリー殺人事件」という芝居を創って「オレンジルーム」で公演しました。
 ・・・オレンジルーム・・・今は無い「阪急FIVE」8階のホール。関西演劇史を語るのには不可欠の存在でしたね。
                    
「KO」さん〜01 01/10〜






●そごう閉店のとばっちり

<from Mail box>
●正月に大阪へ帰省している時の事。心斎橋を歩いている時、そごうが悲しくもやはり閉店していました。その時、ふと思ったのですが・・・・・

 「大丸、そごうをひーがし(東)へ50歩歩いてナーニワ♪」で長年にわたって僕ら大阪人の頭に焼き付いてきた「カメラのナニワ」のCMはどうなってしまうんだろうか・・・と。
 そごう閉店がこんな所まで、影響があるとは(笑)その関連で、今年なってから御堂筋線心斎橋駅のアナウンスはどうなったかって・・・。どなたか知ってはりますか?

生野出身兵庫在住「K・K」さん〜01 03/11〜


<Rresponse>
●こんにちわ。海外在住市内育ちです。

 ナニワもですが昔からどこかの映画館(阪急系だったかなぁ)で必ず映画の前にかかる宣伝で『大成閣』という中華料理屋さんのCMが、心斎橋のそごうと大丸をメインにした説明をしてたような。場所がたしかナニワの道のもっと東側なので。ここも宣伝かえなあかんでしょうね。

 そごう残念ですね。私はこのそごうで過去バイトしてました。社員さんもいい人多かったのに…思い出の場所がなくなってしもた。こちらの国のそごうは元気です。現地の企業と合資やから…。
                    
海外在住「市内そだち」さん〜01 03/11〜


<Rresponse>
●「そごう閉店のとばっちり?」関連の情報です。地下鉄の心斎橋でのアナウンス、「大丸そごう前です。」は「大丸前です。」に早速改められています。カメラのナニワのCMは未確認です。
                    
芦屋在住「よいやん」さん〜01 03/11〜






●「主婦の店」の歌

<from Mail box>
●東京在住の関西人ですぎやんといいます。すばらしいです!よくこれだけのデータを集めましたね。僕は大阪の東住吉区に住んでいたので阿倍野、天王寺関係の資料には感激しました。
 お願いなのですが主婦の店のCMソング(といっても30年近く前に住んでいた近鉄南大阪線の今川に開店したときにセスナを飛ばして拡声器で流していただけかも。)

その歌詞、途中ですが、

♪あなたとと〜〜もに伸びていく〜(ドゥァー〜〜)
みんなの主婦〜〜の店♪
(ポルカ調のメロディーだったと思います)

 ぜひ、歌詞とメロディーをお願いします!。探偵ナイトスクープのウエブ版としてがんばってください。
東京在住「すぎやん」さん〜01 03/11〜
<Responce>
●「主婦の店」と「ダイエー」は全くの別資本です。正式な社名は「全国チェーン主婦の店」と言うらしいです。その後S58年頃大阪市内の一部フランチャイズがチェーンを脱退し「カナエ」という別会社に分離(理由不明)、かなりの店舗が「カナエ」に移行、今川店は現在「カナエ」の店舗になっています(シージーシージャパンという流通商社の系列だそうです)。
 ただ「主婦の店」を名乗る別資本のスーパーは全国にかなりあるので、もう少し検討の余地がありそうです。

「renewal」さん〜01 06/17〜
<Responce>
●東住吉区出身,広島在住のMATIAです。私の記憶がたしかなら,こんな感じだったかと。
♪風で風車が回るよに
♪夢もくるくるやってくる
♪おーひさーま きらきらー 主婦の店
 (あなたとともに・・・へ続く)

東住吉区出身広島在住「MATIA」さん〜04 02/29〜






●ビリケンさん

<神戸にもビリケンさん>
●こんばんは。神戸の「たいこう」です。

 兵庫区東出町に、大阪・通天閣だけやと思われていた「ビリケンさん」の像があるんですよ。テレビで見て知ったんですが。(因みに、そこから山側へ行った西出町は、淀川長治氏の故郷です)
         
 今日、兵庫・東出町の「ビリケン」さんの所へ、「お参り」して来ました。浜側へ目をやると、ドックや工場を見る事が出来、東側はポートタワーが見えます。周辺はとても港町らしい所です。
 このビリケンさんは、「松尾稲荷神社」という神社に奉られてあります。通天閣のは足をかいてお祈りしますが、ここのは通天閣のではタブーである、頭を触ってお祈りするのです。

 イチローがオリックス時代、ここへよく参拝したそうで、そのついでに、近くのお好み焼き屋へよく立ち寄ったと、以前見たテレビでそこの主人が言うてました。中はようさんお稲荷様が奉ってあり、圧倒されてまいそうでした。






神戸3在住「個人的にたいこう」さん〜01 03/11〜




<from Mail box>
●またまた関西旅行してきました。クセになってます。新世界、オイシかったです。通天閣も大阪っていう感じでした。でもビリケンさんの足をくすぐると幸運がおとずれるというのは誰が決めたのでしょうか。
各務原市「ぽいも」さん〜03 11/22〜
<作者から>
●ビリケンさんですが、意外なことに1908年アメリカで誕生した「福の神」だそうです。「LUCKY GOD BILLIKEN(葉文館出版)」に、「ミズーリ州カンザス市在住の若い女性芸術家・フローレンス・プリッツ氏が生みの親とされている」という説と同時に別に、「シカゴ在住のE・I・ホースマンと伝えられている。(中略)ある夜、彼女の夢枕に現れたのがビリケン。そして彼女にこう告げた。『われは世界に幸福を授ける神である。私の像を作って出品しなさい。足の裏を触れば評価されるだろう。私をよろこばせるには一日一回足の裏をかけばいい』」とあります。恐らくこれが伝わって、今の通天閣のビリケンさんの伝承になったのではないでしょうか。








●若狭は関西文化

<from Mail box>
●若狭出身、西宮在住者です。

 若狭はほぼ全域で関西弁で、関西意識が強いところです。というのも、関西弁、関西文化圏でありながら現在福井県に属しているためです。

 若狭の人は、大阪では「ちょっときれいな若狭弁」を喋ると、「福井弁とちゃう!方言隠すな」って言われてしまう。舞鶴や福知山の人は、大阪では京都出身!と言いますが、言葉聞いたらいっぺんで北部やて分かります。高浜、舞鶴、福知山、和田山、豊岡というふうに、西に行くと関西弁ではなくなってしまいます。

 若狭人は大抵こんな悩みを持って大阪で暮らしています。あー、京都か滋賀に貰って欲しい。若狭には、真剣にそう考えてる人が少なくない。地図で見ても若狭は近畿に不自然にめり込んでる。


 そういう地域に住んでいたので、関西弁の境界は興味のある所です。

 西では、岡山、兵庫県境の岡山県日生町の人と話しましたが、日生は岡山弁でした。でも、岡山、兵庫県境はちょっと坂道があるだけ。兵庫県側の赤穂市は関西弁ですよね、多分。三重は、木曽川か長良川あたりまで関西弁と聞きました。でも、熊野市あたり(三重県南部)は関西弁ではありませんでした。和歌山でも新宮あたりはどうなんでしょう。

 丹波でも、篠山は関西弁ですが、福知山は違うし、あのへんの境目はどこでしょうか。京都は亀岡は関西弁ですか?そうなら、亀岡〜綾部間に関西弁の果てがあるはずです。あと、岐阜県にも関西弁を喋る人が少々いそうなもんですが、どうなんでしょう。

 関西弁の最果ての地、教えて下さい。
「O・A」さん〜00 05/15〜
<from Mail box>
●ごぶさたです。福井県は若狭出身者です。
 滋賀は隣ですから、若狭とはアクセントなど似てますから、同じかもしれませんが、「おいもさん」など、食べ物はもちろん、「うんこさん」などとも言いましたよ。いずれにしても、ちょっと子供に対する表現ではありますが・・・。あと、神社に「さん」を付けて言うのも関西特有らしいですよ。「八幡さん」「えべっさん」などなど。
「O・A」さん〜01 01/10〜
<from Mail box>
●若狭弁と播磨弁・・・。

 敬語は「今日は、おってですか?」「来とってけ?」なんかが普通です。しかし、「〜してはりますか?」も使われます。播州弁と若狭弁は、ほんまよー似てます。そうそう、阪神間で東端は御影かもしれませんが、若狭はもっと東ですね。


 姫路弁聞くと、すごく近親感を覚えますよ。

 おってですか?は、和田山の人も使ってました。「〜け?」は、使ってませんでしたが。ただし、「いはりますか?」とか、「おんなるけ?」も使います。3種類の敬語があるということです。それらに優劣はありません。

 「そやし」なんかは、京都では普通ですね。若狭の言葉は、京都の最先端の言葉もあれば、かつての京ことばも残ってると考えられると思います。
なにせ、僕のふるさと小浜市の観光ポスターのキャッチフレーズは、「おいでやす、若狭小浜」ですから。その背景には、かつて小浜は、京都の、大陸への港であったということが挙げられると思います。京都から一番近い日本海、それが小浜です。約80キロ弱です。

 孔雀、像が日本に初めて来たのも小浜。そこから京都まで歩いて行ったらしいのです。今でも迫力ありますよね。昔の人は、小浜から京都まで歩く象を、どのように眺めたのでしょうか。



 それと、小浜〜京都間の道を鯖街道と言います。
 今でも京都では、小浜、若狭のネームバリューはあるらしいですが、京都のバッテラの鯖は、小浜産が多いと思います。鯖などの魚介類を歩いて京都に運んだのです。一晩で。その人達が、京都の進んだ文化や言葉を持ち帰ったのでしょう。

 今でも若狭の人からすると、京都は特別な意味を持ちます。福井県ではあるけど、福井市よりも距離的、文化的、歴史的に繋がりの深い、京都に大変親近感をもっているのです。(逆に福井市を嫌います。)
「O・A」さん〜01 01/10〜
<from Mail box>
三重県は近畿?の中に、福井と三重は中部に入ったり、 近畿に入ったり・・・とありましたのでそれについて・・・

 私は若狭(福井県)の出身ですので、福井県でも近畿に入る場合があることを知っていましたが、ややこしいですよねぇ。最近は関西のテレビの天気予報でも福井県が入ってることが多いです。天気予報の地図でも越前まで入りにくいのですが・・・天気は福井市のものかも知れませんが、気温は敦賀市のものです。


 福井県では敦賀市と若狭地方では関西のテレビが受診できるのです。
 若狭、敦賀は言葉も関西弁(大阪弁でも京都弁でもないです。もちろん。広義の関西弁です。)であり、住民の意識も北陸というより関西ではないかと思います。敦賀市は北陸線の敦賀〜永原(滋賀)間の直流化ならびに新快速の誘致をしています。また、小浜〜今津(滋賀)間の新線も、地元自治体が積立をしてまで実現させようと必死です。若狭、敦賀の目は南を向いているのです。
 しかし、越前の人はなかなかこの事実が気に入らなかったり、受け入れがたいのか、私も何度も掲示板上で意見したことがあります。越前の人には、「ただ単に都会にあこがれてるだけではないか」と映るようですが、そうではないのです。

 小浜市からは、県庁所在地の福井市より、京都市、大津市の方が近く、北陸地方の中心である金沢市、中部地方の中心である名古屋市よりも大阪市のほうが近いのです。


 しかも、歴史的にも奈良、京都と繋がりが深く、現在においてもその傾向にある地域が、あえて疎遠な地域とひとつにまとめている現状には疑問です。小浜は京都の外港であり、祭や風習、建築、でも京都の影響は今も色濃く残っています。高校を出ると、京都、大阪に出る人がほとんどで、福井に行く人はまれです。更に、若狭が福井市と密接であったとは、聞いたこともありません。福井県は南北で意識、文化、言葉の違いが明らかなのですが・・・

 若狭、敦賀は、敦賀県と小浜県となり、一時は福井県全体が敦賀県となりました。その後、若狭、敦賀は滋賀県に、それ以外は石川県になりました。その当時の石川県は、富山、石川、福井県北部という巨大県でした。しばらくすると、現在の福井県になってしまいました。(国の力で)地元では猛反発があったらしいですが、現在においてもその傾向は顕著です。


 三重県も県として、近畿、中部にひとまとめに出来ないと思います。

 ぜひ道州制が実現された暁には、現在の県の枠組みは別にして、その地方が実際にどこに属すべきかを再考してほしいものです。例えば伊賀、若狭、敦賀は近畿、越前、伊勢は中部など。
 三重県の人の意見も聞きたいものです。

「O・A」さん〜01 01/10〜
<from Mail box>
●以前に「若狭は関西文化」の話がありましたが、「週刊・日本の街道」という本に、若狭から京都につながる若狭街道を、さばを運んだ道という意味で、「鯖街道」と呼んでたそうです。さばの他にも、室町時代には、南蛮渡来の象やオウムが運ばれたこともあるそうで、シルクロードの最終地点でもあると書いてありました。
 福井県なのに、関西の文化が広まったのにはこんな道があったからなんですね。
各務原在住「ぽいも」さん〜02 08/10〜
<Response>
●僕も鯖街道の号は立ち読みしました。(買いませんでした。)。あの道は、僕の帰省ルートです。最近は京都まで歩いたりするイベントがよく行われているようです。京阪神でも認知度が上がっているようです。参加者も都会の人が多いようです。

 で、{福井県なのに、関西の文化が広まったのにはこんな道があったからなんですね。 }これは違うと思います。関西圏なのに福井県に編入されているというのが実情です。福井県なんてたかだか100年チョイの歴史ですから。京都との交流は1000年以上前からの話ですよ。
「OA」さん〜02 08/10〜
<Response>
●若狭の鯖街道・・ですが、その周辺で売っている焼きさばは絶品でございますーー。親戚がいるのでたびたび行くんですが、おいしいですよー!ぜひお試しを。

 ところで、若狭方言は、関西弁とは全然違いますよね。ただ、単語は以前にもどなたか書いてはったように、播州弁と共通のものがいっぱいで、まさに柳田国男の蝸牛考やな、と思ったものです。

 もう亡くなった夫のおばあちゃんがよく、
「あのぉ、○×ちゃんやらぁ、わたしのいうことようわからん、ゆうんやけどぉ、アンタようわかってか?」と私に聞いていました。でも、よーくわかりましたよ。ご存じ播州弁と同じ「〜してか?」が入ってました。
 さらに、元気なころ、播州出身のうちのおばあちゃんとよく電話でおしゃべりしていたのですが、その昔、おばあちゃんたちが子供のころは、姫路のあたりと若狭はかなり交流があったそうです。魚や、呉服って言ってましたが。身近な感じがする、とふたりとも言っていましたね。だから違いは、言葉そのものより、イントネーションがぜんっぜん違うことが大きいんだと思います。あと語尾のばしの印象が強いことと。


 こっちでコリアンの友達が話しているのを聞くと、若狭弁と韓国語ってすごく似て聞こえるんです。これって、大発見?もともと韓国語と関西弁とは響きが似ているので、少し離れたところから聞いていると・・・ん?、関西の人たち?と思うことが多いんですが、若狭弁の、あのぉーと話はじめ、語尾を〜でぇー、と伸ばす所などそっくり。韓国語って、会話の中で、イントネーション上がりさがりが激しくありませんか?あと、語尾が「ナヨー」「セヨー」って終わるでしょ?それもヨのところが強い。それが似て聞こえる原因では??と思っているんですけど。
 うーん、私の説(いや、そんなすごいものでは・・)は全体の印象ですから、詳しくはわかりませんが、また聞いてみますね。ただ、私がネイティブ若狭人じゃないから、マネしてもダメかもしれないけど。今日会った嶺北出身者に聞いたら、おお、そういえば似てるかもしれん、とは言っていましたが・・。これもただの印象か。

 ワールドカップで韓国語を聞く機会が多いと思いますので、検証してみてくださいね。あ、ソウル近辺出身の人のが一番近いように思います。あちらも各地の方言はかなり響きが違います。面白いです。
LA在住「のぞみ」さん〜02 08/10〜
<Response>
●(若狭弁と関西弁との違いについて)

大阪、京都との違いですが。
〜してるから=〜しとっさけ(しとるさかい)
〜してるからやろ=しとっさけやんけ
それでな=ほんでやー
ほんまに?=ほんまけ?
なにしてんの?=なにしとん?
くさい=くせー
めっちゃ=ごっつ
ぎょーさん=よーけ、ぎょーさん
なんでやねん=なんでーやぁ

など。アクセントは、たまに違うこともありますが、語尾はやや延ばします。越前弁と似てるのは、語尾が延びるところですかね。あとは、だいたいこっちと大差ありません。最近は大阪からの言葉が速く届きますから、どうなっていることやら。4歳下の弟は、バリって言ってましたが、僕達は使いませんでした。神戸から来たのでしょう。多分。
「OA」さん〜02 08/10〜
<Response>
●若狭は新聞は福井エリアです。テレビは大きなアンテナにすれば、大阪、京都の電波が受けられます。以前はほとんどの家庭で大阪の4局とKBS京都を見ていました。そのほかにもそれらを配信するケーブルテレビ会社もありました。現在は自治体のCATVになり、福井県にないMBS、ABC、KBSのみ配信されています。KTV、YTVは県内の民放と重なるため放映できないとのことです。

 以前より民放のチャンネルは減ってしまいました。(日中、夜間は福井のテレビは寒いです。)テレビ雑誌は北陸版と関西版とも売られています。雑誌は関西ウォーカー、一週間、ぴあ、MEETSなど関西系も売られています。FMは地域によっては802、851、αSTATIONが入ります。しかし、ほとんどの地域では受信できません。舞鶴の中継局のαSTATIONは比較的広範囲で受信できます。AMは、東京でも関西の電波が入ったりしますが、若狭では韓国の電波等に負けてしまいます。

 先日小浜市に滋賀県に編入希望の有無を聞いたところ、それも視野に置いているとのことでした。北陸地方にいるべきではないと考えているとの返答も得ました。自治体は表立って福井県から出たいとは言いにくい面があると思うのですが、意外な返事が返ってきました。YAHOOの掲示板でも私の意見に同調する若狭の人の意見が多くありました。将来的に近畿に入れたらいいなぁと思います。何度も言いますが、北陸という田舎が嫌なのではなく、歴史的に近畿とつながって来たし、現在でも近畿との比重が圧倒的に高い地域であるためです。

「OA」さん〜02 08/10〜






●ディーラーの腸捻転

<from Mail box>
● これも既出のネタと思いますが、どう言うわけか大阪だけ、トヨタ系カーディーラーの大阪トヨタと大阪トヨペットで売る車種が他の都道府県のディーラーと正反対になっている(トヨタ店でマークIIやコロナを、トヨペットでクラウンやカリーナを売っている)。
 大阪に住んでるとそれが当たり前に感じるのですが、むしろ大阪だけが例外と聞いてなぜなのかと思ったものです(トヨタの広告をよく見ると「大阪地区は大阪トヨタ(トヨペット)へ」などと書いてある)。トヨタに聞いてもなぜ大阪だけそうなったのか分からないのだそうです。
「renewal」さん〜01 06/17〜
<Responce>
●ディーラーの腸捻転というお話がありましたが、確かに大阪と大阪以外は扱い車種が違います。(新聞等の広告にも「大阪地区は大阪トヨペット」と記載されてます)実はこの会社、トヨタ自動車直営でして、ほかには確か東京トヨペットだったかと。この理由は昔トヨタ自工とトヨタ自販と製造・販売が別々になっていた時の名残と言う話を聞いてます。

 クラウンの元々の名前が確か「トヨペットクラウン」、さらには「トヨペットマスターライン」なんて言う車もあったそうです。クラウンのお店=第一販売チャンネル=トヨペット店というわけですが、この直営店以外は実は地元資本の単なる別会社なんです。当然大阪トヨタはトヨタ自動車とは別会社。

 トヨタ自販は相当トヨペットという名前に固執と言うかこだわりを持っていたらしいです。乗用車はクラウン、トラックはトヨエースと言う具合に。昔からのお客さんもクラウン=トヨペットという図式が頭の中にかなりあったみたいです。(今はそんなにこだわりは無いみたいですが)ところがトヨタ自工とトヨタ自販が合体し地元資本のディーラーが出来、販売店の名前をどうしようかと言うときに大阪直営はトヨペット店、地元資本はトヨタ店となってしまったらしいです。各販売チャンネルでも扱い車種がバラバラです。これも一つはお客のバッティングを防ぐ、ディーラーの力加減がよく出てます。
「K・H」さん〜01 06/17〜






●関西の蛍はイラチ?

<from Mail box>
●ところで、ある本に、「ホタルのリズムにも地域性があって、東日本のホタルは4秒に1回光るが、西日本のホタルはイラチやから、2秒に1回光るそうだ」と書かれてありました。ホンマですやろか?
「寒来光一」さん〜01 09/30〜



<作者から>
●これについてちょっと調べてみました。

 大場信義さんが各地のゲンジボタルオスの発光パターンを調べてみると、中部地方のフォッサマグナを境にして、東日本のものと西日本のものとでは発光間隔が異なっていたのである。西日本のゲンジボタルオスは、2秒に一回光る(一秒光って一秒休みというパターン)のに対し、東日本のオスは4秒に一回光る(1〜2秒光って3〜2秒休み)。(中略)その二つの型の間では、活動のしかたや産卵の様子も異なる。(「ホタルの水、人の水」遊麿正秀著・新評論刊)


 とあります。
 ただ、厳密には東西という大枠以上に「小地域的スケールでそれぞれ住んでいる場所に適した形や生活様式を持っていると考えてよい」とも記述してあり、「西日本のホタルはイラチ?」と単純に考えてしまわないよう釘もさしてありました。

 (ヘイケボタルについて)本州の水田環境に生息するヘイケボタルは飛翔時に比較的ゆっくりと明滅するが、川に生息するものは速く明滅する傾向にある。(「図解・親子で楽しむホタルの飼い方と観察」大場信義著・ハート出版刊)

 のように、生息環境で明滅速度が異なる例があるようです。東西のゲンジボタルの差は、その生活環境に西と東で何らかの特徴があるのかもしれませんね。






●関関同立VS関近同立

<from Mail box>
●関関同立の下は産近甲龍だったと思いますが、うちの弟が受験する頃に「関近同立」になってるという話でした。本当でしょうか?
神奈川在住「リカ」さん〜01 12/17〜
<Responce>
●関関同立VS関近同立について・・・。
 私は現役大学生ですが、関近同立はありえません。大学のレベルはコロコロと変わるものですが・・・・。関関同立、産近甲龍です。ちなみに最近は龍谷、甲南があがり近大はこの中でも摂神追桃に近い存在だと思います・・・・。関西では 次第に限って言えばですが、立命、同志社、関学一部学部 (例、立命・国際関係学部、同志社法学など)>関大、関同立残り学部≧甲南、龍谷、京産の一部学部>京都女子神戸女学院等の女子大・私立外大≧産甲龍の残り学部、近大・・・・2、3年前はそんな認識でした。今は変わったのかわからないけど。
 同じ大学でも偏差値は学部によって随分変わります。文学・法学は難しく、商学・神学などは入りやすい傾向であると思います。
「Kishida」さん〜04 07/17〜
<Responce>
●三十年ぐらい前は、上位ランクが関関同立で、その後に、「ポンキンカンピン」があったように思います。(日本大学、近畿大学、カン…は忘れた、桃山大学)
「りょうけん」さん〜04 07/17〜

<Responce>
●これはいろいろ言い方があるみたいですね。基本的には「関関同立・産近甲龍・摂神追桃」ですが、それぞれの大学によって独自の言い方があると聞きました。例えば、京産大では「関関同産」と言ったり。「関近同立」もその類では?
東京在住の大学生「吉良伊玖磨」さん〜04 07/17〜

<Responce>
●「関関同立・産近甲龍」のことですが、やはりこれが一番メジャーだと思います(一応現役大学生です)。ただ、最近は近大の代わりに桃学を入れて「産ピン甲龍」と高校生辺りが言っているという話も聞きます。近大が落ちているのか、桃学が上がってきているのか、はたまた両方か(苦笑)。…参考になれば幸いです。
「きぁにゃ」さん〜05 04/17〜

<Responce>
●僕は、立命館大学を卒業しました。立命では、関西学生野球のリーグ戦等で「同立戦」のことを「立同戦」と言うのは、京都では知られています。入学前は、立命では「関関同立」のことをどう呼ぶのだろうと言うのは疑問に 思っていました。しかし、入学してすぐにその謎が解けました。大学が発行している広報誌に「立同関関」と記されていました。
「まったけ」さん〜05 04/17〜







●女子高生のバッグ

<from Mail box>
●神戸の女子高生は、昔も今も、学校のカバンとともに、ファミリアの手提げ袋を持っている!!!。お世辞にもお洒落ともいえない、イマドキでない、いかにもお母さんが手縫いしたようなあのカバンが、未だに高校生に愛用されているのが、本当に不思議!。おまけにあれが8000円ぐらいで売られているのも不思議!
神奈川在住「S・E」さん〜02 03/17〜


<Responce>
●確かに阪神間のファミリア人気は根強くすごいもんがあります。女子高生ファミバッグは見たことあるよ(ただし10年前)。いまだにみんな持ってるんかいなと驚き。そういう女性が大人になって子どもを生んだら親子でファミリアするんですがな。あんなん阪神間でしかみられへんで!

 ファミリアの大人服もそうやけど、阪神間の女性たちはなぜかデカイリボンだとかキルティングだとかフェミニン系が好きですな。ミナミのおばちゃんがアニマルスパッツ好きなようにね・・・。
「ひょう田すべ吉」さん〜02 03/17〜

<Responce>
●私が通っていた頃は、甲南女子(中高)の制かばんは、デニム生地のバッグでした。それは、学校の売店とかで売っているもので、ファミリア製ではありません。でも、それはイマイチ可愛くないので、みんなファミリアのバッグを持って通学してました。割と校則にうるさかった当時でも、ファミリアのかばんなら先生も黙認してましたし。
 他の学校に関してはよく知らないのですが、あのデニム生地のかばんしか制かばんがないのは、南女だけ?

 なにぶん卒業して10年ほど経っていますし、噂ではかなり校則も緩くなったらしいので、今の南女の子たちがどういうかばんを持っているかはちょっとわかりませんが、私の頃はこうでした。
ハワイ在住「Lilia」さん〜02 03/17〜

<Responce>
●神戸の女子高生のかばん・・ですが、南女の子もよく持っていましたが、やっぱり山手女子の 子が発祥ではないでしょうか?。つい最近神戸に帰省した時もみんな持っていましたよ。ちなみに、女子高生とはいっても、お嬢さんだけです!私のような公立の子は、まず持ちません・・。
 たぶん・・だと思うんですが、
 妹がしばらくの間、ファミリアで働いていたんですよ。で、確か山手ではあれが当初はサブバッグとしてちゃんと公認されていたとか聞いたような・。未確認情報ですみません。ファミリアはかなり特殊な会社で、売れることより、「おばあちゃまが孫娘にプレゼントしてさしあげられるお洋服、そして小物」というコンセプトでデザインされているらしいですよ。
 ちなみに私は大学だけ南女なんですが、旧制中学から続いてるバンカラな高校出身だったもので、なじむのが大変!。しかし、腐っても神戸育ち、子供が生まれた時は普段の趣味とは似てもにつかぬあのファミリアのグッズに、なぜか疑問も抱かずに離乳食セットやら肌着やら買いこみましたね〜。

 神戸の子は赤ちゃんといえば、ファミリア、というすり込みがあるのかも?。うちの江戸っ子舅が、「ようかんといえば、とらやだろう」と言い切るのと同じでしょうか。はよ神戸に帰りたい、LAののぞみより。
LA在住「のぞみ」さん〜02 03/17〜

<Responce>
●「神戸の女子高生」の持ってるかばんについてですが、山手女子が「ファミリア」を使うように指導していたと思うんですが。校則だったのかもしれないくらい、ほとんどの子が持ってました。通ってた友人は確か持っていたと思います。
 あのかばんを持ってると今でも「山手の子や〜」と思います。でも、松蔭の女の子も持ってたりします。結局・・・・混乱してしまいました(^^ゞ
「ぐっちー」さん〜02 03/17〜

<Responce>
●はじめまして。私は中学からずっと南女の大学生です。私が中・高校生当時、ファミリアバッグはなんと学校指定の「制カバン」でした。購買部では南女オリジナルのファミリアバッグも売ってました。(絵柄の中に刺繍でKONANと縫われてるだけでしたが、高かった!!)当時は、「デニム色(?)のファミリアのバッグ」が制カバンだったのですが、生徒がだんだんファミリア以外、デニム色以外のカバンも持ち始め、問題になり、生徒会で話し合ったりしてました。

 現在、すれ違う中学生の中には、パソコンケースのようなカバンを持った子をよく見かけるようになったので、ひょっとしたら、制カバンはそれになったのかもしれません。 卒業した私としては、ファミリアバッグ、使いにくいけど、かわいかったのにな〜と、ちょっと寂しい気持ちがしました。
兵庫県「LU」さん〜02 03/17〜

<Responce>
●神戸の女子高だけでなく、大阪帝塚山学院の女子中・高生も持ってました。更に帝塚山の幼稚園児は あのファミリア・チェックのショートパンツだった  と記憶してます。ファミリア ってのが 一種ステータスなんでしょうかね。
「大阪バリバリおばちゃん」さん〜02 05/26〜

<Responce>
●わたしの通っていた高校は公立だったにもかかわらず、ファミリアの手提げを持っている子すごく多かったですよ。というかわたしのまわりの公立高校(北区のあたり)ではかなりの確率で普及していたと思います。どこからそんなお金が出てくるんだろうといつも思ってましたが…。大学の友人(姫路在住)と高校のことについて話していた時、「ファミリアのかばん」と言っても「なにそれ」といわれて、やっぱり神戸のみの流行りやったんやなあと思いました。
 わたしは去年高校を卒業したので、今でもまだ流行っているはずです(実際に母校の制服を着た子がファミリアのかばんを持っているところ、まだ見かけますし)在学していた2000〜2003まで3年間ずっと、ファミリアのかばんを見かけない…という時期は一度もありませんでした。参考になりましたら幸いです。
 では、ここで失礼します。これからも更新楽しみにしていますね(^^
神戸在住「ちよこ」さん〜04 07/17〜







●新年カルタ大会

<from Mail box>
●はじめまして、いつも楽しく拝見させてもらっています。

 関西から北海道へ来て約8年になる者です。ところで、投稿内容ですが…この間NHKのTVでカルタ大会で何度もクイーンになっている女の人の話をしていて、それを見てふとなつかしく思い出したんですけど、中学校で冬休みあけ、校内カルタ大会とかありませんでしたか?。うちは神戸の垂水区の中学校でしたが、毎年そのカルタ大会があって、教室にいっせいに放送でカルタ読む声を流して、全校生徒でいっぺんにカルタの取り合いしてました。3回ぐらい繰り返して、最終的に優勝者が決まっていたように記憶しています。
 こんな慣わしはうちの学校だけやったんやろか?

 うちのだんなは東京出身ですが、この話をしたらきょとんとしてました。冬休みの宿題と言えば、百人一首を覚えるというのも定番だったのですが、これってやっぱり関西に特徴的な事柄ですよね〜。なつかしくて思わずメール書いてます。やっぱ、関西はいいっしょー。
北海道在住「神戸えぞひぐママ」さん〜02 05/26〜

<Responce>
●私も神戸市出身です。私は前半垂水区、引っ越して北区ですが、どちらも新春カルタ大会やってましたよ。うちでは、もちろん全部暗記してるおばあちゃんから、「アンタそれは、かみの句が詠まれたらすぐとらなアカン」と特訓されたもんです。暗記は国語の宿題でしたよね。
LA在住「のぞみ」さん〜02 05/26〜

<Responce>
●どうも、初めまして。奈良から大阪をまたいで兵庫の大学まで通っている、関西をこよなく愛する奈良県民、と申します。

 さて、今日2/17のお便りがお頼りで、新年カルタ大会についての投稿がありましたが、私の通っていた中学校、高校、ともにカルタ大会がありましたよ。中学は市立、高校は県立でした。中学校の頃はどうだったか覚えていないのですが、高校は冬休みの宿題で百人一首を覚えるのがあって、休み明けにばっちり試験がありましたよ(1,2年両方とも)。覚える+古典文法のチェックも兼ねていましたが…。

 中高とも、一学年が一同に体育館に集まり、ひとつのグループに各クラス一人ずつが入り、7人ないし10人一組(中学の時は一学年7クラス、高校は一学年10クラスだったもんで)で計30のグループぐらいに分かれて、先生や放送部のひとががマイクで歌を読んで、一斉に札を奪い合う、というものでした。高校では、小さな絨毯を各グループに敷いて、その上にカルタを並べていましたが、中学では、わざわざ柔道部の畳を運び込んでやっていました。本格的でしょ?

 そして、中学ではクラスで最も多く枚数を取った人を各一人ずつ集めて、決勝をチラシ取り(普通に札を全部ばらまいてやるやつです)でして、上位3人は表彰されました。

 高校でも、決勝は行われましたが、もっと本格的でした。まず、学年全体で個人で取った枚数が上位10名の人を集めて、場所を筝曲部の部室(勿論、和室です)に移して、チラシ取りで上位2人を選びます。そして、翌日その二人で今度は源平戦(NHKで取り上げていたような競技カルタの方法)で学年のトップを決めます。さらに、このカルタ大会は1年と2年がやっているので、同じ日に1年の1位と2年の1位で、1年の2位と2年の2位でそれぞれ再び源平合戦をして、学校全体の順位を決める、というものです。つまり、決勝に出る人は2日で百人一首を4回もすることになるんですね〜。これは、かなり、キツイです。もう、精神的にぐったりとしてしまいます。帰って、バタン、キューでした。
 また、このカルタ大会はクラス対抗であるので、クラス全体で取った枚数の各学年上位4位が各クラス3人の代表を出して、個人戦と同様に源平戦で学年のトップと2位、学校全体のトップと2位、というように決めていきます。個人、団体ともに上位4位までが後日、全校生徒の前で表彰され、賞状とノート3冊が貰えました。

 ここまでやっている学校はあまりないと思いますが、奈良県内では結構行われているのではないかと思います。因みに私は中学1年の時は、学年1位タイ、中学2年の時は学年3位、高校1年の時は個人戦、学校で2位、高校2年の時は個人戦、学校で優勝しました♪ちょっと、イヤ、かなりの自慢です。スミマセン

 かなり、クラス全体で熱くなりましたよ。
「muromiya」さん〜02 05/26〜

<Responce>
●初めて投稿致します。 神戸のカルタ(百人一首)大会についてですが、ほぼ全市中学校でで行ってきた行事だと思います。HPで紹介している中学校もあります。この春からの週5日制移行に伴って、マラソン大会やもちつきなど行事は削減の一途ですが、カルタ大会は冬休みの宿題に格好の題材で、続けている所も多いと思います。歌の覚え方、競技も学年を追う毎に本格的になっていきます。
ちなみに、うちの息子がカルタ大会で優秀な女の子と対戦して負けそうになり、奥の手・・ちゃう!足を使って取ったため、反則負けになりました。
神戸在住「aya」さん〜02 05/26〜

<Responce>
●カルタ大会のネタ、「生まれてこの方」神戸在住の者として、レスさせていただきます。

 うちの小学校では、高学年から冬休みの宿題として、百人一首を覚える宿題がありました。もちろん冬休み明けには学年別のカルタ大会がありました。クラス対抗で、班に分けて講堂でやりましたねえ。読み手は生徒の中から上手そうな子を選んで交代でやってました。
 中学でも、古文の関連で宿題として出てたと思います。学年別カルタ大会までやってたかどうか、ちょっと覚えてませんが、1年のときのクラスでは1時間つぶしてやりました。ちなみにあたしは、結構いい成績残してたハズ(笑)です。「お前は取るな!」と何度脅されたことか・・・・(T-T)

 百人一首の宿題って、ひとつの課題としてどこの学校でもやっているものとばかり思ってましたが違うんですねえ・・・
「ぐっちー」さん〜02 05/26〜

<Responce>
●カルタ大会は大津でも中学の時やっていました。クラス予選後、決勝までやっていて、その時期になると百人一首を覚えていた記憶があります。なお、先の投稿であった日本一のカルタクイーンを決めるカルタ大会は大津の近江神宮で毎年行われているので、大津はカルタになじみが深いというのはあるかもしれないですね。
「J・H」さん〜02 05/26〜







言葉編その1 言葉編その2 言葉編その3
言葉編その4 言葉編その5 交通編
食べ物編1 食べ物編2 メディア編
メディア編2 メディア編3 その他編
その他編2 その他編3 TOPページ
掲示板