よろずデータベース・交通編
交通編
言葉編1|言葉編2|言葉編3|言葉編4|言葉編5|交通編|食べ物編1|食べ物編2|メディア編|メディア編2|メディア編3|その他編|その他編2|その他編3|TOPページ|掲示板



●スルッと関西


<Q>
 大阪を中心に「スルっと関西」と称して大阪市営地下鉄、阪急、阪神、北大阪急行などに乗り入れ可能なプリペイドカードがありますが、何故、近鉄と南海では使えないのでしょうか?
 関西圏の私鉄にすべて乗り入れるようにならないのは私鉄間で仲が悪いから?
 それとも奈良と和歌山だから?
(阪神本線と阪急神戸線なんかもろにコンペジットしているのに)

(イスカンダル在住、「口車の矢七」氏から)



<A>
 「スルッと関西」は御存知のように磁気カードを[自動改札機]に通すことで、残高を精算していきます。(入るときも出るときも自動改札を通らないと計算不能になる)
 ということは完全自動改札化している電鉄会社しか仲間になれないのです。だから、自動改札機のない駅を持つ(つまり田舎まで線を延ばしている)近鉄と南海、そしてJRは今のところ「はみご」です。でもJR以外は将来的に完全自動改札化されたらスルッと仲間に加入するようですよ。

(大阪府・「りちゃーど」さんから)





<Rresponse>
 この春から、南海・京阪・能勢電など諸民鉄が参加しますが近鉄は見送りです。
 その理由としては、りちゃーど さんのおっしゃる通り。あと、近鉄はJR西日本との接点が多いためJスルー(イオカードのようなもの)と手を組むという情報もあります。
大阪在住「峰」さん〜99 3/014〜


<Rresponse>
●「スルッとKANSAI」は、今年9月までに13社(鉄道、バス、交通局)。10月に、山陽電気鉄道、神戸電鉄、神戸高速鉄道の3社、今年度中に、北神急行電鉄、大阪モノレール、京都市交通局、神戸市交通局、伊丹市交通局、神戸新交通、尼崎市交通局、京阪バス、神鉄バスの9社、合計 25社が加入するそうです。

 2年後には、近畿日本鉄道が、スルッとKANSAIとJスルー(JR西日本版スルッとKANSAI)が使えるようにするみたいです。

 JR西日本が実施しているJスルーは私鉄と同じシステムを導入しても得策といえないと理由で独自のシステムを実施したそうです。だが、実際はの理由は、敵対している私鉄と同じシステムを導入するのはイヤだったのでは....
生野区在住「韓国朝鮮村村長」さん〜99 5/07〜


<Rresponse>
 来月の1日からようやく神戸周辺も、「スルッとKANSAI」に参入します。これからの神戸市交通局のプリカの名称は、「スルッとKANSAI こうべカード」となります。ポートライナーもこれと、同じ名称になるみたいです。
 僕は今、阪急の「ラガールカード」を持っていますが、やっとこのカードで地下鉄と市バスの利用ができるんで、嬉しいです。あとはJRみたいに、定期券1枚・プリカ1枚を入れて、乗り越し精算が手軽に出来るようになると、もっと良いのですが・・・
神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜99 9/23〜
<Rresponse>
 JR神戸駅などで、「Jスルーカード」の出店販売をしているのを見ます。駅員さんは、声を張り上げたり、拡声器を使ってまで売っている様子を見ますが、売れている所をあまり見ません。  逆に、阪急梅田駅や三宮駅などである出店販売は、JRのようにせんでも、どんどん「ラガールカード」は売れています。
 早よJRも「スルッとKANSAI」の参入すれば、便利になって、カードも売れると思いますが・・・。JRは未だに私鉄との。「競合意識」が抜けへんのやろか・・・。
神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜00 07/05〜
<Rresponse>
 「スルッと関西」にJRが参加しないのは,阪急が難色を示しているとのことです。もともとこのカードシステムは,民営化以降,本気でサービス向上に乗り出したJRに対抗するために,阪急が各社を誘って始めた,といういきさつがあって,それにJRが参加ということになると・・というような事情があるようです。
埼玉在住「KK」さん〜00 07/05〜
<Rresponse>
「スルッとKANSAI協議会」はJRへ「スル関」への参加を呼びかけていました。

 ところが無人駅にも自動改札機を設置することや、自動改札機の改造費をJRが負担することに難色を示し、JR側から正式に参加を断っています。なお近鉄は、来春から「Jスルー」「スル関」の両方に加盟する予定です。

今までの経緯は
http://ss4.inet-osaka.or.jp/~tochio/surutto-kansai.htmlに詳しく載っていますのでご覧ください。
東住吉区在住「H.K」さん〜00 09/10〜
<Rresponse>
●2001年2月1日で遂にスルッとKANSAIが関西地区を制覇、大手になりました。

 というのは今日で近鉄(関西圏)がスルッとKANSAIを導入し、大阪、京都、兵庫、奈良の大手、私鉄、交通局などが導入し、残りは滋賀県の私鉄のみとなりました。これではさすがのJRも客が減る可能性もでてきそうですね。
 何せ、カード1枚で東は青山町駅(近鉄)〜西は山陽姫路駅(山陽電鉄)で移動できますし、今後は近鉄と阪神が難波で接続する可能性もでてきているので青山町駅(近鉄)〜山陽姫路駅(山陽電鉄)は乗り換えなしで移動も可能になってきています。ちなみに料金は2030円、所要時間は約3時間ですが、はたして乗る人が居てるのでしょうか?
生野区「韓国朝鮮村村長」さん〜01 03/11〜
<Responce>
●帰宅途中に我が家の有る近鉄の駅に降り立つと、何やら張り紙が有りました。それによると、『途中下車制度の廃止』と掲げてあります。(作者註:途中下車=A駅→C駅の切符にて、途中のB駅で降りること)。全く要領を得ずに実家に帰りつきましたが、何やら良くわかりません。その張り紙に書かれた文章を読んでも全く要領を得ませんでした。話題の「スルッとKANSAIカード」導入によって、この制度の廃止にいたったとのことでした。
「東成のガキ」さん〜01 06/17〜
<Responce>
●近鉄の途中下車廃止ですが、二月一日からでしたよね。ほんと、ショックでした。
 西大寺などでも途中下車してよかったので、西大寺で買い物をして、奈良へ向かう、ということが出来ていたのに・・・。昔から途中下車はあったように記憶しています。少なくとも私が利用するようになった12年前にはすでにあったと思うのですが・・・。おかげでお寺見物のはしごがしにくくなりました。ショックです。便利でしたのに・・・。
山形在住元滋賀県民「ゆい」さん〜01 06/17〜
<Responce>
●元々近鉄では途中下車指定駅というものがあり、その駅では、「所持している切符の運賃と発駅からその駅までの運賃が同額以下でない限り途中下車できる」となっていました。この制度は、確か僕が物心つく頃からありました。おそらく「スルッとKANSAI」が途中下車に対応していないためでしょう。
 またこれまで長距離切符(運賃1440円以上)では、切符は2日有効で途中下車可でしたが、これも1日有効で途中下車不可に変わりました。


***これ以下は個人的な推測です***

 そもそも途中下車指定駅のココロは、
1. 近鉄百貨店で買い物してもらおう
(上本町、布施、生駒、西大寺、八木、四日市)

2. 他線へ乗換時に改札を出なければならない
(生駒[→ケーブル]、田原本[→田原本線]、四日市[→内部八王子線]、
桑名[→北勢線])

3. 乗り継ぎで時間があるときの一時出場の許可??
(中川、橿原神宮前)
だと思われます。

2. は別改札連絡の他線を「スルッとKANSAI」非対象(今まで通り券売機で切符を買う)とすることで判別、3. は途中下車の利用がごく少なく影響が小さい、と推測されます。. は近鉄百貨店にとって少し痛手となりそうですが、「スルッとKANSAI」導入による利点(客に対するアピール効果、途中下車制度をなくすことや、客が「カードをつい使ってしまう」ことによる増収、あたりが考えられる)とを天秤にかけた結果でしょう。

 客にとっては、切符を買う手間や精算時の手間は軽減できるメリットがありますが、途中下車ができなくなるデメリットがあり、個々の客により影響の度合いが違いそうです。
川崎市中原区・元近鉄沿線住民 「まと」さん〜01 06/17〜
<Responce>
● JR西日本が2003年をめどに、非接触式の自動改札機を導入を計画しているようで、これを機会に「スルッとKANSAI」と共通化も検討しているそうです。これが正式に決まれば、後は関東の「パスネット」との共通化ですね(笑)。
神戸在住「個人的にたいこう」さん〜01 09/30〜
<掲示板より>
●よろずデータベースの「するっと関西」欄が更新されていないようで気になりましたのでカキコさせていただきます。ご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが非接触ICカード「ピタパ(PiTaPa)」が阪急電鉄等で運用されておりましたが、この度阪神電気鉄道、大阪市営地下鉄、大阪市営バスでも利用出来るようになりました。JRのイコカ(ICOCA)と同じ改札機にピッとタッチするだけのカードです。さらにショッピングなどでも利用出来る言うなれば電子マネーの一種として期待されています。現在JR系列のイコカ(関東ではスイカ)やANAのエディ同様、これから発展が期待されています。
「ロールパン」さん〜06 02/25〜
<掲示板より>
●昨日、突然大阪へ行ってきました。急行寝台「銀河」(しかもA寝台)で今朝帰ってきたのですが。それは、さておき交通の電子カードJR東日本のsuicaのペンギンに対して、IKOCAのカモノハシ。いい脱力っぷりです!。ちなみに、と提携したらしくSUICAのチャージもあちらでできました。あと地下鉄のPITAPAはタヌキですが自販機で使えたり、お弁当が買えたりクレジットカードタイプがあったりと「つかえるねん」らしいですとにかく、カワイイ〜♪ 写真とってきたので良ければ見に来てみてください。
東のペンギン 西のカモノハシ 使えるねん タヌキ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=122995688&owner_id=968258
「そーつ」さん〜06 06/04〜






●相互乗り入れ


<Q>
 大阪の電車は、相互乗り入れが少ないように思う。阪急と北大阪急行と近鉄とOTSだけです。JRに対抗するんやったら、関空から京都まで私鉄と地下鉄だけで乗り換えなしで行けるようにしたらええように思うんやけど。
 地下鉄なにわ筋線の話はどこに行ったんや。阪神と南海の乗り入れの話もどうなったんやろ。教えてください。

(大阪在住「泉州人」氏から)



<A>

 こちら関東では地下鉄の相互乗り入れは盛んです。私が使っている東武東上線も乗り換えなしで営団有楽町線に入るので便利です。ほとんどの路線で相互乗り入れしているといっても過言ではないようです。

 私が思うに、こちら関東では「ラッシュ時のバイパス的な役割」を担っているような感じがします。東武線の場合、和光市〜池袋の間は東武と営団の2路線が走り、実質「複々線」になっていると考えられますし、東西線はJR中央総武線のバイパス、また日比谷線などは「ターミナル駅〜JR山の手線」という超混雑区間を使わずにショートカットして都心に入る意味合いがあるように思います。

 さて一方の関西ですが、印象的な出来事として、御堂筋線が中百舌鳥まで開通したときに南海電鉄がそれまで停車していた急行を通過させて一悶着を起こした事件がありました。これは「中百舌鳥〜難波間の乗客を地下鉄に奪われないための策略」だったと記憶しております。

 つまり関西の鉄道会社は相互乗り入れによるデメリットの方が多いと考えているのではないでしょうか。また車両の規格が異なり相互乗り入れには不向きなのにも一因があるのかもしれませんが。

 と個人的な推測をしてみましたが、詳しい事情をお知りの方、ご連絡いただければ幸いです。



<Res>
 以前読んだ本に書いてあったのですが、関西の私鉄は終点に大きなターミナルを構えるのがほぼ当たり前になっています。阪急梅田、南海難波、近鉄上本町などはみなJRに負けない立派なターミナルでしょう。
 一方、関東はあまり大きなターミナルを構えていないそうで、大量の列車を折り返させるには限界があり、地下鉄などに分散して都心に入らざるを得ないのが現実で、それが結果的に相互乗り入れを発展させたと書いてありました。

 一方、阪神と山陽が完全に相互乗り入れして、梅田から姫路まで直通運転になりましたね。これは完全にJR対抗戦略でしょう。阪神と近鉄の相互乗り入れも実現したら、姫路<=>奈良、とか、神戸<=>伊勢 なんかの直通運転も夢じゃないかもしれません。それに、神戸の人にもミナミに来てもらえます。(神戸の人へ:たまにはミナミもええよ)

そういえば昔、南海難波からJRの白浜行きの急行が出てた記憶があります。
(大阪・「よいやん」氏から)



<Res>
これはあくまで私見ですので、実際の鉄道事情とは異なるかも知れません。

(1)関西の私鉄はJR環状線の内側、つまり都心部まで路線が延びているので(例:京阪淀屋橋、南海・近鉄難波など)、都心を走る地下鉄と郊外の私鉄を相互乗り入れでつなぐ必要がない。

(2)線路規格が地下鉄と私鉄で異なる。

 あと、「御堂筋線延長時に、南海が急行をわざと通過させた」件についてですが、南海は地下鉄延伸に当たって、堺東の次は泉北高速鉄道線深井に停車する(中百舌鳥は通過)「泉北区急」を、この時新しく設定しました。あまりにも不自然な停車駅の設定に、利用客も南海の「嫌がらせ」を見抜いていました。
 実際のところは中百舌鳥の地下鉄乗り換え客は少なく(地下鉄は各駅停車なので遅い、中百舌鳥での乗り換えが長くて不便)、南海の「嫌がらせ」はあまり意味がないようです。

 大阪地下鉄、1区200円は高いです。東京はもっと安いと聞きました。
 このままでは大阪地下鉄は、経済感覚の発達した(つまり、けち)大阪人から見放されるでしょう。私も地下鉄の1区間なら歩いたり、安いJR環状線を利用(地下鉄は天王寺−梅田間270円だがJRだと190円)したりして、ささや かなレジスタンスを行っています。

(大阪・「河内人あき子」氏から)



<Res>
 大阪の地下鉄の「電気の取り方」に、乗り入れを少なくさせる原因があると思います。大阪の地下鉄は、線路に沿うように設置された、鉄骨のように見えるものから電気を取っています。たしかこの方式を「第三軌条方式」といったはずです。(違っていたらごめんなさい)
 しかし私鉄は、大半が架線から電気を取っています(ホームで上を見上げると、架線が見えます)。つまり「電気の取り方が違うので乗り入れは困難」です。堺筋線は架線から電気を取っているので、阪急電車と乗り入れができる訳です。

 もう一つ乗り入れを困難にさせている要因をあげるならば、線路の幅だと思います。
 堺筋線は除くとして、大阪の地下鉄(東京では銀座線と丸の内線)はJRの在来線の幅と比べて、見た目で分かるくらい、広いです。大半の鉄道が、狭い幅の線路を使用している訳で、この点からも乗り入れは困難と思われます。
(東京都港区・「立川」氏から)



<Res>
 第三軌条のメリットとして、トンネルの断面を小さくでき、その分安く作れるということがあります。また、工事が簡単であるともいわれてます。その辺が、相互乗り入れをしてない理由になると思います。
(愛知県・「つたない喇叭吹き」氏から)



<Res>
 架線方式だと、「車高(パンタグラフも含めて)+架線」の大きさのトンネルが必要です。一方、第三軌条方式だと「車高」の大きさのトンネルで用が足ります。
 ここからは私の推測になりますが、銀座線の「浅草ー上野」は日本で始めての地下鉄で、戦前に建設されました。そのころは私鉄と乗り入れ運転をする事なんて考えていなかったと思いますし、満足な機械技術もなかったでしょうから、掘る分が小さければ小さいほど嬉しい事(?)だったと思います。丸の内線が建設の建設が始まったのは昭和20年代後半、こちらも理由は同じだと思います。
 ちなみに、この後に建設された東京の地下鉄(昭和30年半ば以降建設)は、すべて架線方式が取られており、この頃から乗り入れ運転が、計画の段階から視野に入りだしたと推測できます。

 大阪の地下鉄で、唯一、乗り入れ運転をしている「堺筋線」(架線式)の開通が、昭和44年。開通時から、阪急電車と乗り入れ。しかし、同じ昭和44年開通の千日前線は第三軌条式。この点を見る限り、「乗り入れ運転をしよう!」という路線には、少しくらい高価でも架線式にしている訳で、「安いから」と、無計画にデメリットのある第三軌条をとったとは思えません。
 おそらく大阪では、建設費を押さえて、できるだけ広い路線網を作ろうとしたのではないでしょうか。これに加えて、他の鉄道会社とのバランスで、乗り入れ運転を盛んに計画しないのかもしれません。
 以上、大変長くなりましたが、参考になれば幸いです。

(東京都港区・「立川」氏から)



<Res>
 阪神は確か近鉄と乗り入れするのでは?。近鉄とは、阪神が地下へ入り近鉄なんば駅につながります。
 近鉄(東大阪線)は大阪市交通局と乗り入れし、大阪市交通局はOTS線を借用しています。OTS線とはレール、駅を所有し、そこに列車を走らせる形で収入としています。乗り入れではあと、阪急と能勢電鉄が乗り入れし、阪急梅田駅から能勢電鉄日生中央駅へ直通特急「日生エクスプレス」が走っています。
 今、確か着工していると思いますが、近鉄東大阪線が近鉄京都線大久保駅(高の原駅かなぁ)まで延伸する予定です。 こうなれば、コスモスクエア(OTSテクノポート線)−高の原(近鉄京都線)まで乗り換えなしでいけます。ただ、生駒駅(近鉄東大阪線)−高の原駅(近鉄京都線)は第三セクターと言う話もあるが。そうなると、運賃が・・・・。
(大阪・「韓国朝鮮村村長」氏から)



<Res>
 相互乗り入れの件は、私のHPでも取り上げました。http://info-japan.com/home/27.html の【継ぎ接ぎ】をご覧ください。

 大阪市と営団の線路敷設の考え方に大きな違いがあります。
 営団や都営線は、はじめから「各私鉄線の連絡」を目的として路線を敷いてきました。乗客の利便性を第一に考えていたのです。対して大阪は、都心に私鉄が乗り入れるのかたくなに拒み、更には市外へ積極的に延長する政策を変えてはいません。まさに「がめつい浪花の商人精神」ですな。

 京阪の天満橋始発(淀屋橋延伸は数年後実現)、阪急京都線の天六始発や、近鉄の阪神乗り入れ失敗がいい例です。千日前線なんば〜野田阪神は、本当は近鉄が伸ばしたかった路線だそうです。
 あと、各私鉄の「独自性確保」というのも、あたっているようです。水間〜南海(貝塚)、近鉄〜南海(河内長野)、近鉄〜京阪(丹波橋)は、初めの乗り入れ体制をその後解消しています。
(大阪・「峰」氏から)



<Res>
 「ネックは電気の取り方と線路幅」の件ですが、確かに私鉄と地下鉄の線路幅はちゃいますが台車の構造と線路の構造を変えるだけでこの問題は簡単に解決します。開発費は莫大になるかもしれないが、「必要性があれば」地下鉄と各私鉄が共同開発するはずです。

 地下鉄同士でも規格が違います。
 信号系が違うのは、千日前線。架線式方式では、堺筋線、長堀鶴見緑地線。後の、御堂筋線、谷町線、中央線、四つ橋線は同じ規格です。地下鉄ではないけど、ニュートラムは全く別の規格ですが。そのおかげで、OTS線ではニュートラム側と中央線側では路線名が違いますし、中ふ頭−大阪港間の直通運転が出来ません。

(大阪・「韓国朝鮮村村長」氏から)

<Rresponse>
●こんばんは。初めてメールします。私は、大阪在住の会社員、マッキー♂であります。
関西圏の鉄道、相互乗り入れの事に興味があって、参加させていただきます。

関東地区の鉄道の、相互乗り入れの多さに比べて、関西地区(特に大阪地区)のそれが少ないのは、経済的な事もありますし、サービス競争の激化もありますが、まずは、路線敷設の為の用地が少ない事。東の八百八町・西の八百八橋って言われたくらいやし、地下敷設・高架橋敷設等をしなければ、路線確保が出来ない現状であります。

軌道(軌間)の問題、集電の方法、車体の大きさ等は、研究中の物もありますが、既存の路線で相互乗り入れが出来る方法を見出せかけようとしています。

1:軌道(軌間)の問題

 皆さんが日頃利用されている、JR・私鉄・地下鉄。これらの線路の軌間(線路の幅の事)を気にされた事はありませんか?。日本の鉄道で使われている線路の軌間は、大きく分けて、3種類あります。

  @標準軌・・・・主に国際的に広く使われている、標準的な軌間。
          新幹線、私鉄(一部を除く)JR在来線(一部)。軌間の幅=1435o。
  A狭軌  ・・・JR在来線(一部を除く)、南海電鉄他、軌間の幅=1067o。
          近畿日本鉄道(一部)、軌間の幅=762o。
  B三線軌・・・・JR山形新幹線(蔵王〜山形間)
           山形新幹線の直通電車と、蔵王〜山形間の貨物輸送がある為、
           日本で初、JR東日本が採用した。1435oの標準軌の中に、
           1067oの軌間のレールを1本敷設した。

 この、軌間の違いと言う問題は、相互乗り入れするのに、一番のネックになっています。しかし、現在、JRと鉄道総合研究所においては、既存の在来線と新幹線を直結が可能か実験をしています。軌間調整レールと、調整車軸付き特殊台車という装置を開発しており、実用に向けてのテスト走行を繰り返し、改良をしていってます。
この装置が実用可能になりますと、既存の在来線のまま、新幹線を走行できるようになります。また、在来線の改良の不要、台車の乗せ替えの時間が短縮され、別ルートによる台車輸送のコストが削減できるメリットもあります。

2:集電の方法
  この点に関しては、集電装置を2つ付ける事で、解決できるんじゃないかとおもうんですが、ただ、電圧等気をつけなければいけないし・・・。仮に既存の地下鉄線を走行する前は、パンタグラフを収納しなければならないし(トンネル内に架線がある場合は別)、その逆の場合は、パンタグラフを展開しなければならない。その切り替え操作の手順を確認する者はいるけど。

3:車体の大きさ
   まぁ、この点に関しての問題は、開発する車体の大きさを、最初から地下鉄用より、一回り小さい車体にして貰えたら、出来るとおもうのですが・・・
大阪在住「マッキー」さん〜02 05/26


<Rresponse>
● 大阪ではともかく、神戸は相互乗り入れが盛んでしたね。神戸高速鉄道なんて阪急・阪神・山陽が入り乱れてましたから。高速神戸では駅の放送でやたらと「阪急」か「阪神」かを連呼してました。神戸高速自体は神戸市内の鉄道輸送を円滑にすることを目的として神戸市と神戸財界、乗り入れ四社(上三社+神鉄)が共同出資した会社です。当初から乗り入れ目的で作られたということでは大阪の地下鉄と違いがあります。大阪は「道路渋滞で市電が機能せんから、地下に入れてしまう」のが目的やったと思います。
 実は、私鉄を市内に入れたくないというのは高度成長期までは都でも同じでそのため多くの私鉄が山手線上で足止めを食らわされました。東京の場合、人口の増加に輸送量が追いつかへんかったというのが相互乗り入れをせざるを得なくなった「ホンネ」やと思います。もうひとつ、東京で相互乗り入れが盛んなのは地下鉄の主軸となっているのが都交通局ではなく営団(今の東京メトロ)やからでしょう。営団地下鉄は都営ではなく、運輸省や国鉄の出資する公営企業でした。
「笑福亭ツルハシ」さん〜04 12/04


<Rresponse>
●他の方も触れられていましたが、大阪市が頑なに私鉄の乗り入れを拒み続けた事が挙げられます。(あるライターは「大阪市地下鉄モンロー主義」と評しておりますが…)しかし、東京と大阪では都市の規模も全く違っているので、「どんなに頑張っても捌けない」ほどの利用者数ではなかったのではないでしょうか?。現在相互乗り入れをしている中央線に関してですが、昔近鉄は、生駒〜森ノ宮の免許を持っていたらしいのですが、大阪市が例のごとく拒み続け、東大阪市の長田まで延伸させたようです。結局、近鉄は長田〜森ノ宮を大阪市へ譲り、生駒〜長田を受け持つ事になり「東大阪生駒電鉄」という会社(近鉄100%子会社)が事業主体として完工させ、近鉄に合併されました。

 あとある方のレスで「近鉄〜阪神」の乗り入れに触れられていました。私が知っている経緯は以下の通りです。「近鉄〜阪神」は西九条〜なんば間をつなぐ計画だったものを、九条の住民の猛反対で工事が長期ストップしていたが、2009開業に向けて2003年に着工されました。一方、「京阪〜阪神」の乗り入れも計画されており、現在建設中の京阪「中之島新線」を通って野田でつながる計画だったようです。
「こんたん@横浜です」さん〜04 12/04


<Rresponse>
●阪神難波延長は書かれている通り、九条付近の住民からの猛反対によりいったん凍結状態になりました。その後、地元でも街の活性化のために必要という意見も出始め、第三セクターによる建設・阪神による運営という「上下分離方式」により着工に至ったのです。ただし、地元住民もまったく反対しなくなったか、というとそうではなく、地上通過への反対と第三セクターを経由して民間企業に(市営地下鉄を圧迫する)鉄道建設をする点を問題視し、高架による延長に反対するグループもあります。以下のウェブが参考になります。
http://www.geocities.jp/gemclipjp/index.html
「K_Maeda」さん〜04 12/04


<神戸高速鉄道のアナウンス>
●こないだ帰省したときに思ったんですが神戸高速の高速神戸駅のアナウンス、阪神とか阪急を2回いうんですよね「阪神、阪神梅田行き、特急」とか「阪急、阪急梅田行き・・」とか。なんかヘンなんですけど、なんででしょうすんません・・気になってしまって・・
「てんてこ」さん〜06 06/04

<Rresponse>
●念押しでしょうな。「阪急梅田行き」「阪神梅田行き」一文字違いですよってに。乗り間違いを防ぐためでは?
「新入り坊主」さん〜06 06/04


<Rresponse>
●初めまして!初投稿させて頂きます。Aerithと申します。私は山陽電鉄沿線に在住しており、神戸・三宮近辺に出かける時には阪神〜山陽直通特急を利用しています。高速神戸駅も良く利用していますので、アナウンスについて書き込みさせて頂きます。

さて本題ですが、仰せの通り誤乗防止の為にアナウンスの言い回しを分けています。阪神方面のアナウンスは 「2番のりばに到着の電車は、阪神方面・阪神梅田行直通特急。停車駅は、元町・阪神三宮・御影・魚崎・芦屋・西宮・甲子園・尼崎でございます。次は、元町まで停まりません。」阪急方面のアナウンスは 「1番のりばに到着の電車は、阪急・阪急梅田行特急。停車駅は、花隈・阪急三宮・岡本・西宮北口・十三でございます。」となっています。阪神方面は「阪神方面・阪神○○行き」とアナウンスされていて、阪急方面は「阪急・阪急○○行き」とアナウンスされています。また次駅止まりの列車の場合は、行先を連呼しています。「3番のりばに到着の電車は、新開地・新開地行きです。」とか「1番のりばに到着の電車は、高速神戸・高速神戸行きです。」というアナウンスで放送されています。

また阪神・阪急の双方に乗り入れをしている山陽電車の場合は、方向幕(電車の側面の種別・行先の表示)の行先表示を阪急方面と阪神方面で色分けしています。阪神方面は青地に白文字で、阪急方面は緑地に白文字でそれぞれの行先を表記しています。(通常は白地に黒文字の行先表示です。)ちなみにアナウンスの声の人は2004年1月からで、以前は違う人の声でアナウンスされていました。
「Aerith」さん〜06 07/22
<Rresponse>
●さて、相互乗り入れのところで、南海がJRに乗り入れとあったので、詳細をお伝えします。

現在は南海・JRとも関西空港へのアクセス関西空港線のりんくうタウン〜関西空港間のみ相互乗り入れしています。(りんくうタウン駅のみ南海電鉄が管理しています)南紀直通は昭和9年から昭和60年ま南海のみの片乗り入れでした。スタート時はもめにもめましたが(阪和電鉄 現JR阪和線が、先に乗り入れ開始したので、南海が遅れて参入したため、国と大ゲンカがありました)、当時は白浜までの乗り入れで、省線(現JR)の客車を南海の電車が牽引する形をとっていました。戦後昭和26年に南海が直通用客車を製造 新宮まで乗り入れ開始し、夜行も出来ました。昭和47年3月をもって、客車運行を廃止(理由は翌年の1500v昇圧に伴う)。昭和34年紀勢本線全通に伴い、気動車9両製造(内1両は後に事故廃車)愛称はきのくに、南海本線内は特急で指定車付の時代もありました(当時は、紀勢本線の切符がないと、きのくにの指定券を発売してくれませんでした)。しかし、この気動車は、急行きのくにに和歌山駅で併結していましたが、国鉄車は冷房付きで南海車は非冷房と格差ができ、昭和53年紀勢本線電化で特急くろしおができ、ついには昭和60年3月14日改正で急行の特急格上げで廃止となったちなみに、南海直通車は国鉄と自社のATSを取り付けて運行していた。 (現在の関西空港線はJR・南海とも自社のATSが取り付けられ、線路内に2種類のATS地上子があります)

話は変わりますが、紀勢線の和歌山〜和歌山市間の信号は、和歌山と和歌山市で管理し、和歌山市では、南海社員が取り扱っています。また、和歌山市では、南海の券売機でJR紀勢線と和歌山線の切符が買え、逆に和歌山では、連絡切符として、阪急・阪神・大阪市交以外の切符が買えます(和歌山市には、JRの券売機がホームにあります)。また、和歌山市では、JRの定期券・指定券が買えません(実は、三国ヶ丘駅も南海が管理しているので、みどりの窓口がありません)連絡定期券のみ駅で発売しています。ただし、和歌山市の場合は、南海系列の旅行会社があるので、JRの指定券は買えますが、一度改札を出なくてはならない
「まさやん」さん〜07 05/06





●ラッシュ時のドア


<Q>
 この間友人に会いに大阪に行ったときに「?」なものを目にしました。
 その友人は京阪線沿線に住んでいるのですが、京阪線には「ドアの前に」座席がありますよね。確かラッシュ用とか書いてあったと思うんですが、あれ、朝のラッシュ時には座席はどこにいってしまうんですか?まさか座席を取り外すわけにはいかないし...。  朝になったら座席がドアの上までがーっと...気になって仕方ありません。京阪線沿線在住の方、教えて下さい。

(「ポンスケ」氏から)



<A>
 どうやら本当に「座席がドアの上までがーっと」が正しいようなのです。
 実家にあった鉄道の本を見たところ、片側5枚あるドアのうち2枚だけ座席で塞がれていました。そしてラッシュ時になると、なんとその座席が「天井まで釣り上げられる」とのこと。

 まあ、山手線のように座席が全くなくなるよりかは親切なんでしょうね?
(最近では、あの阪急でさえ座席なし車両あるようですが・・・)



<Rresponse>
 京阪の「ラッシュドア」ですが、かつて京阪沿線に住んでいた僕にとって、とても懐かしく感じます。
 5000系がデビューした1970年当時は、沿線人口が急激に増え、ラッシュ対策が課題でした。しかし京都市電の平面交差の関係もあり、電車線電圧が600Vのままで、7両編成以上の増結は無理でした。そこで駅停車時間短縮を考えて、この車輌が造られました。後に、関東の各社で5〜6扉車登場しますが、5000系はいわばパイオニア的な存在と言えますね。
 また京阪は、「中之島新線」計画があり、将来的には京阪本線が阪神西大阪線の西九条駅までつながり、阪神と相互乗り入れする計画があります。

神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜01 06/17〜




●ゆびづめ注意!?

<from Mail box>
●今はほとんど見かけないが、昔阪急電車のなどで「ゆびつめ注意」というのがあったが、東京の人は指を削ぎ落とし、やくざが足をあらうことと勘違いしたひとがいた。
「H」さん〜98 7/19〜

<Rresponse>
●阪急だけでなく、大阪南部の南海、近鉄もたしか「ゆびづめ注意」だったと思います。
「河内人あき子」さん〜98 7/26〜

<Rresponse>
●とっても楽しいページですね。けっこうはまってしまいました。個人的にだんなと母と義理の姉が関西出身なので、関西弁には親しみがあります。

 親戚が大阪にいるので、子供のころ夏休みなんかによく遊びに行っていたのですが、都内の高校へ通っていたときには、「東京と違うなぁ」と思うことがいろいろありました。どなたかが書かれていましたけど、「電車のドアに貼ってある「ゆびづめちゅうい」のステッカー」。私もはじめ見たときは、「指つめるなんて、恐い!!」と思ったものでした。
「K・M」さん〜98 8/12〜
<Rresponse>
●峰ですぅ。前に送ったかもしれませんが「ゆびづめ」情報です。
http://www2.wbs.ne.jp/~uotsu/doagiwa/kobe.htm

ではでは・・・
「峰」さん〜99 10/31〜





●つぎ・こんど

<from Mail box>
●大阪の地下鉄に乗ったとき、
「前の前の駅を出ました→前の駅に着きました→前の駅を出ました」の電光掲示を見て、「前の前の駅のことまで書いてある!!」とびっくりしたものでした。東京の地下鉄では「まもなく電車がきます」というのしかないですから。
「K・M」さん〜98 8/12〜

<Response>
●電車の案内の話題が出ていて思い出したのですが、東京の地下鉄か、JRでは、先発・次発のことを「つぎ」「こんど」と記してあったような記憶があります。東京へは一年に一度行くかどうかなのですが、幾たびに「どっちが先や〜!!」と、いつも一人でつっこんでしまいます。
東成区「菅笠のかんたり」さん〜98 9/03〜

<Response>
●聞いた話ですが、西武鉄道のとある駅(西武球場前駅?)には「こんど・つぎ・そのつぎ・そのあと」と言う表示があるそうです。あと今はなくなりましたが、環状線の鶴橋駅には3つ前の駅を電車が出たことを表示する5段階の表示器がありました。
大阪市在住「H.K」さん〜00 01/10〜

<Response>
●因みに、名古屋の名鉄では「先発」「次発」「次々発」ですから、関西バージョンかな?。ところが、エスカレーターは関東バージョンの右空けです。
姫路出身、岐阜在住「ハマ」さん〜03 01/01〜

<Response>
●以前、私も4年ほど東京都足立区に住んでおりまし て、かなり、苦労しました。しかし、先日行った宮崎県でも「次と今度」でした・・・。他にも「次と今度」のところがあると思います。これも調べてみても面白いかもしれ ませんね。
姫路出身、岐阜在住「ふんふん」さん〜03 04/20〜






●バスの前乗り後乗り

<from Mail box>
●関西のバスの場合、「後乗り前降り」つまり、後ろから乗車して、前で料金を払って降りる形が主流ですが、関東の場合は「前乗り後降り」先程とのは反対で、先に料金を払って、後ろから降りるのが多いと思いますが、何故こうなったのでしょうか。
神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜99 6/25〜

<作者から>
●確かに、都バスや都心部を走るバス会社のほとんどが、前から乗って先に料金を支払いますね。ただ、これが郊外に行くと、後ろから乗って整理券を取り、降りる時に支払うパターン(つまり均一料金でない)もあって、ちょうどその境目の地域だとよく迷います。詳しいことは知らないのですが、関西の場合、そのような迷いをなくす意味があったりするのでは、と勝手に推測してしまいますが・・・。
 因みにイラチの私にとっては、駅前などの終点バス停で一斉に乗客が降りる際なんかに、みんながモタモタと料金を支払う「後ろ乗り」よりも、都バスのように前後のドアを一斉に開けてくれる方が性に合うてたりします・・・


<Response>
● まず再確認しておきたいのは,「前乗り=先払い」ということです。バスは,降りる時だけでなく乗る時も結構手間がかかるもの。特に途中のバス停で乗車時の運賃収受をその都度すると,発車が遅れてしまう恐れがあります。特に渋滞時にはこれが積み重なって身動きが取れなくなる可能性も…。

 それに比べれば,バスが終点に着いてしまえばしめたもの.多くの上りバスでは終点が一番乗降が多いし,乗車のたびに運賃収受するのと,降車時にまとめてするのとでは,時間効率上後者の方が遅れを少なくでき理想的なのです.あくまでバス側にとってですが。

 では何故,東京その他の都市で少なからず「前乗り」のバスがあるのか,というと,完全均一制ではあっても,乗継割引などの制度がない所だからだ,と思われます.まさしく「乗り切り」だからできることで,次に乗る交通機関…地下鉄,バス,市電…へ運賃的影響(割引)があるならば,どうしても収受は降車時にせざるを得ず、前降りになってしまうのです。

 全車が後乗り前降りの大阪市バスを例にご説明します。
 ここは地下鉄それに市バス同士での乗継割引制度があります.バス同士なら1台乗ったのと同じ200円,地下鉄への乗継は300円払って運転手に地下鉄乗継券を発行してもらい,地下鉄で2区以上乗った時は下車駅で精算するシステムです。

 こういう時先払いだと,バスを降りて地下鉄駅に入っても,さっきまで市バスに乗っていたことを立証するものがありません.かと言って無人の後ろドアで証明券を取り放題にすると,関係ない乗客まで抜いてしまうかも知れません.そこで先述のように,乗継券発行を運転手の仕事にしているのです。フレクシブルに市営交通が利用できるようになっているのです。

 なおバスとの乗継券は運賃に変化がないので,自由に(但し乗継指定バス停のみ)出てきます。・・・いつもながら,専門となるとマニヤの血が熱くたぎってしまって…すんません。
「モリタカ中央」さん〜99 7/16〜

<Response>
●こんにちは。はじめまして。

 大阪生まれの大阪育ちですが、現在は東京へ単身赴任しております。現在は世田谷区に住んでいます。

 「バスの前乗り、後ろ乗り」に関して、忘れられない思い出があります。
 私が自分でバスに乗れるようになった小学生の頃(30年以上前の話です)、大阪市バスは前乗り、運賃前払い、後ろ降りでした。(その前は、前乗り〜後降り〜運賃後払い、つまり車掌さんが乗っていたバスも走っていました)

 さて、ある時、私の曾祖母がバスを降りようとしたとき、出口で転んでしまいました。そのころのバスは、後ろ側のドアが車体の中央にありました。ところが、運転手は転倒に気付かず、バスを発進させました。その結果、曾祖母はバスの後輪に足を轢かれ片足切断の重傷を負いました。その前後に、同様の事故が何件かあったようです。

 そこで「前降り」として、運転手が降車を確認しやすくした上で、後ろ側のドアを車体後端(つまり後輪よりも後ろ)として、乗車時に転んでも後輪に轢かれることがないようにしたと聞いています。
 今でも、片足が義足の人を見ると、曾祖母のことを思い出すと同時に、市バスの乗り方のことも思い出します。
世田谷在住「O」さん〜00 07/05〜


<Response>
●バスの「前乗り・後ろ乗り」……京都市バスは昔は「前乗り・前払い」で(市電のワンマンカーもそうだった)、途中から他のバスに合わせて「後ろ乗り・後払い」に変更した経緯があります。このため両者が混在していた頃は、後ろ乗りの車は「後ろ乗りワンマン」という表示を付けて走っていました。

 一般に後ろ乗り制だと乗車時間の短縮(運賃を車内で用意すればよい)、前乗り制だと降車時間の短縮になります。関東での前乗りは、朝のラッシュ時にターミナルでいっぺんにお客を降ろすことができる、というメリットから採用されたのではないかと思います。(前乗り制だと終点では2つのドアから一度にお客を降ろせる)実際関西でバスを使っていた頃は、ターミナルでなかなかバスから降りられず、めざす電車に乗れるかはらはらしたことがよくありました。
東京在住「M・K」さん〜01 03/11〜


<Response>
●初めまして。データベースのバスの前乗り、後ろ乗りを読みました。ちょっとローカルですが聞いてください。

 私の住む奈良は、近鉄沿線の駅から出るバスは奈良交通バスというモノです。奈良では大きな駅でもこのバスがほとんどで、乗り方が非常にややこしいのです。乗車券の発行機械はありますが発行はなく、後ろから乗る、前から乗る、先払い、後払いが混在しています。一台のバスが走りながら乗り方が変わっていく感じです。初めて乗る人には絶対に理解できないと思います。例えば私が最寄りバス停から学園前の駅に行く場合、前から乗って先払いです。駅までに下車する場合は自己申告して料金を払います。駅に着くと前後のドアから降車します。駅から乗る場合は前後から乗り込み、前から降りて後払いです。
 しかし、途中から乗る場合、前から乗ってその場で自己申告したのち、降車時に後払いの場合と前から乗って先払いの場合があります。理解に一年かかりましたが、多分「駅に向かう」か、「駅からどこかに向かう」かで違いがあるようです。なるほど、理屈は分かりました。でも問題が。バスはピストンで折り返すわけでなく循環がほとんどですからどこまでが「駅発」で、どこからが「駅行き」なのかビミョーです。大阪から引っ越して三年以上たち、すっかり奈良県民ですが、 いまだに初めての場所でバスに乗るときは、うろたえます。乗車時に混乱をきたしている乗客も良く見かけます。
 関西ではこう、関東ではこう、と統一される以前に一社のバスくらい統一して欲しいものです。こういうシステムって多いんでしょうか。親切丁寧でいいバスなんですけど、一応。
「ろぼこ」さん〜03 07/12〜


<Response>
●わたしの住んでいる東京多摩市周辺では京王電鉄バスと神奈川中央交通バス(以下神奈中)が共同運行している路線が多くあります。しかも、同一路線でも来るバス(会社)によって乗り方が違うんです。

<ややこしその1>
◆京王電鉄バス
中のり前降り、整理券の運賃後払い
(バスカードの時は整理券をとる代わりにリーダーに通します)
◆神奈中バス
前のり中降り、行先申告し運賃先払い

<ややこしその2>
さらに、京王電鉄バスでは一部路線の朝ラッシュ時間帯のみ、神奈中方式に変更になります。

<ややこしその3>
 駅のバスターミナルでは京王電鉄バスのつもりで中ドアの位置に並んでいたら神奈中が来て、前ドアに位置に新しい列が速攻で出来て割り込みトラブルになったりしてたので、つい最近、永山駅では「京王電鉄バス乗車口」「神奈中バス乗車口」と立て札が立ちました。次に来るのが正確に時刻表どおりでないと、あんま意味ないやん。

<ややこしその4>
 会社のある三鷹、吉祥寺周辺では23区と同じ扱い、都区内運賃区間で均一料金を前から乗車時に払います。もひとつややこしことに、会社前から吉祥寺駅までのバスは2系統あり、小田急バスが210円、京王バスが200円と運賃が異なります。

あ〜ややこし。
「三重産多摩牛(←近鉄ファン)」さん〜03 07/12〜







●ナンバープレート

<from Mail box>
●考えてみれば、兵庫県には車のナンバープレートに「兵庫ナンバー」はあれへんですね。「神戸ナンバー」か「姫路ナンバー」かどちらかですね。神戸・明石・阪神・丹波地域は「神戸ナンバー」で、明石を除く播磨地域では「姫路ナンバー」というのは知っていますが、但馬地域は何ナンバーになるのでしょうか。
神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜99 8/06〜

<Response>
●私が子供の頃(かれこれ20年以上前)には、「兵庫」ナンバーの車もごく希に見かけました。兵庫ナンバーから神戸と姫路に分かれたのは30年以上前のようです。なんと30年以上にもなるのに、兵庫ナンバーの車が走っているのを最近見ました。オーナーさん大事に乗ってはるんですね

 ちなみに、兵庫県内のナンバーのエリアはこうなっています。
(もしかしたら間違ってるかもしれないですが)

神戸ナンバーの地域・・・・
神戸市、阪神間、丹波、淡路島の全域、
東播地方の一部(明石市、三木市、小野市、西脇市、加西市、多可郡、美濃郡、加東郡)
(加西市は姫路ナンバーかも??)

姫路ナンバーの地域・・・・
西播地方、但馬地方全域と東播地方の一部(加古川市、加古郡、高砂市)


 それから神戸ナンバーを受け持つ神戸の兵庫陸運支局が手狭になったのでもう一つ支局を作るって話があったのですが、結局できませんでした。明石に陸運支局を作って、明石ナンバー登場って言う話だったのです。現在神戸や姫路ナンバーになっている東播地方と、淡路島、それに神戸市西区あたりが明石ナンバーになるってことで、神戸の西区に住んでた 知人が神戸ナンバーじゃなくなることに嘆いてましたが、とりあえず当面は安心のようです(笑)

 ところで大阪では、大阪市内の「なにわ」と、北摂、北河内地区の「大阪」と、泉州、南河内地区の「和泉」の3つがありますが、なにわナンバーが登場したのはもうかれこれ20年近く前。当時は「なにわナンバーなんて格好悪い」と言う人と、「ひらがなのナンバーなんてしゃれてる」って言う人と意見は二分してた記憶があります。
 私の友人たちの間では、なにわナンバーは不評でして、私が乗ってた車が神戸ナンバーなのを見て、なにわナンバーオーナーの友人たちからとても羨ましがられたものでした。

 ところで阪神大震災の直後、神戸ナンバーの車で広島へ行った時、通りがかりの地元の人から「大変でしたね」と言われて、最初は意味がわからなかったのですが、どうもその人は私らが神戸から避難してきた被災者だと思ってたようなのです。(複雑)
西宮在住「かもねぎ」さん〜99 8/25〜



<掲示板より>
●名古屋に来る前、大阪から横浜に転勤してすぐの頃、横浜の社員から、なにわナンバ−の愛車を”はにわ”ナンバ−って言われて”あったま”に来たことがありました。仕返しに、相模ナンバ−のことを、この”相撲”ナンバ−が!!!と言い返してやりました。みなさん、こんな事ないです?
「パピ−」さん〜06 02/25〜

<管理人より>
●相模を「すもう」と揶揄するのはこちら関東でもよく聞きますね〜。そんな訳で、「湘南ナンバー」に人気が集中するのかもしれません。ところで、そんなに車のナンバーって気になるもんでしょうか?。大阪よりも神戸、練馬よりも品川川崎よりも横浜・・・といった具合に人気差があるようで。そういう私の車は「所沢」ですから問題外のようです(笑)。帰省時に阪神高速等を走りますが嫌がらせをしないように。乗ってるのはコテコテの関西人やで〜(笑)。


<Res>
●なにわナンバーを漢字で書くと「浪速」になりますが、これでは他の地方の人が読めるかどうかわからないので、平仮名表示になったのではないでしょうか。「なにわ」と聞いて思い浮かべる漢字は浪花節の「浪花」でしょうし。今、いろんな自治体がご当地ナンバーを増やそうと躍起になってますが、難読ナンバーが増えるのは犯罪捜査上の不安要因になるような気がするのです。
「ろくさぶろう」さん〜06 02/25〜







●見物渋滞!?

<作者から>
●先日首都高を走っていると、「見物渋滞 北池袋2km」の表示が。実は反対車線の事故が原因でした。つまり「脇見渋滞」ですね。阪神高速では見物渋滞という表現はなかったような・・・。普段、電光掲示板では脇見渋滞をどのように表示していたか、知ってはる人がおられたら、教えて下さいませんか??
〜99 10/09〜
<Response>
●首都高での「見物渋滞」(この表現もどうかと思うが・・・、ゴザ広げて事故の見物してるみたい)大阪で言うところの「脇見渋滞」ですが阪高では交通情報で使用するくらいで電光掲示板では表記していないと思います。(渋滞の原因を書いてあるのは「工事」「事故」くらいかな?)
「K・M」さん〜99 10/31〜

<Response>
●どうも、よいやんです。首都高ではほんとに「見物渋滞」っていう表現するんですか!?。そんな言葉自体、聞いたこともありませんでした。(信じられない)。大阪では「脇見渋滞」「事故渋滞」「工事渋滞」「自然渋滞」くらいの種類の表現は使われると思います。

 関係ないですが、「脇見渋滞」に巻き込まれたときは、「なに〜!あほらしい〜」って言うときながら、事故現場まで来たら、「せっかく脇見渋滞に巻き込まれてんから、しっかり見とかな。」言うて、きっちり脇見してから加速しませんか?
「よいやん」さん〜99 11/07〜

<移動式の高架橋>
●見物渋滞で、渋滞つながりの話題 以前阪神高速で一時 工事の時に移動式の高架橋みたいなの設置してその下で工事をしていましたが、最近みませんねえ。あと自然渋滞に巻き込まれた時ラジオの交通情報で自分がまきこまれている渋滞情報を聞いて、アナウンサーの声 近畿道 摂津 新幹線高架橋を頭にの自然渋滞5キロです。設計ミス渋滞やろがーって叫びたくなります。
「デリゾー」さん〜06 04/16〜

<Response>
●ミニウェイですね。大型トラックは通れませんでした。渋滞解消の切り札だったのにどうして、使われなくなったのかな???
「親うさぎ」さん〜06 04/16〜






●野田阪神の謎

<from Mail box>
●「野田阪神」て、なんで「野田阪神」て言うんやろか。
 ふつうは「阪神」が先にくるやんか。阪神西宮とか山陽明石みたいに…。なんで、野田だけなんやろか。なんで、姫島阪神とか、杭瀬阪神とか、魚崎阪神て言わへんねんやろか。しかも、地下鉄の駅まで「野田阪神」なんや。
 なんで、ちゃんと「野田地下鉄」とか「野田大阪市交通局」て呼んだらへんねん。おかしいやんか。私鉄の名前を後につけると、まるでデパートみたいや。梅田阪神とかあべの近鉄とか…、な。
横浜在住「ダダ龍」さん〜00 07/05〜
<Response>
●僕は、野田駅が、JRと阪神とあり地下鉄の駅が阪神側にあるので「野田阪神」と言うと思っていましたが、違ってたんでしょうか?。それに、「地下鉄野田」と書くとバス停と間違う可能性があります。と言うのはバス停は「地下鉄南巽」とか「地下鉄長居」とか「地下鉄あびこ」とか。
生野区在住「韓国朝鮮村村長」さん〜00 07/05〜

<Response>
●「野田阪神」と言うような駅名ですが、鉄道会社名を後にして、地名を先に出すのは、関西特有のようです。大阪市バスも停留所名として使ってるし、かつての大阪市電も、使っていたようです。恐らく、交通局は地名を重視したのかも、しれません。

 かつて神戸市電でも似たように、そごうの前の電停名を「三宮阪神前」、又阪急の高架下の電停名を、「三宮阪急前」と使っていました。
神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜00 07/05〜

<Response>
●野田阪神の「阪神」ですが,あれはまぎれもなく阪神電車の「阪神」だと思います。

 ここにあった市電の停留所「野田阪神前」を継承したものですが,地下なので「前」を取って「野田阪神」にしたのでしょう。正式?には「野田阪神前」というので,「前」という字がついていることからも阪神国道とは無関係でしょう。


 関西ではこのような呼称はめずらしいわけはなく,「関目京阪前」というバス停も現存していますし,能勢電には「川西国鉄前」という駅もありました。阪神野田駅は1970年代半ばまで,国道線,北大阪線,阪神本線の3線が乗り入れる,沿線随一のターミナル駅でした。そのことも野田だけ特別に「阪神前」と呼ばせたことに関係があるかも知れません。もちろん,国鉄野田駅と区別する,ということあったでしょうが。



 ところで,大阪のバス停で使われている「地下鉄○○」という呼称ですが,東京では私の知る限りバス停で「地下鉄○○」という名称は使われていないようです。(「○○駅前」や,単に「○○」だけが使われているようです。)
 これも,「電車」と同じく大阪独特の呼称と言えるかも知れません。そういえば以前,神戸では「地下鉄」は市営地下鉄ではなくて神戸高速のことを指していましたが,最近はどうなのでしょうか??
「KK」さん〜00 07/05〜

<Response>
●地下鉄が出来たのは、確か万博の前の年。それまでは市電の停留所名であり、バスの停留所名でしたが。「阪神野田」より「野田阪神」の方が語呂が良いからかなあ、と漠然と思っています。

 たしか、JR「野田」駅から地下鉄「玉川」駅へ行こうとするとけっこうな距離があったと記憶しています。阪神「野田」駅はJR「野田」駅から直線距離で500m以上離れていますから、阪神の野田ですよ、と言う意味の「野田阪神」であることは間違いないと思います。

 JR東西線の「海老江」駅は「野田阪神」の方がわかりやすいという意見がありますが、私にとっては「海老江」の方が場所をイメージしやすいですね。阪神の野田駅の近くだけど、乗換えはそう簡単にはいかない、と言うことまで含めて。
世田谷在住「O」さん〜00 09/10〜

<Response>
●こんにちは。 はじめまして。 何度も出ているようですが野田阪神に住んでいます。 戦後は野田阪神前という市電の停留所になっていましたが、もとは 「野田阪神電車前」という名前だったそうです。 後半が省略されて定着したようです。

 ここから環状線野田にかけて市電が走っていました。 桜橋方面から春日出車庫行きの市電と立体交差して、橋上に玉川の停留所がありました。 当時は環状線野田駅はもっと西にあり、琴平町という停留所があったと思います。

 まだ、環状線がつながっていない昭和30年代前半の話で省線(私は国鉄と言っていましたが)と言われて地上を走っていた時代です。 ちなみに阪神野田駅も地上でした。

 地下鉄千日前線ができたのは最近ですが、これは市交通局が市電停留所名を継承しただけだと思います。 阪神は一度も野田阪神と名付けたことはありません。 北大阪線・国道線も野田駅だったと思います。かつて電車と言えば市電という時代があって、駅名というより 地域名という感じです。


 さて、野田阪神駅前には公園があって(今の駅前スペースではなく)縁日が立ちました。 「冷コー」と「冷しあめ」が私達子供の夏のご馳走でした。 おっちゃんが ひしゃくでコップに注いでくれるのですが、公園や縁日がなくなっても、商店街には「冷しあめ」が健在です。 今は80円ですが、往時を偲ぶことができます。

大阪在住「RYU's」さん〜01 12/17〜





●自転車に傘

<from Mail box>
●先日職場で、雨の話から雨の日の自転車通勤の話になりまして、私がふと「自転車のハンドルに傘をつけるやつあるやん。」と言ったら、だれも知りませんでした。

 友達はその代物にいたく興味を持ちまして、東京でも売ってんのかなーなんていってます。私が思うにあれはかなり見た目に恥ずかしいもんだと思うのですが・・・。今井さんはこっちで見たことあります?
「青梅の関西人」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●「さすべえ」

 確かに大阪ではようけ見かけました。殊に駒川商店街の入り口交差点付近ではつけてないママチャリを見つけるのが大変なくらいでした(ホンマに)。正式名は「さすべい」らしいです。

http://www.momodani.ikuno.osaka.jp/justy
 約4000円と、結構な値段がするんですね。知らんかった・・・
「アイラグ」さん〜00 09/10〜

<Rresponse>
●自転車に傘のHPを見つけました。名古屋市にある「有限会社ナカセ」ちゅうとこやそうです。

http://www.rakuten.co.jp/sasube/

自転車につけるのは、正しくは、「オシャレさすべえ」やそうです。他にも、「カート…」「釣り…」「腰掛け…」「園芸…」などありました。なお、「アヤレさすべえ」につけられたコメントは、以下の通り。

>「かあさんの買い物自転車に、取り付けてやったら、すごく喜ばれた」
>との声をたくさんいただきました。プレゼントに好適なさすべえの原点、
>”オシャレさすべえ”は、あなたを孝行息子、
>孝行娘にすること、まちがいなし!!!

>定価 3,980円 のところ 特別価格 2,380円 (消費税別・送料別)
「りょうけん」さん〜01 06/17〜





●近鉄バスの謎

<from Mail box>
●一つ疑問があります。大阪・茨木では、3つのバス会社が運行されてますが(阪急・京阪・近鉄)、近鉄バスは沿線ではないのに、何故運行されているのでしょうか?
神戸市在住「個人的にたいこう」さん〜02 08/10〜

<Rresponse>
●近鉄バスについて詳しいHPを見つけました。「非公式サイト」近鉄バス百科(http://kinbus.cool.ne.jp/)、このページに近鉄バスの歴史が綴られています。その中に、茨木への進出についてふれられた部分がありました。

http://kinbus.cool.ne.jp/outline/hist1960.html

どうやら、万博がらみでの買収劇があったようです。ではでは。
「I・Y」さん〜02 08/10〜

<Rresponse>
●「近鉄バスの謎」で、直接関係ないけどこんなことを思い出しました。大分県別府市に1961〜94年まで「近鉄百貨店」がありました。「何故ここに近鉄?」と思っていたら、近くの山の遊園地へケーブルカーが近鉄でした。色んな商業エリアがおまんなあ。あっ、去年まで東京の吉祥寺にも近鉄百貨店があった。(1974〜2001年。今は三越&大塚家具)K'ntetsuというロゴがきしょかった。
神戸出身東京在住「稔」さん〜02 10/13〜





●普通?各停?

<from Mail box>
●(関西では「各停」とは言わないのか、という点について)関西では、はっきり言って「各停(各駅停車)」と表現してる電車を見た記憶がありません。全てが「普通」だったと思います。そのため、関東で「各駅停車」というのがあまりに多いなぁと思ったわけです。で、私がよく利用していた阪急とJRは間違いなく「普通」でした。さて、その後の調査(?)において、現在まで判明したのは次のとおりです。

西武→電車の車両に表示されている種別表示のみ「普通」と表示されているが、
   その他の案内板、路線図、車内アナウンスは全て「各駅停車」若しくは
   「各停」が使われている。

JR→渋谷駅埼京線ホームの案内板の場合、埼京線の電車には「各停」と表示しているものの、
   同じホームを使用する湘南新宿ラインの電車には「普通」と表示。

 ここで気になるのがJR。同じ会社でなぜ路線によって「普通」と「各駅停車」とに使い分けているのでしょう…???。ちなみに、「普通」も「各停」も英語表示はどちらも同じ「LOCAL」でした。(つまり、意味は同じということですね)今、思い出したのですが、JR東海道線もそういえば「普通」でした。

東京都目黒区在住「かめさん」さん〜02 10/13〜

<Rresponse>
●鉄道の「普通」と「各停」ですが、関西民鉄でも南海だけは「普通」と「各停」の両方があります。南海本線は「普通」、高野線は「各停」です。これは両線の電車が併走する難波・天下茶屋間で、高野線にだけ、今宮戎と萩ノ茶屋の2つの駅のホームがあり、南海本線の「普通」は止まらない(止まれない)からです。

 これでわかる通り、「普通列車」=「各駅停車」ではありません。JR(旧国鉄)の場合、乗車券制度の上では「普通列車」「急行列車」「特別急行列車」の3種類しかなく、快速も「普通列車」のうちです。東京や大阪の大都市圏では、昔から本線系の普通列車(昔は客車)は(通勤)電車専用の駅には止まりませんでした。このため、電車用も 含めた全部の駅に止まるものに「各駅停車」という呼び名を与えたのだと思います。例に引かれている「湘南新宿ライン」は元をたどれば東海道本線・東北本線の「本線系」の普通(京浜東北線専用の駅には止まらない)。一方埼京線は電車専用の赤羽線をルーツに持つことから「各駅停車」なのでしょう。

 南海以外の関西民鉄では、西武のように表示のみ「普通」で、案内放送は「各(駅)停(車)」という例はあります。私の実家の最寄り・京阪がそうで、車内の案内放送は「各駅停車の×××行きです」としか聞いた覚えがあり ません。こうした民鉄では「普通=各駅停車」が自明なので、「全部の駅に止まります」という意味をはっきり伝えるためにそう案内しているのだと思います。(「普通電車」という語呂が今ひとつよくないというのもありますが)さもなければ種別を言わずにただ「××行きです」という(近鉄がそうだったような)のもありますね。表示で「各停」としているのは関西民鉄では上記の南海高野線しかなかったと記憶しています。
「前田宏治」さん〜02 10/13〜

<Rresponse>
●実家が岸和田なので、南海電車をよく利用していました。本線は「普通」表示ですが、高野線は「各停」表示です。最初みたときは何で違うのか疑問に思ったのですが、路線図をみてわかりました。難波・天下茶屋間で高野線しか止まらない駅に、「今宮戎」と「萩ノ茶屋」があるため、高野線は各駅停車で、本線は普通と表記しているのでしょう。あ、そういや、難波駅での普通電車案内アナウンスも、「停車駅は、新今宮と天下茶屋以降の各駅です」と言っ てたように思います。
「akiyama」さん〜02 10/13〜

<Rresponse>
●南海では高野線「各停」、南海本線「普通」と区別していますね。理由は高野線のみに今宮戎・萩ノ茶屋の両駅があるということなのですが、中津のない阪急京都線は他の線と同じく「普通」と名乗っているし。。。これって鉄 道会社毎独自のものなんでしょうね。
「M.Matsy」さん〜02 10/13〜

<Rresponse>
●「各停」は文字通りすべての駅に停まるという意味ですが、「普通」はそうとは限らないのでは。関東のJRの場合、「快速」でもないのに駅を飛ばす(というか初めから止まるホームがないことも)ことがよくありますよね。これが我々が関東でJRを乗り違える原因の一つです。関西でも、JR塚本駅には東海道線(の普通)は停まりますが、福知山線(の普通)は停まりませんし、阪急の中津駅には、普通であっても京都線は停まりません。

 南海のHPで確認したのですが、やはり南海線の「普通」は、今宮戎と萩ノ茶屋に停まりませんが、並行して走っている高野線の「各停」は、この2駅にも停まります。まあ、だったら阪急も宝塚線や神戸線は「各停」、京都線は「普通」にすれば分かりやすいのかもしれませんが、そうはしていません。このあたり、(南海と阪急の)どっちが親切なのかは分かりませんが。
「電車ネタの好きなスズメ♂」さん〜02 10/13〜

<Rresponse>
●関西できっちり「各停」と「普通」を区別しているのは南海だけと思います。南海本線(難波−和歌山市)を走る電車のほうは「普通」(アナウンスは「普通車」),高野線(難波−極楽橋)を走る電車のほうは「各停」(アナウンスは「各駅停車」)としています。停車駅案内も,例えば難波行き「各停」は「各駅に止まります」と言いますが,「普通」は「天下茶屋までの各駅と新今宮に止まります」と言っています。しかし,他の会社では,「普通」でも「各停」でも「各駅に止まる」ので特に区別していないのではないでしょうか。

 ただ,昔東京(筑波万博!)に行ったとき,常磐線の「普通」に乗ったとき,快速と同じ停車駅で,各駅停車とは別でした。長距離の普通列車は,都心近郊では快速扱いで,遠く離れると全駅に止まるようにしているみたいですね。(大阪でいうと「区間快速」になるのかな??)常磐線だけの特例でしょうか?上野−取手間は,各停より普通の ほうが速い??????????。そういえば,JR阪和線の区間快速で,各停区間に入ると,駅のアナウンスは「各駅停車」と言っていたような記憶があります。(「普通」とは言っていなかった)

「TDA」さん〜02 10/13〜

<Rresponse>
●何十年も前には、南海本線側で「普通」と「各停」が共に存在していた時代もあるそうです。最近は下の方に英語で書くようになっていますが、訳語は「普通」も「各停」も「Local」です。「Every station stopping」やないのね・・・。
「古野古」さん〜02 10/13〜





●酷道

<from Mail box>
●『なぞの国道477号線』

 琵琶湖大橋から名神上り方向にむかうのに、栗東インターにでると遠まわりやし混むので、地図をたよりに自分でぬけみちをかんがえてはしってみた。(こういうときはカーナビより地図が便利やね。←もってへんもんのまけおしみ。)大橋をわたって「わんわん王国」のほうに左折して、湖畔のみちをマキノのさきまでいってから竜王インターにぬけるというルート。途中、一部区間で『国道477号線』とゆうのをとおりました。「それにしても、ほっそいみちやなあ…。これホンマに国道かいな?」と地図でたしかめてみたらビックリ。なんと起点が四日市で終点が池田。しかも、わざとひろい道路と市街地をさけたようなルート設定。なんやこれは…とネットでサーチしたら、おもろいウェブサイトをみつけたで。

『国道の真髄を知る』http://shinzui.tripod.co.jp/index.html

 477号線は、「少しでも 『酷道』 をかじったことのある人間にとっては 『ああ、あの国道ね。』 と即座に反応が返ってくる」ほど有名やったらしい。このサイトには、ほかにも酷道の情報がたっぷり。オーナーのかたが摂津市におすまいの関係で関西地区の国道がおおいから、なかなかたのしめます。きわめつけは、『国道418号線・恵那―八百津・もはや「道路」とはいえない』というレポート。ぜひいちどご覧ください。
横浜在住「ダダ龍」さん〜03 04/20〜


<Responce>
●国道(酷道)477号線は、僕の住む京都府亀岡市を経由していますが、京都府船井郡八木町では凄い状況です。工事が途中で止まっており、京都市西京区のシミズ病院が経営する介護老人施設「ふないの里」の駐車場と化しています。残念ながら、僕はデジカメを持っていないので、友人から借りましていずれは送信したいと思います。
「まったけ」さん〜05 04/16〜





●モータープール

<from Mail box>
●話は違うのですけれども、駐車場のことをモータープールと言うそうですね。学校の25mプールに電気のモーターがぷかぷか浮いている姿を想像してしまいまして、可笑しかったです。
東京都日野市在住「らくちん」さん〜03 04/20〜

<Responce>
●私の産まれ育った近江南部では、昔はそんなハイカラなものが無かったので、ミナミに出た時初めて見て、大阪にはどえらいもんがある、と思ってました。私はモーターで波が作られているプールだと思ってました。
元滋賀県南部出身「ゆい」さん〜03 04/20〜

<Responce>
●辞書を調べたところ、モータープール(motor pool)は、れっきとした英単語のようです。私は英語にはウトイので、詳しいことは知りませんが、辞書を見る限りではどうやら「共同の自動車置き場」というニュアンスがありそうです。したがって、ちゃんと根拠がある言葉であって、決して関西人が勝手に作り上げた言葉というわけではなさそうです。
東京都目黒区在住「かめさん」さん〜03 04/20〜

<Responce>
●こちらでは、フリーウェイの左端に「car pool」というものがあります。一台に2人以上乗っている車の専用レーン、です。みんな一人一台乗っているので、片側5車線のフリーウェイも毎日大渋滞で、少しでも緩和しようというものらしいです。

 それから、こちらで義務づけられてる子供の学校へのお迎えも、「うちとカープールしない?」と言う感じで使います。お母さんが交代で送っていったり迎えにいったりすることです。「共同」というニュアンスだけが残っているのでしょうか。ただの推測ですが・・。モータープールにあたる駐車場のことはイギリスでもアメリカでも、パーキングロットとか、パーキングスペースと言うと思います。モータープールって古い英語なのかな?
LA在住「のぞみ」さん〜03 04/20〜

<Responce>
●読売新聞「関西おもしろ文化考」から。


 〜駐車場といえば、関西では「モータープール」の看板が目立つ。東京では意味すら知らない人も多い。ウェブスター辞典には、「単語の発祥は四二年で、政府機関用車両として一か所に集められた車の一団のこと」とある。この終戦直後に、進駐軍のトラック運転手をしていた俳優中島春雄は「僕らはモープルといい、軍用トラックを集めた場所を指した」と話す。マイカーを持ってる日本人なんて少ないし、一般の駐車場もなかった。車へのせん望が、ハイカラ好きな関西人の心に響いた結果である。現在、東京には二か所のみだが、大阪には六百五か所もある〜

横浜在住「ダダ龍」さん〜03 04/20〜





●回数券・特急券

<from Mail box>
●関西は何かとセコイなどと言われがちですが、 関東に来て実感したのは、私鉄に関しては関東の方がセコイ(というのが適切な表現かどうかは別として…)ということです。

 例えば、回数券。関西の場合は、殆どの私鉄が「〜円区間」とだけ決まっていて、どの駅からでも使えるようになっているのに対し、関東の場合は、殆どの私鉄がJRと同様、「○○←→○○」(○○は駅名)というように、使える駅・区間が指定されています。つまり、同じ値段であっても、それ以外の区間では使えないというもの。但し、営団地下鉄は関西方式でした。(ということは、都営地下鉄もかな?)  次に、特急券。関西の場合、近鉄、南海以外は基本的に特急電車に特急券は不要なのですが、関東の場合は逆で、東急、京成、京急ぐらいですかね、不要なのは。とは言え、京成はスカイライナーには必要ですし、京急もウィング号でしたっけ?。は別料金が必要ですので、実質不要なのは東急のみということになるんでしょうか?。昔、関西である人が特急料金が不満で裁判を起こしてた記憶がありますが、負けてましたね。
東京都目黒区在住・「かめさん」さん〜03 07/12〜

<Rresponse>
●東京の私鉄特急で料金を取らないのは、あと京王があります。ちなみに京王は「先発・次発・次々発」表記で関西っぽいですね。なんとなくまったりした雰囲気も関西の私鉄っぽさを感じます。車内放送の丁寧さは「西の阪急、東の京王」と勝手に思てます。多分新宿−八王子でJRと競争関係にあるからでしょう。関西の皆さん、東京で住むなら京王沿線ですよ。
「笑福亭ツルハシ」さん〜04 12/04






●木刀標準装備

<from Mail box>
●こんばんは。横浜に住んで4年目のゆんたんです。

 だんなさんがまだ帰宅してなくて、ひとりでお風呂上りにボ〜〜っとビールを飲んでいるところです。そしたら、つい2〜3日前に人に聞かれた、「ぎょっとしたが否定できなかった話」を思い出したのでお便りします。私を大阪出身と知った初対面の女性に、「岸和田出身の人が言ってたんだけど、大阪の人はいつも車に木刀を積んでるんだってね。」と言われました。その女性は、関西人の運転は荒っぽいので、よく車同士でけんかになり、物騒なことも多いので大阪の人は車に護身用の木刀をいつも積んでいると聞き、マジで信じていました。「そんなんうそやで〜〜!」と、言いたいところですが、否定できませんでした。そう、私が昔つきあってた彼は、確かに車に木刀を積んでいましたから・・・。皆さん!大阪の名誉を守れなかった私をお許しください。
横浜に住んで4年目「ゆんたん」さん〜03 11/22〜

<作者から>
●関西のディーラーでは木刀が標準装備です(ウソ)。私の周囲の関西人で車内に木刀を積んでいた人は見かけませんでした。もちろん知らないだけかもしれませんが・・・。逆にこちら東京の人で同様の目的で金属バットを入れている人を知ってます。関西人の場合、こうした「ステレオタイプな関西人感」をジョークとして使うので広まりやすいのかもしれませんね。最近は交通トラブルが即殺人事件につながる例が多いので、木刀よりも「君子危うきに近寄らず」が懸命だと思います。





●高速道路の表記

<from Mail box>
●こんにちはいつも楽しみにしています。生まれ育った大阪から突然名古屋へ転居し、始めは驚きと戸惑いの連続でしたたかが新幹線で1時間なんですけど、それよりずっと距離を感じる毎日です。

 ずいぶん慣れたのですが、初めて見たときから今までずっと???と思い続けているものがあります。それは道路の標識です。阪神高速の1号環状線は「loop」と書かれていますよね(高速内の緑の看板で す)。それが名古屋高速の都心環状線は「ring」となっています。英語の微妙なニュアンスが全く理解できないのですが、どう違うんでしょうか。こういうものって全国統一だと思ってたんですけど・・・
名古屋在住「N」さん〜04 02/29〜

<Responce>
●私は東名阪三大都市圏に住んだことのある、大阪出身32歳会社員です。阪神高速環状線は“LOOP”、名古屋高速環状線は”RING”ですよね。では首都高環状線は? 答えは“CIRCLE”です。  ついでを言えば、阪神高速も名古屋高速も時計回りの一方通行ですが、首都高環状線は上下線各2車線ずつです。現在建設途上の首都高中央環状線も各2車線ずつだったような気がします。(中央環状線の件は間違ったらごめんなさい)だから首都高環状線はしょっちゅう渋滞するのです。

「こんたん@横浜」さん〜04 10/30〜

<Rresponse>
●確かに首都高は"Circle"、阪神高速は"Loop"ですね。ちなみに電車でいうと、JR大阪環状線の英語表記も”OsakaLoopLine”でした。ロンドンでは地下鉄の環状線を”Circle”と表記してました。確かシカゴやN.Y.の地下鉄環状線は”Loop”なんですよね。大阪ってアメリカ志向なんかな?
「笑福亭ツルハシ」さん〜04 12/04






●駅名の不思議

<阿倍野橋>
●阿倍野(天王寺)の近鉄百貨店に友人がいるのですが、何度か行って気になったことがあります。阿倍野区とか阿倍野店など「あべの」という場合は「阿倍野」と書くのに、近鉄の駅名は正式には「大阪阿部野橋」というらしいですね。「べ」の字の違いはどこから来るのでしょうか?ちょっと調べたところ、駅名の由来はJRの線路をまたぐ道路の橋だそうで、こちらは「阿倍野橋(あべのはし)」だそうです。近鉄が駅名を付ける時に字を間違えたという話も耳にしましたが、本当でしょうか?。彼女はよく「阿倍野の改札で待ち合わせ」というんですが、正式には「大阪阿部野橋」、電車の行き先には「あべの橋」、看板では「近鉄あべの橋」、会話では「阿倍野」。かなりややこしいです。地下鉄には「阿倍野」という駅も別にあってさらに変な感じがします。
東京在住の大学生「吉良伊玖磨」さん〜04 07/17〜




<樟葉>
●枚方市くずはには2通りの書き方がありますね。地名の「楠葉」と駅名の「樟葉」です。2字とも「クスノキ」を意味し、「楠」はクスノキが南国から来たから、「樟」はクスノキが樟脳を含んでいるからだそうです。もともとは「楠葉村」で、明治の市町村合併で隣の船橋村と合併した際、同じ字を使うのを避けて「樟葉村」としたのが、「樟葉」の起こりだそうです。その後、枚方町と合併し市制が敷かれ、地名から「樟葉」の字は消えました。疑問はくずはに4つある小学校では「樟葉」を使用し、2つある中学校では「楠葉」を使っていることです。小・中学校で字を使い分けているのには、何か歴史的背景でもあるんでしょうか?
東京在住の大学生「吉良伊玖磨」さん〜04 07/17〜

<Res>
●久しぶりに覗いたら「くずは」の話題があってそう言われれば二つあるなーなんて思っておりました。なぜ楠葉と樟葉なのかはわかりませんが、枚方育ちの私が「くずは」で思い出したことを1つご紹介します。小学生の頃、社会科見学で教えてもらった事なんですが、枚方には星に関する地名がけっこうあるそうです。「天の川」とか星が丘、他にもあったと思いますが忘れてしまいました。

 で、「くずは」は神様のトイレがあったところで楠の葉でお尻を拭いたのだと聞きました。子供心に衝撃的(神様のトイレって・・!)だったので覚えています。でも子供やったので、かつがれたような気もしてます。私以外にこの話知ってる人いますでしょうか?
東京「青梅の関西人」さん〜04 07/17〜

<Res>
●「樟葉」と「楠葉」の由来については、「東京在住の大学生」さんの書かれている通りです。では学校名についてはどうかというと、学制がスタートした当時は樟葉村で、そこにあったのは樟葉小学校だけでした。1970年代以降の宅地開発で、校区を分ける形で樟葉南・樟葉西・樟葉北と新たに3つの小学校ができたのですが、おそらくは元の樟葉小学校を基準に名前を付けた結果だと思われます。ちなみに私は樟葉南小学校のOBです(^^;

 一方、楠葉に新制中学ができたのはずっと新しく、やはり宅地開発で人口の増えた1970年代に入ってからのことです(それまでは少し離れた中学校に通っていた)。現在の地名では「楠葉」ですから、当然「楠葉」を冠した名前になりました。ですから、使い分けと言うよりは、駅名だけが「樟葉」なのと同様、樟葉村の時に小学校ができていたという理由で小学校には「樟葉」が使われ続けているということになります。余談ですが、樟葉村になった船橋の方は、現在では船橋小学校というのができて、「樟葉」と名前の付く学校の校区からははずれてしまっています。

 もう一つ、「神様のトイレ」の話は初耳ですが、日本書紀に出てくるエピソードがデフォルメされたものだと思います。日本書紀では、崇神天皇の時代の戦で恐れをなした敵軍の兵が糞を袴から漏らしたためにその地名を「くそばかま」と呼び、それがなまって「くずは」になったと記されています。
「K_MAEDA」さん〜04 07/17〜

<Res>
●「天の川」の近くに、七夕の伝説にまつわる神社があるんです。七夕の日はなんかお祭りみたいなんやってるみたいで、市政だよりに地域の行事で載ってるのん見たことありますよ。枚方の人やったらわかると思うんですけど、枚方市駅から宮之阪駅近くのイズミヤに向かってバス通りを歩いてくと、天の川を渡るとこがあるんです。その橋は「かささぎ橋」いうんですけど、何年か前に新しくしたときに織姫と彦星のレリーフがついた橋になりました。二人の顔がおじぃとおばぁに見えるんは私だけやろかー。全然関係ないんやけど枚方・交野地域は難しい地名多いです。私市(きさいち)、郡津(こおづ)、大垣内(おおがいと)、招堤(しょだい)、蹉「足へん+蛇のつくり部分」(さだ)などなど。 サダの由来は菅原道真ゆかりのお話。サダ神社の神主さんに聞いたんですけど。他地方の人がどんくらい読めるかいっぺん調査してみたいですね。
枚方市在住「クマネコ」さん〜04 07/17〜




<国名>
●近鉄ネタです。一部の駅には旧国名(例:大和・河内・伊勢・伊賀など)や「近鉄○○」というように、社名が入っていますが、これまで車内アナウンスでは省略されていました。それが現在ではしっかり呼んでいるようです。(例:河内小阪、大和西大寺、伊賀上津など)
「こんたん@横浜です」さん〜04 12/04
<Res>
●近鉄が急に旧国名や「近鉄」の冠詞を車内案内につけるようになったというのには少し驚きました。なぜつけていなかったかと言えば、駅名を決めるときに旧国鉄側から「区別するためにつけろ」という意向があったことと無関係ではないと思います。(近鉄で明確な例はありませんが、他の私鉄などではそうした話を見たことがあります)。それが変わった理由はよくわかりませんが、運賃時刻検索ソフト・サイトの普及、というのもあるのではないかと。こうしたソフトやサイトには正式な駅名しか登録されていないものがあるため、たとえば大和西大寺から近鉄に乗ろうとする人が「西大寺」で検索してもJR赤穂線の駅しか出てこず、「どないなってるねん!」と怒るというケースは十分予想されます。
「K_Maeda」さん〜04 12/04








●通り、筋

<from Mail box>
●関西の人でも言われないと気づかないらしいのですが、「〜通り」と「〜筋」ってありますよね。大阪の中心部における通りは東西、筋は南北なんですよね。だから方向音痴の人でも、この理屈が解っていたらあまり迷わないようです。私の知人にこの理屈を言えば、あまり道に迷わなくなったらしいですよ。で全てではないですが、筋は半端じゃない車線数の一方通行だから、二重駐車・三重駐車しても東京の都心のように道は混まないんですよね。ちなみに御堂筋・松屋町筋は南向き・堺筋・四ツ橋筋は北向きでしたっけ?。なにわ筋や上町筋・谷町筋・今里筋・あべの筋・あびこ筋なんかは双方向だけど...。あれが上下線になってたら大阪市内の渋滞はもっとひどくなったんじゃないでしょうか?

「こんたん@横浜」さん〜04 10/30〜

<Response>
●私の母は大阪人でして、いつも「大阪は通りと筋でわかりやすいけど、京都はどっちも通りでわかりにくい!」と京都の「通り」を酷評いたします(笑)。私は大阪は梅田の阪急と大丸梅田店しか行かないので(JR大阪駅からロフトに行けませんでした・・・噴水も大きな画面もわかりませんし、動く道路も見つけられません)、母には「うちには大阪中心部なんて縁のない話やし〜。」と応酬しています。

元滋賀県大津市南部出身「ゆい」さん〜04 10/30〜






●地名の特徴

<from Mail box>
● 関東と関西の地名の違いについて、関東では〜の里、、、と言う種類の地名ってみないなあ、、と気づきました。それと、〜園。〜荘。個人的な感触では 園は、阪神間、里は京阪近鉄沿線。のイメージが強いです。うらづけるために地図をひもといてみましたので、その結果をば、、、、


●〜里 
  茨木の藤の里 高槻の登美の里 黄金の里 寝屋川 豊里 東大阪 八戸ノ里 松原市 高見の里 藤井寺 土師の里 小山藤の里 富田林 梅の里 泉南田尻町 吉見の里 貝塚の近義の里 その他「〜の里」でなく、今里とか軽里なども多数あります。傾向としては淀川区に姫里、柏里、東成に今里、東住吉区に湯里 などがある所を見るともともと大阪には地名に里、とつける習慣でもあったのかな?と思います。それを大正から昭和初期にかけての電鉄系の住宅地の開発の際に〜の里、と言ったようにより郊外の土地の名前をモダンに聞こえるように名付けたのではないでしょうか。

●園

 茨木 紫明園 宝塚 花屋敷荘園 豊中 千里園 池田 荘園 吹田 千里山竹園 摂津市 香露園 昭和園 寝屋川 香里園 西宮(園の宝庫)苦楽園 甲陽園 甲東園 香炉園 甲風園 甲子園 阿倍野区 美章園 八尾 久宝園    このなかで甲子園は別なように思いますが、甲子園が出来た当時の阪神間の住宅地ブームを思いますとどうしても無関係とは思えません。甲子園と後楽園球場があまりに有名ですので、野球場に園、とつくことになんの不思議も覚えませんが、甲子園が出来た時にはまだ後楽園球場がなかったことを考えると甲子園球場とは、甲子園(という新しく付けられた地名のある土地)にある球場、と言う意味ではなかったでしょうか。

●荘 
 一番有名な武庫之荘。一番金持ちの六麓荘、、のほかに、、、、、、宝塚 鶴の荘 平井山荘 星の荘 高槻 萩の荘 豊中 清風荘 永楽荘 西宮の 門戸荘 松籟荘 羽曳野市 恵我の荘 堺市 日置荘

以上、ながながと書きました。途中で書きましたが、これらの地名には大正デモクラシーの匂いがぷんぷんします。大阪に通う高学歴(大学、高商卒)のサラリーマンが郊外に住み電車で通勤するという新しい生活スタイルをはじめたころの住宅地の地名だと思われます。この感覚は、、、、、、、関西人でないと分からないと思います。昭和40年代以降に全国各地に出来た、〜ヶ丘の先祖みたいなもんでしょうか(笑)


●関東にあって関西にない地名

 坂上、坂下。。。九段坂上とか、中野坂下、って関東ではよくありますよね。こないだ地図をみていると結構聞いたことのないものもたくさんありました。交差点名によくあるみたい。関西ではまず聞かないですね。関東にあって関西にない地名見付これも関西にはないですね。城郭用語なのでしょうか。今でも使うのは四谷見付 赤坂見付くらいなのかもしれませんが、牛込見付、浅草見付、などもあったようです。

●関東に多く、関西では少ない名前

 道路の名前で、関東の街道、、、と言うのには最初とまどいました。甲州街道ってのはわかります。大きい、太いから。なんとなく主要幹線だな、、、と。関西人の感覚で言うと街道ってかなり大きくないと名乗れない、、、みたいに思っていたのです。ところが、私が住んだのは多摩なのですが、青梅街道はまだしも、五日市街道、鎌倉街道、芋窪街道(田舎くせー)小金井街道、府中街道、江戸街道、人見街道、、、、、こんな細い道まで街道ってつけるな!といいたくなるくらいの街道大安売りでした(笑)所沢街道ってのもありましたな。。。。

 かわりに、関西でよく聞くのが、〜線。西宮で強く印象に残りましたが、札場筋線(すでに筋って言ってるやんか、、、、)小曽根線、中津浜線、尼宝線、道意線。これは使用頻度高い。神戸だと、鳴尾御影線(仲間内では以前は浜幹とか言ってる人もいた)くらいかなあ、、、、、関西で街道って聞くのは、有馬街道、、、竹の内街道、モズメ街道、鞍馬街道くらいですか、、、、もうちょっとありますかね。。。。

「Kbndsoby」さん〜04 12/04〜

<From掲示板>
●関西には「○○園」という地名が多いのですが、この中で高校野球や阪神タイガースでおなじみの『甲子園』について説明させて頂きたいと思い投稿致しました。

さて、甲子園という地名の由来なんですが、甲子園の『甲子』というのは、12支(干支)と、甲乙丙・・・の組み合わせが由来で、甲子園球場が完成した1924年が『甲子』の年だった事にちなんで『甲子園』という地名になりました。 甲子園球場がある場所は、かつて枝川と申川(さるがわ)の合流付近の中洲を埋め立てて出来た場所でもあり、『○○園』の『園』は『広い場所』を表しているものだと思います。阪神電車の駅には『香櫨園(香枦園)』という駅名がありますが、こちらは大昔に『香枦園遊園地』が現在の阪急夙川駅南側辺りにあった事を表しています。ちなみに『香櫨園』の『香炉(櫨)』は、香櫨園遊園地の工事に携わった二人の名前(香野さんと櫨本さん?)の頭文字から取った地名(駅名)です。
「ラクス」さん〜07 05/06〜






●停車場線

<from Mail box>
●横浜出身ですが、この間まで大阪・奈良に3年半在住していた、HN『こう』です。「●●−××停車場線」と言った道路があちこちにあったのを思い出しました。しかもそのどれもがとても「短い」ものでした。横浜・東京では見た事がなくとても珍しかったです。

「こう」さん〜04 12/04〜

<Res>
●愛知県出身大阪在住のしゃおゆんです。以前道路地図の関係の仕事をしておりましたので、私のわかる範囲でお答えします。
 ○○ー××停車場線(ていしゃばせんと読む人もいます)は都道府県道につけられる名称でして、駅やバス停などをつなぐものです。交通の便のよくない地域で交通機関までのルートを確保するための道なので、道路としては規模は小さい物が多いです。だから路線番号も3ケタ台がほとんどです。ただ関西だけにあるものではなく、全国的にあります。

「しゃおゆん」さん〜04 12/04〜






●駅名ちごてさっぱわやや

<from Mail box>
●こんにちは。ちょっとわしの愚痴聞いたってください。こないだ大学時代のマブダチが富山から大阪に来たんや。そんときにな、「新大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗って天王寺で近鉄に乗り換えるねんで」 と言うたのに、めっちゃ心細そーな声で「天王寺にいるんだけど、近鉄はあべの橋。これで大丈夫なの?」やて。そうやねん、駅の名前がちゃうことを言うとくん忘れとったんや。そんな失敗した人いませんか?。何? 新大阪まで迎えに行ったれって?。そらそや、えらいすんまへん

「ターザン」さん〜05 02/06〜

<Res>
●梅田と大阪駅が同じ場所っちゅうことも地方の人はわからんようやね。看板なんかでも”大阪梅田”となっとるとこと、そうやないとこがあるし。

「マスオさん@勝尾寺」さん〜05 02/06〜

<Res>
●神戸に住んでてんけど、一度大阪と新大阪まちごうたわ。普段全く使わん新幹線乗って、初めて新大阪で降りてんけど、必死になって阪急梅田探したわ。ないっちゅうねん(笑)。駅名違うのも敵わんけど地下鉄の「本町」。あの駅ら、ごっつ離れてんのに駅名みんな「本町」はあかんわ。どれか変えたってぇな。乗り換えめっちゃ時間掛かって面接遅れたっちゅうねん。

「take」さん〜05 02/06〜

<Res>
●四つ橋線の本町は開業当時、「信濃橋」という駅名でした。それが中央線の開通に伴い、統一されたという話を聞いたことがあります。四つ橋線ではなんばも開業当初は「難波元町」(駅付近の町名)でした。

「こんたん@横浜」さん〜05 02/06〜

<管理人より>
●あとJR甲子園口駅の近くに甲子園球場があると勘違いする例もあるようです。歩くと30〜40分はかかる距離なのに・・・。ちなみに、東京でも、京葉線の東京駅なんかめちゃくちゃ遠いですし西武新宿駅も離れています。(だから西武新宿とわざわざ西武を追加しているのでしょうが)







●バスの運行状況

<from Mail box>
●東京都営バスのHPを見てますとかなり便利な機能がありました。「運行情報」のコーナーです。現在どのあたりを走行中か一目で分かります。しかし、大阪市営バスのHPを見た限りではまだそのようなサービスは行っていないようで。どちらも渋滞などで時間が乱れやすい大都市ですからあってもよさそうですが、設備投資などにお金がかかるのでしょうか?。

管理人より〜05 03/20〜

<Res>
●大阪市交通局のホームページにはバスの運行状況を検索することは出来ませんが、京都市交通局はパソコンからでも携帯からでも運行状況を検索できますよ。ただし都営バスのHPのような詳しい表示ではありませんが…。こういうサービスが東京や京都にあって大阪にないのは、観光都市としての取り組みの姿勢がこのような形であらわれいるのでゃないでしょうか。
下のアドレスからポケロケ(ポケットロケーション)をクリックしてみて下さい。
http://www.city.kyoto.jp/kotsu/

「運送屋のあほぼん」さん〜05 03/20〜

<Res>
●6月より(試験的に)バス接近情報を検索できるようになりました。携帯(Vodafone liveの場合)はトップページ→関西メニュー→行政→大阪 CITY NAVI→市営交通情報へと進んで下さい。ちなみに前述の京都市交通局へは、上記と同様に行政まで進んだ後に京都市情報館→地下鉄・市バスへと進んで下さい。パソコンからは下のURLから大阪市交通局のHP→運行状況(バス接近情報)へ進んで下さい。
http://www.kotsu.city.osaka.jp/
「運送屋のあほぼん」さん〜05 07/10〜






●地下鉄のアナウンス

<電車が曲がる>
●10年前くらいかな、大阪地下鉄御堂筋線のアナウンスを変えさせたのは私と思われるのです。梅田ー淀屋橋でかなりカーブしますよね。当時は「電車が曲がります。つり革手すりなどをお持ち下さい」と言っていました。言語学をやっていた私としてはこれは気になる、とハガキを出しました。「電車が曲がる、と言われると、ぎょえ!何両目が曲がるんじゃい?、と気になるのでなんか他の言い方にして欲しい」と。 この話に姉は「そやな、確かに電車は曲がらへんな、線路がまがる、やな」と独りで納得してましたが、線路がまがったら脱線する、思います。

 しばらくして(現在も)「列車がカーブを通過します」になりました。(かなり考えたのでしょうね、完璧です)。しかし今思えば「ゆびづめ注意」と一緒で、関西らしいものを 残しておけばよかったのにいらんおせっかいしてしもたな、、と 反省しています。ついでながら名古屋市、全国初地下鉄環状化、「右回り」「左回り」が分かりにくい、と不評です。英語表示はclockwise, counterclockwiseでスッキリ。日本語もそうすりゃええのにね。

長々と書いてしまいました。名古屋ではボケたらボケっぱなし、で寂しい限り。話盛り上がって仲良くなってみたらやっぱり関西人、です。

京都伏見で生まれた女「かわうそくん」さん〜05 09/25〜






●南方の読み方

<From掲示板>
●管理人様検索で見つけました。細かいようですが、
http://www2g.biglobe.ne.jp/~gomma/nandokua.html#shinai
の、「西中島南方」ですが、にしなかじまみなみ「が」た、ですね。

もともとは「南潟」らしいです。
ちなみに阪急の南方は「か」でOKです
「Tsutsui Koichi」さん〜05 10/23〜

<管理人より>
●地下鉄の駅は「みなみがた」と濁音になるんですね。阪急沿線に住んでいたもので、「みなみかた」と記憶しておりました。「南潟」が語源だとすると、あのあたりは元々干潟があったのでしょうか?。明治の新淀川開削以前は淀川本流は現大川ですから、それ以前は湿地帯か何かだったのか?と想像しております。


<Res>
●> 阪急沿線に住んでいたもので、 >「みなみかた」と記憶しておりました。

阪急、というより前身の新京阪のせいでしょうが、歴史的な地名を読みやすく変更するというのがあるようですね。京都の西院も、阪急は「さいいん」、京福は「さい」ですが、これも元々は「賽の河原」の「さい」ですから、阪急側がおかしいわけです。

>「南潟」が語源だとすると、あのあたりは
>元々干潟があったのでしょうか?。

そういうふうに聞いてます。本格的に開発されたのは、やはり新幹線全通前で、それまでは居住にも農耕にもあま り適していない土地だったようです。

>明治の新淀川開削以前は淀川本流は現大川で
>すから、それ以前は湿地帯か何かだったのか?と
>想像しております。

ちなみに「梅田」ももとは「埋田」だそうです。
「Tsutsui Koichi」さん〜05 10/23〜






●阪神阪急統合

<From 掲示板>
●友人の「一滴斎」さんが、かんべむさし著『決戦・日本シリーズ』をかしてくれた。もうずっとむかしに絶版になっている1974年の短編。で、よんでみた。まだ阪急ブレーブスが健在だったころ、日本シリーズを阪神と阪急があらそうという設定で、途中から「阪神優勝ケース」と「阪急優勝ケース」にすじがわかれている。地域性、ファンの気質の差を誇張してかいてあるのが、おもろい。実におもろい。ギャグになるぐらい阪神と阪急の差はおおきい。それが経営統合やと?ほんま、大丈夫かいな。
「ダダ龍」さん〜06 07/22〜

<Res>
●ちょっと前ですけれども新聞記事で、宝塚歌劇と甲子園の共通チケットを出して観劇の後に甲子園に立ち寄ってもらえれば乗客増になる、という感じの新聞記事を読みました。でも客層が全然違うと思います。ヅカファンが甲子園で六甲おろしを歌うとはあんまり考えられないです。逆に甲子園でメガホン抱えたおじさん達が歌劇で涙してはる姿も、ちょっと変。 統合ほんと大丈夫なのかな。
「千里のふでばこ」さん〜06 07/22〜

<Res>
●東京では有楽町の帝国ホテルや日比谷シャンテあたりで群れをなしているマダム連中やね。たしかに甲子園球場の客層とは全然ちがうわ。阪急は、とくに神戸線は、なんか関西っぽくないからなぁ…。
「ダダ龍」さん〜06 07/22〜






●懐かしの車両

<南海電車の車両>
●南海高師浜線を走る電車の振動をゆりかご代わりに育った森寅です。昨日 テレビで静岡県の大井川鉄道が紹介されているのを何気無く見ているとなんかめちゃ懐かしい感覚に襲われました。なんやろかと考えると 走っている電車が 昔の南海電車の車輌じゃありませんか!。まだ 南海ホークスが存在し なんば球場があって シティもパークスも無かったころに主に急行 ときどき 特急に使われていた緑色の車輌。今でこそ ラピートなる超個性的な車輌が走っていますが 当時 角ばった車輌が多いなか 丸みのある先頭車両がずいぶんおしゃれに見えたもんです。(今見れば 逆にレトロな感じですね)。調べてみるとこの大井川鉄道という会社では 各社のお下がり車輌を多く使っていて南海他 近鉄や京阪の車輌もそのまま走っているようです。 そういえば 飛び乗った目の前に まだ若手のオール阪神巨人が立っていたのも この車輌だったような気がします。
「森寅」さん〜08 01/01〜

<Res>
●森寅様へ。そうなんですよ〜。大井川鉄道といえば、SL車両だと思い込んでいた私ですが、数年前に、次男(高2)から、「南海や京阪や近鉄の特急車両も走ってるで〜。」といわれ、ビックリしました。ちなみに、大井川鉄道の車両のHPは、
http://www.oigawa-railway.co.jp/0menu1.htmです。
「思春期ボーイズの母」さん〜08 01/01〜

<Res>
●森寅様 何とタイムリーな話題でしょう・・・ちなみに、先週社員旅行で大井川鉄道に乗ってきました。南海の電車は、昔急行で使われてたやつですね。座席も微妙にゴージャスなスタイルそのままでしたわ。他社線のは近鉄特急と阪神特急、京阪特急も走ってます。関西の私鉄ばっかりですね(笑)。阪急電車は高価なのか?ありませんでした。関西私鉄王国時代を思い出しましたわ。
「kenp」さん〜08 01/01〜






●大阪のタクシー料金

<大阪のタクシー料金>
●「メーター額が5000円を超えた場合、超えた分が半額になる」というサービスがありますが、実は大阪ならではの料金システムだったりします。ご存知でしたでしょうか。
「うっちー@堺在住」さん〜08 03/07〜

<Res>
●市内だと橋から端まで行ってもたぶん3000円台なので、東京方面とは違い5000円越えはかなり長距離になります。だからこの制度が出来たのかもしれません。
「てんのうじん」さん〜08 03/07〜






●歩く速度が

<From掲示板>
●大阪人の歩く速度が落ちていると、テレビで調査結果を放送してました。その原因としては、街としての力が衰えているのではないか、と推測してました。なんでもかんでも東京に持って行かれ、関西のエネルギーが徐々に衰えているのだとしたら 由々しき問題ですね。
「坊主バー」さん〜09 01/01〜

<Res>
●以前にもカキコさせてもろたんですが、東京在住者としては、東京と大阪の歩く速度はほとんど差はありません。朝のエスカレーターを小走りで駆け上がる人なんかみてますと、東京人も相当なイラチやないですか。関西の活力が衰えて、かたや東京にパワーが集中してることを肌で感じてしまいますね。
「HN森永アントルメ」さん〜09 01/01〜
<Res>
●私もかつて東京に住んでいたことがありますが、たしかにHN森永アントルメ さんのおっしゃるとおり東京人の歩くスピードもかなりすごいですね。感覚としては大阪<東京だと思います。東京では、改札やエスカレーターでちょっと気を抜くと、後ろからドカァ〜ンとぶつかってきますからね。
「仙台の大阪人」さん〜09 01/01〜
<Res>
●遅いアンタが悪いといわんばかりに押しのけられます。東京を象徴しとりますな。電車の混雑ぶりも激くて、客同士の喧嘩にも時々遭遇して、通勤は日々戦場みたいです。車の運転においても大阪人に引けをとりません。高速道路は右車線をベンツが列をなして爆走して、空いているときの首都高はサーキットみたいです。合流の割り込み幅寄せも日常茶飯事。「イラチ」とは違う「イライラ人間」が増えとりまんな。
「HN森永アントルメ」さん〜09 01/01〜






●ご当地ナンバー

<From掲示板>
●自動車の富士山ナンバーが交付されました。ご当地ナンバーが増えてますが、関西ではせいぜい堺ナンバーどまりで他には聞いたことがありません。で、こんなのあったら面白いと思うものを考えてみました。
「生駒」・・・奈良西部と大阪東部。「熊野」・・・和歌山中南部?世界遺産を背負って。「丹波」・・・兵庫中部と京都の一部。「だんじり」・岸和田のみ。「びわこ」・・大津よりもよくないですか?いかがですか?
「森永アントルメ」さん〜09 01/01〜

<Res>
●「だんじり」は地名じゃないからダメでしょう。
「ゾンビウェーブ 」さん〜09 01/01〜
<Res>
●富士山は地名だと言えるのかな?
「BBすぺーど」さん〜09 01/01〜
<Res>
●大変 興味深い ご当地ナンバーですね!(*^_^*)ただ、少し気がかりな点が、私にあります。 >「生駒」・・・奈良西部と大阪東部。 今でも、「生駒」は、大阪府の一部だと思い込んでいる方が多いと聞いています。奈良西部は「生駒」で、大阪東部は、生駒 ではなく…、たとえば 「かわち」(漢字の河内ではなく、ひらかなで表記)では、いかがでせうか?
「思春期ボーイズのはは」さん〜09 01/01〜
<Res>
●思春期ボーイズのははさん、生駒ナンバーは行政区域の生駒やなく、奈良と大阪の間にある山という意味だったんですよ。 生駒山ナンバーなら納得してくれますか?。富士山ナンバーが静岡と山梨にまたがっているように。
「HN森永アントルメ」さん〜09 01/01〜
<Res>
●こんばんは。ご当地ナンバー、欲しいですね〜(笑)。会津に住んでいた時、もうあと1年いたら会津ナンバーもらえたのだけど引っ越しでかなわず、幕末佐幕派の私と夫は残念無念でした。 滋賀ナンバーってひとつだけですもんねぇ。湖北に行くと、尾張小牧ナンバーをよく見かけますが。滋賀ナンは「ゲジゲジ」とバカにされるネタのひとつですし、たしかにオシャレな外車も「滋賀」とあるだけでイメージダウンは否めない(汗)。アントルメさまのご提案は、滋賀といえば県庁所在地は大津、大津がご当地ナンバーになるんだろうけれど、大津ナンバーではなく「びわこ」にすれば?というご提案だと解釈したのですが琵琶湖は大津市民だけのものではありませんしね(笑)。それならば、「滋賀」の字体を「志賀」に直すとか、「近江」にするとか、というのはいかがでしょう?、「近江」なら暗に琵琶湖のことも指しているし。「志賀」だと、志賀唐崎地域限定の感覚が県民にはありますしね。個人的には膳所ナンバーを作って欲しかったりして(笑)。難読ナンバーがおもしろいので。
「元滋賀県大津市民ゆい」さん〜09 01/01〜
<Res>
●今回申請見送りとなったものの、摂津ナンバーが候補にあがってました。
「一津屋市民」さん〜09 03/29〜






●阪神なんば線

<From掲示板>
● 本日阪神電鉄のなんば線西九条〜大阪難波間の3.4kmが営業を開始しました。これにより阪神三宮から近鉄奈良まで乗換なしで結ばれました。直通の快速急行で最速三宮〜奈良間は76分だそうです。国鉄から民営化され新快速の充実によりJR西日本の独り勝ちとなり並行する関西の私鉄各社は苦戦を強いられてきましたが、この阪神なんば線開業でどのような変化があるのか注目したいですね。といいながら、私の本心としては甲子園に乗り換えなしで行く事が可能になった事の方が重要だったりします…(笑)。ところでこの話題、地元関西以外ではご存じでしょうか…意外と知らない人も多いのかな???
「運送屋の」さん〜09 03/29〜

<Res>
● 東京では全然話題になっとりません。ニュースになってたかどうかは管理人さんに任せるとして、東京人にしてみれば神戸と奈良がつながったことなんか興味ないんでしょうな。そもそも東京なんて、JRと私鉄は共存関係でちゃんとすみ分けができておりますよってに、鉄道同士の熾烈な競争とは無縁です。近鉄の線路で阪神の車両が走るなんて、不思議な感じがしませんか?
「HN森永アントルメ」さん〜09 03/29〜
FONT COLOR="aaffaa"><Res>
●確かに民営化後、JRが優勢になったとは思いますが、「独り勝ち」とまでは言えないとは思いますが。そもそも「新快速が充実」と言いますが、あらゆる路線を走ってる訳じゃないし。普段は通勤にJRを利用する私ですが、帰りにたまに他の私鉄を使うことがあります。そこそこの乗客はいますよ。
 最近は`05年に発生した福知山線脱線事故により、JR不信を持つ人ができてそれまでJRを利用していた人が、私鉄に乗り換えたというのがあるかもしれないですが。そして今回の終電繰上げで、さらに私鉄の方に利用客が流れるかもしれませんね。(その終電繰上げは福知山線脱線事故の影響と言われてますが)
「ゾンビウェーブ」さん〜09 03/29〜
<Res>
●近鉄難波→大阪難波。駅名が変わりましたね。
「John」さん〜09 03/29〜
<Res>
●初めて書き込みさせていただきます。長らく開通が期待されていた阪神なんば線が開業しましたが、近鉄特急が神戸まで来るものと思ってました。でも来ないみたいですね。神戸から名古屋だと新幹線とは勝負にならないでしょう。でも奈良や伊勢だとライバルもないし、いいんじゃないですか?。将来作ってくれないかな。
「明日はピカソ」さん〜09 03/29〜






言葉編その1 言葉編その2 言葉編その3
言葉編その4 言葉編その5 交通編
食べ物編1 食べ物編2 メディア編
メディア編2 メディア編3 その他編
その他編2 その他編3 TOPページ
掲示板